(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

車で藪漕ぎ

山の日に忘れ物の配達を頼まれて、八戸へ行くことになったのだけど、
せっかくの山の日なんだから、どこか山に登ろうと考えて、参考文献「岩手の山150」を開いて
八戸までの行程の間に登れる山を探してみた。
目に付いたのは一戸と九戸の間にある傾城峠就志森
記事を読むと傾城峠はアプローチの距離がありそうで、就志森は登山道が整備されたと
書いてあり、五合目あたりで一旦林道に出るとありました。
それなら五合目まで林道を上がっていけば短時間で済むと地形図を確認すると
山頂のすぐ傍を横切ってる林道があるのがわかった。
んじゃ、これを使えばかなり短時間でいけるはずと、早速車を走らせる。

途中岩手山を眺めると山頂まですっきり見えた。
岩手山
やっぱり登りたかったな・・・ と4号線を北上。
一戸の小鳥谷から東に進み、姉帯から県道271号線に入り九戸に向かう。
境界になってる峠の手前に問題の林道があるはずなので、気をつけて走るとガードレールが斜面に見える場所がある。
止まって眺めてみたものの、かなり使われていないらしく、草茫々で行けるかどうかかなり怪しい。
違う林道ではとさらに進むと、峠寸前に右手に道があった。
これかと入ってみると、ここもまたしばらく使われてなくて藪化が始まってました。
ちょっと進むと伐採地に出て、この道は伐採地の作業道で、ここまでかと思ったらさらに南に道が続いていて、
アップダウンの激しい道を藪漕ぎしながら車を走らせると、就志森の手前で立派な林道に行き着いた。

ホッとしながら進むと、就志森の山頂直下に無事到着。
就志森
実を言うと午前中は下見で登山道の見つけて、午後からゆっくり登る計画でしたが、
東側が植林地になっていて、それほど藪も濃くないし、距離もそれほどでもないからこのまま登っちゃえと歩き出す。
が、途中が急傾斜・・・・ おまけに日差しが強く汗だらだら、ついでに虫が寄ってきて、虻にあちこち刺されるしまつ。
距離は短いけどキツイかった。
植林地を抜けると膝上ほどの笹薮で、よいしょと抜けると山頂が見えてびっくりポン。
整備された頂上
椅子やテーブルが整備された山頂でした。

おまけに展望抜群
山頂展望東側

西側も展望が見えるよう木が切ってあって
岩手山
岩手山もくっきり。
なかなかのものでありました。

気になる登山道は南側にあって、下の林道に出るかどうか確証が持てず、
記念写真をパチリと撮ったら、
登頂記念
引き返して藪突入。

林道まで降りて、来た道を引き返すより、このまま林道を降りた方が楽そうだと、
林道を進むと植林地の南側をちょっと行ったところに登山道の案内板。
五合目
本に書いてあった5合目の林道はこれだったのか。
こっちからだと藪漕ぎも日差しや急傾斜に悩まされることも無かったなぁとガックリでありました。

歩行ログを航空写真で確認。
航空写真
行動時間は40分ほど、距離は往復で約700mの山の日記念登山でした。

どうやら作業道は境界に沿って作られているようで、
地形図1
こんな感じだったかと・・・ 
本来の登山道の位置はわかりませんが、林道を5合目まで上がるなら九戸側から上がることをお勧めします。
峠からだと車で藪こぎすることになりますから。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/08/13(土) 16:12:35|
  2. 就志森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<夏の大三角 | ホーム | 海で過ごした『山の日』>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1729-19cdcffc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック