(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

難敵、笹薮

早朝から県南に来たのは、金鶏山で「黄金の鶏」を鳴き声を目安に探し出そうとしてたわけではなく、
地図で鳥関連の山名が付く山を探したところ、県南にはたくさんあり、
それならば一日で、できるだけ登ってしまおうと考えたのである。

おいらの山行計画はというと、登山道がある山は別にして、
里山の場合は道路地図を見て近くに車が通行できそうなルートがあるかを確認。
それから国土地理院の「地図閲覧サービス」で地形図を確認して、ここから行けそうという
自分なりの登山ポイントを探して計画を立てるのである。

金鶏山に登ったあとは一関・赤荻にある『烏森』を目指すことにして地形図を眺めた。
地形図
すると山頂から南西方向に何かの碑があることがわかり、おそらく西側にある道路あたりから
何らかの碑があるところまでルートがあるのではと推測し、そこからだと距離はないし
登頂もすぐだろうと考えてました。

金鶏山の後、その林道にいくと破線になってるところの入口に標注あり。

標注には「始輪の森 護国会碑」と「経壇山」とあり
標柱
思ったとおり地形図にある碑までルートがあるのがわかったものの経壇山って何?である。

ルートに沿って登っていくと峠付近で西に経壇山、東に護国会碑と変形十字分岐。
まずは登頂と東側の護国会碑へ。
護国会碑
何が書いてあるかと眺めるも漢文で読めず・・・
で、ここがピークになっていて、山頂には一旦下って行かなければならないんですが、
立ちはだかったのは藪。
厚い笹藪にトゲのある木が混じり、数m進んだところで服が破けそうになり
難敵、笹薮に追い返され撤退。
藪山突破用の服装ではないと無理でした。

ここまで来たんだから何か爪痕残そうと経壇山制覇を目指し、今度は西へ。
ピークまで上がったものの何もなく、直ぐに鉄塔に出会う。
鉄塔前にも経壇山への案内が西へとありましたが、道はずっと下り。

途中の石仏にご挨拶して
石仏
さらに西方向へテクテク。
この先ピークがないことを確認して引き返しました。
どうやら宗教的な「山」の意味だったようで、石仏のあるところが経壇山らしいです。

そんな探索をして車まで戻り、次の山へと向かおうとしたんですが
斜面に道
隣のピーク斜面に道があるを発見。
そしたらこっちから廻り込んで山頂にいけるんではと思い立ち、準備をして出発。

道はちょっと上の広場までで、そこから斜面をみると藪はそれほどないので、
よいしょと斜面取り付いてエッサホイサと登ったんですが、ピークの上は笹薮・・・
それでもさっきよりマシと、薄いところをかき分けて、東方向へ。
山頂に行くにはピークを一旦下って、登り返さないといけないんですが、
谷側の藪が厚くて躊躇して、やっぱり藪こぎ装備してからと考えて撤退。

ふと、北側にあるピークの方が笹薮が少ないのに気づき、あっちから下ったほうが楽と行ってみたものの
藪が薄いのは山頂だけで下りたい方向は藪が厚いか急傾斜。
どうしようか散々迷ったあげく、結局来たルートを足跡を辿りながら戻って、終了。

そんな撤退ログ
鳥森ログ
ログでは石碑地点に「経壇山」と印がありますが、実際は違ってます。
行動時間は1時間50分ほど、大体3.3kmの移動でありました。

この記事を読んで烏森に行く方は藪こぎの準備お忘れなく。
できればルート開拓よろしくお願いします。←他力本願。(笑)
←よければクリックお願いします。
  1. 2017/01/31(火) 21:27:33|
  2. 烏森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<キツツキ観察 | ホーム | 伝説では黄金の鶏が・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1792-3048f761
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック