FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

山歩き初めは、干支の山

2018年山歩き初めは、やっぱり干支の山にしなければ、と考えて、
おそらく雪が少ないだろうと住田町にある犬頭山を目指すことにしました。
向かう途中ウィンドウォッシャーが無くなるというアクシデント。
が、ちょうどサンデー(ホームセンター)手前だったので、すかさず補給できた。
これって運がいいのか悪いのか・・・・ と、悩みながら、住田町役場の向かいの林道に入り込む。
地形図を見るとこの林道から破線で示されている道が山頂まであるので、積雪が多かったら
諦めようと思っていたんですが、幸い雪も少なく車が走行した跡があって楽に行けました。

どんどん進んで行くと道の脇の急傾斜が伐採地。
道の脇が伐採地
何気なく進んだら雪が少し深めになっていて、車の跡が付いるけど、おいらの車と車幅が合わず
ハンドルが取られまくりでなんとか進む。
通り過ぎて地形図をみたら、登山口と考えていたところを過ぎてしまっていて、
引き返すと運転席側が急傾斜側、ハンドルが取られるたびに恐怖でした。
急傾斜展望
展望は抜群でしたが、展望を楽しむことより、なんとかこの場を抜けるのに必死。
この場所の手前の右カーブが登山ポイントでした。

破線の道は作業道になっていて、車でも入り込めそうでしたが、
作業道に車を停める
路面状態がわからないので、入口に駐車。

登っていくと、結構急傾斜の作業道で、所々倒木や落石あり。
荒れ始める

作業道が尾根からそれ始めたところで、
尾根に上がる
尾根にあがります。

あとは尾根沿いに上がるだけ。
目印がないのでルートは無いのかな?と思いつつカメラを構えてたら
クマ?
木の陰で動く黒いもの・・・ ちょうど熊が首を上げたように見えてビビる。
しばらく様子を見て、恐る恐る近づいて見たら、単なる倒木。
どうやら上に積もっていた雪が落ちた弾みに跳ね上がったみたい。
ホッとしながら写真の奥に見える急傾斜に近づくと、九十九折の道があって、
ちゃんと登山道があるんだと実感。

急傾斜を過ぎると細い尾根でようやく山頂が見えました。
山頂が見えた

山頂手前は急傾斜
山頂

登山道は左手に廻り込んで登るようになってるようですが
斜面を横切るコース?
すぐそこだし、と直登。

頂上到着。
頂上到着

展望は林の間に麓が見える程度。
さて、三角点が見当たらない、山頂プレートは?とウロウロ。
山頂プレート
山頂プレートは木の陰に縦に付けてありました。

三角点は山頂プレートのそばにあるはずと、雪をかき分け探し回りなんとか発見。
三等三角点:犬頭山
三等三角点、点名:犬頭山で、登頂記念。
山頂をウロウロしてる間に、風が強くなってきて、崩れる気配。
自分の足跡を目印に引き返します。
エッサホイサで車に到着。
車に到着

GPSログ
GPSログ
行動時間は1時間半、歩行距離は大体2.2kmでした。

林道を下りて国道に出たら、雪が降り始め、
荷沢峠
吹雪の中、帰宅。
天候が崩れる前に山歩き初め終了できて、よかった。
←よければクリックお願いします。
  1. 2018/01/03(水) 10:19:30|
  2. 犬頭山(住田)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ブログの小ネタ | ホーム | 山歩き初め>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1959-ce9dbf92
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック