FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

鬼ヶ瀬山・ルートを考える。

今日はお客さんのトラブルで休日出勤でありました。
が、休日では頑張ってもどうにもならず、会社に引き取って終了。

時間を持て余したおいら、雪降りでしたが、山の様子を見ようとちょっと車を走らせました。
このところ週末の天気はあまりよくありませんが、時々晴れ間がでます。
短時間ですから、その間で登れる山を考えて、鬼ヶ瀬山に目をつけました。
いつもは根田茂側から登ってますが、大ヶ生からも、南側の伐採地にある林道を通って
尾根の東側にある送電線の鉄塔まで行って、そこから上がれると考えたんです。
そこで駐車スペースがあればと思ったのですが、駐車スペースどころか
林道入口のゲートにさえたどり着けませんでした。無念であります。

帰りに大ケ生のふれあい公園にある「大ケ生の里案内図」を眺めて「ん?」
鬼ヶ瀬山
「稲荷大明神・財の神」から登山道が伸びていて「勘六岩・鬼ヶ瀬遺跡」の脇を抜けるよう案内があります。
勘六岩ってコースにある屏風岩のことだと思ったりしてましたが、稲荷大明神って入口にあったかな?
もしかして違うコースがあるのかな?と、ちょっと疑問が持ち上がります。

調べてみたら「盛岡タイムス・阿部陽子の里山スケッチ・鬼ヶ瀬山」(←クリックで記事に飛びます) に
ヒントがありました。以下抜粋であります。
まず、
国道396号から県道208号に入り、北へ5キロメートル進むと、大ヶ生・長野の集落だ。
名郷根橋の左前方に、ドド~ンと鬼ヶ瀬山が現れる。
さらに、標柱「鬼ヶ瀬山(勘六岩)・一盃森・根田茂」の十字路を直進。
林道を4キロメートル登って車が数台おける峠に着く。

そこから、
①磁石を北北西にふる。
②盛岡市と旧都南村の境界線をそのまま地図上のルートに置きかえる。
③白い標柱「盛岡市都南村合併記念植樹祭・サワラ3000本」の手前に祀(まつ)られた「稲荷大明神」を探す。
  鬼ヶ瀬山にむいた高さ1メートルの素朴な自然石だ。
④そばに境界標「盛岡市」がある。
⑤その境界標の尾根が、鬼ヶ瀬山への取り付きとなる。


地形図を見ると鬼ヶ瀬山の東へ伸びている尾根のことのようです。
確かに山頂から東へ尾根沿いに道があって、北上幹線・87番鉄塔までは降りたことがあります。
そこから峠に行く道があるんでしょうね。
と、大体ルートは想像できましたが、確かめるのは春になってからでしょう。
大ケ生から峠を通って根田茂に抜ける道は除雪してないでしょうから。

春の楽しみが一つ増えました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2012/02/19(日) 18:07:51|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<もぐらんぴあ | ホーム | 盛岡を知る>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/816-a1c6f67e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック