FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

目的地は遠かった。

この記事は「浮かれて寄り道。」の続きです。
読んでない人は↑クリックして記事へ。

仙磐山を後にして鞍部に向かっていくと林の向こうに犬頭山が見えます。
急傾斜を上がれば、平坦な稜線の先にすっくと山頂。そんな山容が見て取れました。
その向こうにはピークがないから、鞍部で見えたピークが山頂だ。と思いながら下っていくと、
右手の林に釜石大観音が見えてました。
釜石大観音
写真に撮ると手前の木にピントが合ってしまうのが、オートフォーカスの辛いところ。
肉眼ではよく見えました。

さらに下っていくと左手の林の切れ間から海が見えました。
大槌湾
大槌湾のあたりかな?と、眺めながら下って行き、鞍部に到着。

登ってきたとき休憩した倒木に腰掛け、一休み。
エネルギーチャージ
目指すのは右手のピーク。20分も歩けばつくだろう。
この時、14時手前。このまま登山口に向かえば日が落ちる前につくはず。
真っ暗になるまでには1時間ぐらい余裕があるから、楽勝だと犬頭山へ向かいました。

途中でこれを発見。

分岐の案内板。
案内板
作業道終点から直登したので、コースを外れてたようです。

急傾斜を上がって、地形図の774m地点を過ぎれば、なだらかな稜線。
左手の林の向こうに海岸線を見ながら歩いていき、急傾斜を上がって山頂・・・
ピークを超えるとピーク
と思ったら、向こうにピークが見えてガッカリ。

この辺が山頂のはずだし、向こうだろうと一旦下って登り返して
またも先にピーク・・・
着いたと思ったら、まだ先にピークあり。
まだ向こうかと愕然・・・・

それでも次のピークに違いないと歩いて、
今度は山頂?
ピークに立つと針金が巻き付いた木を発見。
山頂プレートが落ちてるはずと、三角点は?と地面を見渡すと登山した人が居るはずなのに
雪の上に足跡が見当たらない。
よく見ると足跡はおいらが立ってるところを右に巻いて奥に続いている。

たどっていくと枯れ木に山頂プレートがある広場に出た。
枯れ木に山頂プレート
ようやく山頂到着であります。かなり遠回りの目的地到着でした。

三角点はその東側にちょっと離れていて、
四等三角点 点名:犬頭山
コンクリート製の四等三角点、点名:犬頭山を確認。

山頂は林に囲まれてますが、海側に若干展望あり。
海が見える

記念撮影は景色を眺めてる感じで、登頂記念。
登頂記念
そんなことをしてるうちに15時近くになっていて、あわてて戻ります。

エッサホイサと下って、鞍部に到着したのは、15時30分過ぎ。
おにぎりで腹ごしらえして下って行くと犬頭山の山容が見えました。
犬頭山
正面はツインピークになってる途中にあるピーク。その右手がホントの山頂で、ここからみれば
鞍部から結構距離があるのがわかります。
考えが甘かったなと、日暮れの道を下って行きました。

林道はまだ先なのに、山の陰に日が落ちて
作業道を下る
やばいと、焦りつつ下って行きましたが、
ゲートに着く頃には、ストロボ付けなくちゃ写真が取れないほど暗くなっていて、
ゲート
この暗さになると、ちょっとした段差がわからず、ペースダウン。

なんとか登山口についたのは、17時ちょっと前。
登山口に着く
すでに車のヘッドライトを使う時間となってました。

GPSログ
GPSログ
行動時間は6時間45分ぐらい、歩行距離は11.9kmほど。
なんだかんだで、干支の山、2座めを登頂したんですが、
この日、こんな山歩きをするつもりは全くなかったので、着替えを準備しておらず、汗に濡れたまま帰宅。
若干風邪気味のおいらであります。

←よければクリックお願いします。
  1. 2018/01/08(月) 20:04:26|
  2. 仙磐山・犬頭山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<千晩ヶ嶽 | ホーム | 浮かれて寄り道。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1963-ac90a50c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック