(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

遅く起きた朝は、サキから・・・・

昨日の疲れがあったのか、目覚めたのは8時近かった。
窓の外は霧で真っ白でしたが、日差しがあるなと洗濯をして窓の外に干した。

それから昨日の山行レポを書こうとして、前に書いた八方山・長根崎コースのレポを読んでみた。
このコースは長根崎山の山頂を通るのだけど、そういえば頂上を踏んだことがないなと思っちゃって、
ついでにGPSログも録ってないし、また歩いてみるかと思い立ち、
晴れてきてるから大丈夫だろうと行くことにした。

そんなわけで「遅く起きた朝は、長根崎から」であります。

昨日と違い迷わず登山口につき、歩き始めたのは10時頃。
駐車スペース
前は登山口駐車場ではなく、少し登った先の駐車スペースに停めたのだけど、今回はここから。

紅葉のトンネル歩いて、前に停めた駐車スペース。
奥の駐車スペース
この先に少し高いピークがあって、そこが長根崎山だと思っていたんです。
地図によると道のすぐそばに三角点があるから、すぐわかるはずと
何度か行き来しながら探索しましたが、見当たりませんでした。

違うピークかと、どこかにヒントがないかと歩いていくと境界石の脇にピークに向かって踏み跡がありました。
境界石脇に踏み跡
ここかと上がってみると境界に沿って歩いた跡らしく、境界の杭があるだけで何も無し。
まあ帰るときにゆっくり探せば・・・と、登山道をのんびり歩きます。

昨日は雪を踏みながらのコースでしたが、
コース
気温が上がって雪が溶けてしまったようで、落ち葉のコースになってました。

多少のアップダウンを繰り返しながら、テクテク歩いて途中にある三角点にご挨拶。
途中の三角点
誰が名付けて彫ったのか、脇の木に「コガネザキ山」とあって、酷い事するなと心が痛みました。

山頂まで1kmの道標を過ぎたあたりから、昨日の歩いた影響か疲れが出始め、足が進まなくなり休み休み。
山頂まで1km
杉林の谷を横切って尻平川コースに出たところで大休憩。
休みながら何かあると見たら、「←大田登山口」の道標。
長根崎コースの登山口は大田登山口ということを知りました。

それにしてもこんなに長いコースだったっけ?と登っていくと先行者の男性とすれ違いました。
山頂手前
山頂では女性達がお食事中と情報を貰い、心成しかペースが上がります。

山頂直前で息を整え、汗を拭いたら、疲れてないふりをしながら山頂広場到着。
祠
祠にご挨拶がてら女性達に声をかけたら、軽く声を交わしただけで、おいらの事より食事に夢中でありました。

そんなわけで、女性達に見えないように木の陰で汗たっぷりの服を着替え、
昨日と同じ場所に陣取って、展望昼食。
展望昼食
今回は弁当の裏側に使い捨てカイロを貼ってきましたが、温かいの二歩位手前でした。
裏側だけじゃなく両側に貼ってサンドイッチ状態ならいいかもと思いながら、
背後から漂ってる料理の香りをかぎながら食べてました。

ゆっくり休んで疲れが取れたら戻るつもりでしたが、強い風が吹き始め、
空を眺めると雲の流れが速くなってくるのがわかります。
青空が広がってるんですが、天候が崩れのかなと20分ぐらい休んで下り始めました。

帰りはコースの合流地点には行かず、長根崎コースへ向かう尾根を下りました。
二度ほど下りていて、どちらの時も雪があるときで難なく下りられたんですが、
今時期は藪に阻まれてしまい、途中で斜面を下ってコースに戻りました。
それでも大分ショートカットになったようです。

下っていくと日が翳ってきたので、振り返ってみたら雲が張り出してきてました。
雲が張り出してくる
雨が降るのかなとちょっと急ぎ足で下って、

前に車を停めた駐車スペース北側に、境界線の杭がある根元に石があるのが見えて、
三等三角点
境界石かと落ち葉をよけたら、三等三角点!!
こことは知らずに何度か長根崎山登頂を果たしてました。
そうか、あそこだったかと、若干テンション上がりながら駐車場到着でありました。

帰り支度してる時は時々日差しもさしてるくらいの天気でしたが、車を走らせて家に近づくにつれ、
黒い雲が出てきて紫波町に入るあたりからポツリポツリ。
家に着いたらダッシュで洗濯物を取り込んで、ほっと一息着いたところで本降り。
終わりよければすべてよし。いい山歩きができてよかった。

ということで、GPSログをまとめて
GPSログ
尻平川コースは2時間58分の行動時間で移動距離は6.9km。(登山口から200m地点から)
長根崎コースは行動時間3時間46分、移動距離は9.2kmでした。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/11/15(火) 16:46:01|
  2. 八方山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<法事 | ホーム | 雨上がりは、尻から・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1764-220ae794
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック