(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

四ッ森山?

事の起こりは土曜日のこと。
起きたら黒い雲が多い朝を迎え、天気予報では「曇りのち晴れ」だけど、山は雨降りかも・・・と
山歩きをあきらめて、溜まっていた洗濯をして床屋に出かけた。

が、床屋さんは午後から所用のため臨時休業するそうで、「今日は・・・」と断られ、
次の日の予約をして、帰宅。
時間を持て余してのんびりと録画していた「こころ旅」を鑑賞してました。
なにしろ今週は岩手県、どんな旅をしていたんだろうと見ていたら、
一日目は宮古港(道中に十二神山や月山のアンテナ群が写ってた)
二日目は盛岡・高松配水場。
(いわずと知れた毛無森山の山頂、おいらも自転車で行ったから、あの坂はきついんだよなぁと共感して見てた。)
三日目は焼走り(岩手山の麓で何度も出かけてました)
四日目の最終日が北上川源流(御堂観音にも何度か、昔は前に釣り堀があった)
それぞれおいらにも思い出がある地で、もう少しあっちの方も写して欲しいななどと思いながら見てました。
火野正平さん、最後は足を引きずりながらの「とうちゃこ」で、次の秋田の旅がちょっと心配なおいらであります。

と、話がそれましたが、三日目の『焼走り』の回で今年の2月に送仙山に登ったことを思い出しました。
こころ旅
実をいうと、送仙山の次に三ッ森山に上ろうと考えていたんです。
なにしろ「岩手の山150」では送仙山の次のページに溶岩流を止めた山と紹介されていて、
焼走り国際交流村に行く道筋脇に山頂があり、それほど苦労するようには思えなかったんです。

2月に撮影した写真
二月の写真から
南峰と中央峰の間に見える白い筋がその道路なんですが、冬季は閉鎖されていて通行できず、
そのまますっかり忘れてました。

せっかく思い出したから、床屋が終わったら歩くかと出かけたのでありました。

焼走り国際交流村に車を置いて歩くつもりでしたが、イベントのため駐車場が満杯。
そこで途中にあった林道入り口に車を停めて、舗装路をトコトコ歩いてまずは南峰へ。
林道入り口
南峰付近にちょうど車止めのある作業道があり、そこから入り込みました。
100mぐらい進むとT字路。
上に向かってる左に進むと、すぐに行き止まり。
でも、かすかな踏み跡が林の中にありました。
踏み跡を辿る

迷うことなく山頂登頂。
山頂の様子
自衛隊の演習場の境になってるようで、立ち入り禁止の立て札と鉄塔が建ってました。

鉄塔の真下には「山」のマークが付いた境界石があり、三角点は鉄塔の東側付近にありました。
境界石  点名 焼走り
ちなみに点名は「焼走り」

そこから中央峰を目指します。
舗装路に戻って、向かい側にある林道から、斜面に取り付いて上がりました。
尾根に出て、確か本には「亀のような平たい岩」に「主三角点」があると書いてあったなと
エッサホイサ・・・・と、ピーク到着。
ピーク
ピークには岩がありましたが、「主三角点」が見当たりません。
奥のほうが幾分高いからあっちかとウロウロ探し回るものの、ここが山頂と示すものがなく、
でもこれより高いピークはないしと、ここが中央峰だろうと思って、今度は北峰を目指しました。

北方向に向かって尾根上の斜面を降りていくと、林の向こうに林道が見えてきて、
あれれ?と思ってるうちに林道と作業道が分岐してる付近に出た。
この林道は車を停めた三ッ森山の西側を通ってる林道だろうから、
これに沿って歩けば北峰が見えてくるはずと、しばらく歩きましたが、
ずっと林の中でピークが見えず、おまけに道が下りに入り、これはこのまま麓に降りるのでは?
という事が頭に浮かび、これは一旦車に戻り、この林道がどこに通じてるか確かめた方がいい
と考えて林道を引き返します。
途中作業道に入り込んでみましたが、藪に囲まれて行き止まりでした。

車に戻ってナビをみると、三ッ森山のマークは車の東側にあり、方向からいって、さっきのピークだなと確信。
で、目指す北峰なんですが、ナビは道路地図なもので、北峰の位置がわからない。
ついでにこの林道もすぐ先で行き止まりの表示になってました。

もしかして行き止まり地点から登山ルートがあるかもとそのまま林道を車で移動。
ナビの林道終点を通り過ぎても林道はまだあって、さらに下っていくと伐採地に出て、
右カーブを曲がってびっくりポン!!
北峰は伐採中
伐採された北峰が出現。
そんなわけで、伐採でできた作業道を辿って、北峰登山であります。
伐採から何年か経ってるようで作業道もかなり荒れてて、斜面も藪化。
なんとか上の方まで行けたものの、最終的には藪を突破。
これが伐採したままの木が放置してあるので、かなり悪戦苦闘の一幕でした。

北峰は細長い山頂で中央付近に三等三角点がありました。
北峰・三角点 
三等三角点、点名が三ッ森山。山頂プレートは見当たりませんでした。
残念ながら展望がないので、昼食はすぐ下の伐採地で。

と、登ってる途中に気がついたのですが、
中央峰・南峰と勘違いしたピーク
北峰の南にピークが三つ見えていて、真ん中奥が南峰のピーク。
中央峰が二つのピークになってて、おいらが登ったのは右側のピーク。
麓から見えている中央峰とされてるピークは左側。
展望昼食をしながら、やっぱり中央峰に登っておかないと登頂にはならないよなぁ。と考えてました。

のんびり昼食をしたら、さっさと登って温泉行くべ!と伐採地をショットカットしながら下りて、
ジーパンを引っ掛けて破く事件発生。
かなり凹みながら、整地中の伐採地を抜けて林に入ったら、ほぼ真っ平らで、ピークの方向がわかりません。
南を目指せば道路があるからと、車の走る音を頼りに南に進み、
そこから東を目指して尾根に出て、何度かこれがピークかと思わせる場所を通り過ぎ、
ようやく中央峰の山頂到着。
中央峰・主三角点
ちゃんと山頂プレートもあるし主三角点もあるし、ここが中央峰で間違いなし。
「亀のような平たい岩」が見当たりませんでした。

登頂記念を撮って
 登頂記念
帰りは辿ってきた尾根を引き返し、これが北方向に伸びてるからと
そのまま真っ直ぐ進みました。
おまけにこの日焼走り国際交流村で行われていた
『焼走り旧車ミーティングin八幡平』のおかげで
道路を爆音立てて走る車があるものだから、
その音を背中に聞いて方向を間違うことはありませんでした。
整地中の場所に出て、車の方向はこっちだからと進んだら、
柔らかい土でズルズル崩れて斜面を登れず、
結局は作業道のとおり歩いて車にたどり着き、ようやく三ッ森山登頂終了。
考えてたより時間がかかった山歩きになってしまいました。



このあと寄った『焼走り湯』で、「ピークが4つ・・・ 四ッ森山では?
いや、三角点があるピークが3つだから三ッ森山でいいのかな」と
思いながら、のんびりとお湯に浸かってました。

GPSログ
行動ログ
行動距離は約9km、行動時間は3時間30分ほどでした。

←よければクリックお願いします。
  1. 2016/06/20(月) 19:22:58|
  2. 三ッ森山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<短期決戦 | ホーム | 終わり良ければすべて良し?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1704-ac1ad479
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック