FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

滑り落ちる者、草をも掴む!

微妙な状態でした。
両足のつま先に力を入れて、なんとか立っているのですが、足下はぬかるんだ土の急坂。
どっちかに体重がかかってバランスが崩れると一気に滑り落ちそう。
もう、動けません・・・・

 
この日雨上がりで、昼頃から青空が見え始めました。
それじゃあ、紅葉見物に三ツ石山にでもと、網張方面に向かいました。
が、網張方面は雲がかかったまま。
こりゃあかんと小岩井手前で引返し、近くの山と考えて、箱ヶ森に向かいます。
繋大橋
この写真は帰り撮ったものですが、どうやら岩手山に雲が引っかかってしまっていたようです。

今回は繋から、藤倉登山口から登ります。藤倉神社のちょっと上の林道をドンドン登っていくと
車がたくさん停まってます。10台以上あったんではないでしょうか?
少し空いたスペースに無理矢理停めて下りてみるとそこが藤倉登山口。
藤倉登山口
これ、登山の人達の車? きのこ取りの人の車? それにしても・・・
と、思いながらトコトコ。
すると賑やかな声が聞こえてきます。
なんだろう?と思ってるとちょっと上がった広場で「芋の子会」が開かれてます。
なんでここで?と思いながら通りすぎると、次々と人が下りてきます。
聞いてみたら、今日は繋地区の行事で登山が行われて、60人の人が登っていたそうです。
最後の締めが「芋の子会」なんですね。
疑問が解けたところで、登山道をトコトコ。
登山道は杉の植林の為の道だったんでしょう。杉林の中を抜けて行きます。
標高550m付近で広葉樹林に変わると、箱ヶ森の山頂が木々の間に見えました。
木漏れ日のなか、のんびりと歩いて行きます。
木漏れ日
たくさんの人が歩いた後だからと熊鈴は付けませんでした。
おかげで鳥のさえずりもよく聞こえます。と気持ちよく歩いたのはちょっとの間。
ちょっと平らな所を過ぎたら、急登が待ってました。
だんだん汗だくで上がって行くと、大きな松の木が二・三本ある辺りで、左に分岐があります。
左にリボンがありますが、新しい踏み跡は直進の方にあります。
コースはこっちだろうと考えて、まっすぐ上がって行きました。

しばらく上がると岩だらけの道。
浮き石もあって歩きにくい上に、枯れ葉がのってて滑りやすい。
だんだん傾斜がきつくなってきて危なっかしい。
その時、一つの疑問が浮かびます。
「さっき、子供達が下りてきたよな。このコース、子供達通ったの?」
登るのもキツイし、下りるにも相当気をつけなければ、事故のもとだし・・・
そんなことを考えながら、ちょっと一休み。

雫石方面
木々の間から、里の風景が見えます。
一息ついて、ゆっくり上がって行くと、左下の方で家族連れの声がチラホラと聞こえます。
だんだん自分の真下に近づいて来て、遠ざかります。
ああ、あっちも登山道だったか。と気づいて納得。
そうこうしてると、岩がなくなってきて、ぬかるんだ土へとコースが変貌。
目の前には、1mぐらい滑り落ちたらしい跡もあります。
見上げるとちょっと上の右手ににロープが張ってあります。

周りの笹に掴まりながら、ロープを手にしてよいこらしょ。
ロープ
これがなければ、かなり苦労したでしょう。が、1本目を登り切って愕然としました。
同じような傾斜が続いているのですが、2本目のロープは反対側。
しかも、コースから離れた場所にありました。
少し下で、ロープに余裕があった所で、つかまりながら左側に移っていればよかったのですが、
登りきってしまってから、左のロープに気がつきました。


で、冒頭部分であります。
左側に移ろうとして、ロープから手を離したまではよかったんですが、体重をどっちかの足にかけると
じわりとずれるのがわかります。すでに汗まみれですが、違った汗も流れました。
微妙なバランスを崩さないように、左足をゆっくり広げて、なんとか左側の笹に掴まろうとした途端。

    ズルリ! 

慌てて掴んだのが、何かの草。
おいらの思いはかなわず、プツン・・・・





       あーーーーーーっ







と思ったら、それほど滑らず、びびったおいらがバカでした。
転びもせずにセーフ!
なんとか2本目のロープを手にしてよいこらしょのどっこいしょ。
その難所を抜けて上がって行くと、権現様の前に出ました。
権現様北側
ここでもう一つの繋コースと合流でした。
いわばおいらが登って来たのは『直登コース』、もう一つは迂回コースですね。
帰りはこちらを行く事にしました。

山頂から盛岡を一望
箱ヶ森展望

記念撮影をして・・・
記念写真

脇の三角点をテーブル変わりにして昼食&食後のコーヒー。
ゆっくり味わって楽しみます。

北側の権現様にもご挨拶して下ります。
北の権現様
こっちは草がボウボウでした。

迂回コースは大きくツヅラ折りの道でした。
迂回コース
急傾斜はありませんが、片斜面の道。
ところどころに張り出してる木の根に注意です。
うっかり乗っかると滑ります。
落ち葉に隠れた木の根を踏んづけて、何度バランスを崩したことか・・・

トコトコ下りて、急傾斜を抜けて、ホッとしたら
自分の影
自分の影が目の前に。
おっ、こうしてみると、いいスタイルじゃん。(笑)

そんなこんなで登山口到着。
バッカス号
バッカス号がポツンと1台だけありました。


登山口は標高370m付近、約1時間20分で865.5mの山頂に上がって、下りは1時間ぐらいで駐車場でした。


この次は、天候次第で「紅葉と滝」か「紅葉と温泉」を計画してます。
週末、晴れるといいな! ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/10/12(火) 22:01:52|
  2. 箱ヶ森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<対戦相手 | ホーム | 三角点でコーヒーを・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/511-1cd5aea9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック