(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

撤退記録

この日は床屋に出かけたんですが、意外にも一番乗りで待つことなくスムーズに終わり、
時間を持て余したおいら、前から狙っていた宮古の山へと出かけました。
地形図で予習をして、山頂まではかかっても2時間ぐらいだろうと考えていたんですが、
結局は3時間歩いて山頂を目の前に撤退・・・・
そんな撤退記録であります。


最初に登山ポイントと考えた地点に行ってみると
工事中
途中で復旧工事中。

第二の登山ポイントまで移動すると
土砂流出
土砂流出で林道寸断。

車を置いて林道を歩き、
沢沿いに踏み跡がある
さらに沢沿いの踏み跡を辿りながら上流へ。
その後藪をかき分けながら斜面に取り付き、なんとかかんとか尾根に出て、
尾根に上がればなだらかな傾斜が続くと思ってましたが、予想は外れて階段状の傾斜で
所々急傾斜で一段上がるという感じで高度が上がって行き、
尾根自体も細い尾根で、踏み跡があるんですが、ところどころで尾根から外れ、
登山以外の目的の人か、はたまた動物のものかは分からずじまい。

だんだん見えてきたピークが目指すピークだと思っていたら、近づくと林の陰にもうひとつピークあり。
これがまた10mぐらい急傾斜をピークの上まであがり、そこから15mぐらい急傾斜を下るしかないルートで
ヒィフゥと鞍部に着くと
岩場
待っていたのは岩場。

ここをボルダリングの要領で
岩の壁
ひょいひょいと上がって

岩の上で景色を見ながら一休み。
一休み
ってのは大嘘で、這いつくばってよじ登って、

振り返ったらあまりの高さに動けなくなったってのがホントのところ。
崖の上

このあとさらに上の急傾斜をあがり
急傾斜
ピークに上がると、林の向こうにさらにピーク。まだ先があるのかとゲンナリ。
時間がかかってるし、どうしようか迷ったものの、なだらかな尾根の先に見えてるから
行けるところまでと思い立ち、藪をかき分け、急傾斜を登り、たどり着いたのがここ。
この日の最終ピーク

林の向こうには目的地と思えるピーク
目指すピーク
ここまで来るのに3時間、帰りもそのくらいかかることと、自分の疲労度を考えると流石に無理と判断。
何より崖を下るのに余力を残しておきたかったのであります。

ヨタヨタと来た道を戻るのですが、崖で○○が縮こまるほどの恐怖を味わいながら無事に下り、
ホッとしたのも束の間で、尾根を下ってたら、目の前に立ちはだかる岩。
立ちはだかる岩
この岩、登るときには見かけてなくて、帰るルートを見失ったことに気がつき大焦り。
登る時は一本の尾根を上がってきた感覚でしたが、下りとなると尾根は四方八方に延びていて
間違えれば遭難ってことも・・・・ と頭を過ぎります。
そこで見覚えがあるところまで登り返し、そこから周りを探りながら下り、上ってきたと思われる尾根へ。
ところが途中でさらに尾根が分かれ、方向からいえば、こっちだと下りてみましたが、
この時期、葉が茂って同じ景色で、確信が持てぬまま不安が募ります。
結局、景色が見渡せるところまで登り返し、尾根全体を確認して下り、
なんとか見覚えのある場所に出るという作業をして、日が暮れる前に車に到着。
無事帰還
なんにせよ遭難しなくてよかった。

GPSログは途中でストップ。
GPSログ
崖付近で何かのはずみで停止(上り:青い線3km歩行)、
帰り水分補給時に気がついてスイッチ入れ直しました。(下り:ピンクの線1.7km歩行
推測の歩行ルートはオレンジの線で書き加えました。
推定歩行距離は8.5km以上、(スイッチ入れ直すまでに上り下りしたのも換算)
歩行時間は6時間20分ちょっとでした。
登頂していないので、山名は伏せましょう。次回のお楽しみってことで。
←よければクリックお願いします。
  1. 2017/06/19(月) 11:50:03|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<シメは白湯ラーメン | ホーム | 床屋帰りだったのですが、>>

コメント

こんにちは、バッカスさん。

山名は次回とのことですが、干支の山ですよね。
リベンジ報告、お待ちしております。

私は先日、ヤブを漕いでマダニに食いつかれましたので。
しばらくは、メジャーどころに登ることにします(笑)
  1. URL |
  2. 2017/06/24(土) 13:04:22 |
  3. とおりすがり #-
  4. [ 編集]

とおりすがりさん、こんにちは。

おいらも春先の笹薮突破で二度ほどマダニに食いつかれました。
それで、長袖のコンプレッションシャツで対策してます。
今のところそれで大丈夫です。

干支の山は明日にでも報告します。
  1. URL |
  2. 2017/06/24(土) 18:57:16 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1874-ca8b3133
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック