FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

アナドッテマシタ・・・・。。゛(ノ><)ノ ヒィ

雪山を侮ってました。(_ _ )/ハンセイ

行った先は「八方山
ここは、東北自然歩道のハイキングコースになってる山で、頂上までは距離がありますが
雪山でもコースがわかるはずと思ってました。
そして、雪の量も麓では足首ぐらい。長靴でも十分と考えました。

車をおいて、コースをテクテク歩きます。
長根崎山で伐採が行われていたようで、途中まで除雪してあり、これは行けると張り切ってました。
が、いきなり山の恐怖が・・・
道標
熊さんがかじった跡。それも新しい・・・(・o・)ゲッ!!
幸いにも雪に足跡がないから積雪前というのが救いでした。

カモシカの足跡を見たり、ウサギが潜り込んだ穴を見つけたり・・・
ウサギの穴
中を覗いたけどいなかった。

とここまでは雪山を楽しめました。途中から、雪でコースがわかりません。
地形を読んで、ここかな?と目星をつけて進みます。その頃には雪は膝丈にまで来ていました。
途中で赤いリボンを見つけて、コースだと進んだのですが、気がついたら谷底。
たしかコースは尾根沿いなはず。いつの間にかコースを外れてしまっていました。
見上げれば尾根まで10mぐらい。登れば何とかなると進んだのですが、雪が阻みました。
30分近くかけて尾根へ。すると山頂が見えます。
振り返れば、木々の間から、里が見えます。(↓クリックで拡大)
北上方面
ここまで3時間、山頂までもうちょっとですが、進むと腰近くまで積雪があります。
踏み固めながら進めないこともないのですが、ここは潔く撤退
やはり、雪山に挑むにはそれなりの装備がないと無理でした。

帰りは尾根沿いを雪漕ぎ。木々の間から、箱ヶ森・赤林山・南昌山・東根山などの山。
早池峰山は雲に隠れてたけど、かなり広範囲が見えました。
頂上だともっとよく見えただろうに残念です。

そして「雪漕ぎ」でかなり体力を消耗して、ヨタヨタしながら車に着いた。
登りはじめてから5時間以上かかって、しかも山頂までいけず・・・(T^T)

本によると往復でかかっても4時間ほどのコース。雪さえなければ・・・です。
里山だから気軽に行けると考えたおいらが馬鹿でした。
ちゃんと計画、装備をしなければ、遭難の元です。
雪山恐るべし。


帰ってから地形図を見て考えた。
おいらが登ったのは長根崎コースなのだが、もう一方の尻平川コースとの合流点付近まで登ったようです。
本によると、雪さえないなら、あと15分ぐらいで山頂。
そう考えるとちょっと悔しい。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2009/12/27(日) 17:35:47|
  2. 八方山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<(^∧^)、オ、ネ、ガ、イ。 | ホーム | IBCイルミネーション>>

コメント

あたいは寒がりなので、冬山は嫌ぢゃ(笑)
熊さんにお尻かじられたくないし、ぎゃははは★
  1. URL |
  2. 2009/12/28(月) 18:46:03 |
  3. きのこ #-
  4. [ 編集]

大丈夫、寒かったらおいらが暖めてあげるから。(o ̄ー ̄o) ムフフ
  1. URL |
  2. 2009/12/28(月) 23:24:50 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/336-fb0d5f10
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック