FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

ヨタヨタ登る。

今年のお盆休みは11日~16日なのだけど、天気予報を見ると天気がいいのは前半。
でも、家のお盆行事があるので、丸一日フリーになるのはお盆前の12日ぐらい。
このチャンスしかないなと考えていたおいら、膝に痛みが出てるのが不安だけど、山歩き決行であります。

目的地は南本内岳。
調べてみると、地図に名前のない山として近年発見され、昭和48年に南本内岳と命名され、
昭和58年には中津文彦さんが、この山をテーマに「黄金流砂」を書いたとかで、
全国に名前が広がった山だそうであります。

足に不安があるので時間がかかるだろうと、朝早く家を出て、登山口に着いたのは7時前。
案内板
準備して、案内板の登山道の整備情報(写真のガムテープがそれ)を確認して7時チョイ過ぎ出発。

杉林の登山道を歩き、
杉林の中の登山道

抜けたあたりが一合目
一合目

尾根に上がって、痩せ尾根だなと二合目を過ぎて、
アサギマダラ
しばらく行ったところで、アサギマダラと出会いました。
この蝶は日本を縦断して台湾あたりまで渡っていくそうで、翌年の春には戻ってくる習性だそうです。

三合目あたりまで急傾斜気味、
急傾斜
おまけに朝早いものだから、朝露で木の根が湿り気たっぷり。
足を取られながら進みました。

新倉沢の渡河地点まで来ましたが、この日水量たっぷり。
渡河地点
おそらくロープの真下が足場なのでしょうが、水を被ってしまってて、
ちょっと下流の石伝いに何とか渡って通過。

直ぐに四合目を通り過ぎて、五合目の水場。
水場
看板には「水質は保証しない」とあって、
自己責任
自己責任でたっぷりいただきました。

そのあとは登山道は、ほぼ沢沿いで、水音を耳にしながら上がって、
視界が広がるとまもなく尾根コースとお花畑コースの分岐。
分岐
正直、膝の調子が悪いのを庇ってなのか、しばらく歩いてなかったから鈍ったのか、
まったく足の調子が良くなくて、ペースが上がらないまま。
山頂まで尾根コースは1.4km、お花畑コースは1.8km、どっちにしようか迷って、
距離はあるけど傾斜が緩やかそうなお花畑コースを選択。

お花畑はお花がとっくに終わってて、盛んなのはアザミぐらい、もっと早く来たかったな。
アザミ
と歩いてましたが、木道が傷んでてるのと、案内図にある木橋が外されてたりして、
手間取りながら歩いてました。

んで、お花畑の終盤あたり、木道を歩いて奥の傾斜を登るんですが、
お花畑終盤
途中に右手から木道を横切ってる跡があり、近くに潜んでないか気をつけて通過。
笹薮の傾斜に入る手前あたりで、後ろから来てないよなと、立ち止まって振り返った途端、
写真の左手方向に斜面を潅木をものともせず凄い勢いで上がるのを見た。
そのものを見たわけではないので断定はしないけど、熊だと理解した。
で、登山道は斜面を上がったところで左手に向かっていて、不安になる。
コースを進みながら、足も調子悪いし、今日はここで止めて帰ろうかと頭によぎり、
いや、それより近くにいないよなとパンパンと手を叩く。
それが聞こえたのか、今度は斜面を下っていく音が聞こえ、登ってきた方向へと遠ざかって行きました。

ということで、お花畑コースは熊に出会う確率が高くなったので、
山頂まで行って、尾根コースを下るしかないと覚悟を決めて山頂を目指します。

そこから山頂までは尾根沿いの急傾斜でしたが、花が盛ん。
ハクサンフーロ・ツリガネニンジン・アキノキリンソウ

見上げれば、青空にトンボの群舞
トンボの群舞

振り返れば大展望
大展望

いつもならテンションアップの状況ですが、この日はすっかり足にきていて、
山頂はまだか・・・・ とずっと思いながらヨタヨタ歩いてました。 

次回のレポに続く。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2018/08/14(火) 21:12:25|
  2. 焼石連峰(東焼石岳・南本内岳)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ため息つきつつ、下る。 | ホーム | 見立温泉>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/2060-a34653be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック