FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

第51回紫波町民登山

7月24日の日曜日、『第51回紫波町民登山』に参加してきました。
目指すは県境の栗駒山。

出発時は曇り空でしたが、栗駒山に近づくにつれ
雨模様
窓の外に見える景色は雨模様。

普段から、晴れにしか歩かないと決めているおいら、内心「困ったなぁ・・・」と思ってました。
なにせシューズには穴が開いてるし、持ってるのはウィンドブレーカぐらい。
本降りだったらどうしようもない。濡れて歩くかと覚悟してました。

登山口の須川温泉駐車場に着いたら、何ていう事でしょう!

周りを見ても降った様子もなく、しっかり晴れてました。
駐車場
どうやら雨雲の上に来てしまったようです。

そんなわけで、班ごとに別れて登山口出発であります。
登山口

キンコウカが花盛りの名残ヶ原を通り
名残ヶ原

地獄谷で、
地獄谷

イオウゴケの説明を受けて、みなさん、写真タイム。
イオウゴケ
別名を『モンローリップ』と言うそうな。

そのあと、ネバリノギラン(写真ピンボケで発表できず)に触ると名の由来がわかるという説明で
触ってみたら確かにネバネバ・・・
それが取れないまま、昭和湖到着。
昭和湖
少しゆったり休憩を取って、

本日一番の急傾斜『賽走り』に入ります。
カメねーちゃん
ちなみにおいらの後ろはサポートの「カメねーちゃん(仮名)」が歩いてまして、
ときどき後ろを写真撮影してました。
後ろに背負ってるカメの甲羅みたいのは、着替えとかトイレとかに使う緊急時用の簡易テントであります。

今が盛りのシャクナゲを見つつ
シャクナゲ

天狗平到着
天狗平
本来は大展望なのですが、この日は雲の中で周りがまったく見えず無念なり。

いつの間にか分岐案内板が設置されてました。
案内板
カメねーちゃんが下見のときはガスで周りは何も見えなかったって言ってましたから、
そんなときに迷う人がいるんでしょうね。

天狗岩を過ぎると
天狗岩

目に付いたのはツリガネニンジン。
ツリガネニンジン

そんなこんなで頂上到着。
到着

山頂にはたくさんの人たちがいました。
一関修紅 バド部
バド部が体力づくりで登ってたり、子供の野外活動の団体や、外国の方が登っていたりとたいそうな賑わい。

そんななか暑い日になりそうだと、アイスを持って行ったんですが、
山頂アイス
皆さんの服装を見てもわかるように、風が強く意外と寒い山頂でいまひとつありがたみ無し。

そんなわけで、休息を早めに切り上げて、
下山
下山であります。

下りてくれば晴れ上がるってのは、山あるあるで、
天狗平から下って、
下山

昭和湖付近は夏空で、
昭和湖

名残ヶ原が見えてくる頃には
山々の風景
遠くの山々の景色がよく見えてました。

名残ヶ原手前でルートを変えて
案内
 
旧硫黄採掘場跡地経由で
採掘場跡地

駐車場到着
到着

んで、本日はバス移動なんで、温泉に入ったら、
発泡酒
やっぱりこれでしょう! しっかりいただきました。

町民登山の解散式はバスの中で
解散式
これにて最高齢82歳から下は小学生、スタッフを入れて43名の「第51回紫波町民登山」終了でありました。

歩行ログ
歩行ログ
歩行時間、5時間22分。歩行距離は9.4kmでした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/07/25(月) 20:17:49|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<大会 | ホーム | アイス>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1723-aad32185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック