FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

丸子峠までの道

鷲合森鉱山跡から、丸子峠まで行こうとして断念したことは一ヶ月前書いた。
沢沿いに道があるはずと行ってみたら砂防ダムがあって、道があるはずの右側は急傾斜。
左側は沢が流れ込んでいて、斜面に取り付くのが難しい。
それで諦めたのだが、撮ってきた写真を眺めたら、砂防ダムの右岸にピンクに見えるものが写ってた。
もしやと思っていたのだけど、膝の調子が良くないしと、確かめるのは先延ばし・・・

このところ痛みが治まってきたし、ちょっとの山歩きも大丈夫だったしと思っていたら、
日曜日は雲ひとつない快晴。

これはチャンスと行ってみた。
砂防ダム
もはや冬山で、装備に若干の不安がありましたが、決行します。


まずは砂防ダムの突破を図ります。
ルート
ルートはこんな感じ。

最初の目印に辿り着きますが、
最初の目印
溝上の急傾斜につけられていて、登ろうとするのですが、ズルズル滑り上がれません。
そこで手前の斜面にある潅木に掴まってなんとか上へ。

すると二つ目の目印があるのですが、手前の斜面を登ってきたため目印へのトラバースは難しそう。
二つ目の目印
見た感じ潅木帯で沢方向へは行けないそうもないし、ちょっと上には段がついたようなところがあるから、
もう少し先に迂回ルートがあるのかと、潅木に掴まりながら這い上がります。

が、そこはちょっとした岩場で、ルートはありませんでした。
気がつけば、潅木帯の真っ只中。
雪でズルズル滑る上に、潅木の根を踏むと下に向かって伸びてるので、これまた滑る。
下るのも、横移動するのにも足元が見えなくて難しいものだから、
登るしかないなと、足がかりを探しながら、潅木を縫うようにして上がっていきます。
この急傾斜の反対側は広葉樹林で藪がないのはわかってたので、
尾根に上がれればなんとかなると思ってました。

尾根の手前まで上がると沢の様子が見えます。
沢が見える
目を凝らして見ますが、道らしい物は見当たりません。
道はなくなってしまっていたのか。と、がっくり。

そのうち、向かいの山の中腹付近になんとなく道があるようにみえます。
地形図をみると最初は右岸に道がありますが、途中で沢をわたり、崖の上を通るよう記されてあります。
そう思って眺めると、
こういうルートでは・・・
こんなルートが浮かんできます。
ルートがあることがわかりましたが、すぐには行けません。

まず尾根越え、広葉樹林の斜面を抜け、なんとか下の道路にでました。
道に出る

再度、砂防ダムの突破に挑みましたが、雪でズルズル滑る急傾斜に阻まれ、悪戦苦闘。
おまけに軍手が濡れてしまいベチョベチョで冷たい。替えがないので諦めました

離れたところから見ると、
砂防ダムの向こうにルート
砂防ダムの向こうに溝状に登るルートが見えます。問題は砂防ダム越えだなと車に戻りました。

今回の山歩き、結局この写ってる尾根を左から上って、右に下りただけでした。
尾根

今年中はちょっと無理かもしれないけれど、いつかここから丸子峠まで・・・
そんな小さな野望を手に入れました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2018/12/03(月) 20:27:16|
  2. 丸子峠
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荒れそうだった土曜日は、桜と鮭と冬山。 | ホーム | 穏やかな晴れた日曜日は歌を口ずさむ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/2115-bd196134
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック