FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

登山口までが一苦労

このところ毎年恒例にしてるのが、「干支に関係してる山に登る」でありまして、
今年は『』ってことで「岩手 猿 山 登山」で検索したら、出てきたのは猿壁山猿岩
地形図を確認すると猿壁山は中腹あたりまで林道があり、そこから尾根に取り付けば行けそうだと、
正月早々に目指したのですが、林道に入山禁止の立札だらけで、断念。
そこで猿岩に登ったのであります。

んで、記事を書くときに「さるどし」を変換したら「申年」と出たことで、そうだったこれもサルだと検索。
残念ながら岩手にの付く山はありませんでしたが、干支の山という記事に行き当たり、
その中に岩手の猴舞山(さろうまいやま)があるではありませんか。
」というのは中国で「」を表すものだそうで、猿舞山ということですね。

と、いうことで猴舞山を地形図で確認すると、山頂間近に林道が通っていました。
ところがそれが複雑で、途中破線で示されてる場所もあり、悩んだ末ナビに山頂から南東方向に
なだらかに伸びてる尾根の先にある三叉路付近にセットして出かけたのでありました。

ナビ通り進むと所々工事中の106号線を走り、茂市で左折して岩泉方向に進むと、
通行止めで迂回路にありで、結構時間がかかって車を運転して和井内へ。
さらに和井内から安庭山荘へ向かう道へ左折して、ちょっと進んでアニアの沢沿いの林道へ左折。
しばらく行くと分岐を左折する案内がありましたが、まったく分岐がありません。
どこだ?と思いながら進んで、通り過ぎたのに気がつきましたが、方向変換できるスペースがなくどんどん進みました。
林道の終点は大抵方向変換するくらいのスペースがあるので、そこでしようと思ってると
ナビ画面では道が無くなりましたが、林道はさらに続いて、行き着いたのが九十九折・・・・

方向を変えるほどのスペースがないので、進むしかありません。

覚悟を決めて、スイッチバックで通過であります。

さらに林道を上がっていくと落石が多く、崖ギリギリを通過するようになりヒヤヒヤもの。
そのうちナビ画面に猴舞山側から来ている林道が出てきて、繋がる事を祈りながら車を走らせました。
上にある林道に出てしまえば、どこかに通じてるはずだから、帰りはそっちの方と考えていたので、
無事に上の林道に合流して、若干道幅が広くなったときにはホッとしました。

そのホッとしたのも束の間で、行く手に立ちはだかったのが崩落現場。
崖崩れ
これにはガックリ。
しばらく悩んだ末、崩落を乗り越えて行くことにしました。

ここからが登山レポ。

崩落現場を乗り越えて林道を歩き出します。
帰り道を気にしてたせいか、林道歩きの写真を一切とってなかったことに、
(記事を書いてる時点)気がつきました。

林道を歩いてると、やっぱりどこからか林道が通じてるようで、つい最近付いた車の跡がクッキリ。
そっちから来たかったな・・・・ と、ガックリしながら、山頂直下の林道三叉路地点。
地形図をみて、頂上からの傾斜が緩やかなので、ここから目指そうと決めたんですが、
三叉路地点
やはり同好の士がいるようで、ピンクの目印が一箇所ありました。

ここが登山道かと突入すると、笹薮に薄い踏み跡が続き、やがて不明瞭になり、ピンクの目印はありません。
気が付けば右手側の林に沿って踏み跡らしきものがあって、それが境界の目印に沿ってあることがわかりました。
薄い藪をしばらく歩くとそれがルートとしてはっきりしてきます。
境界の杭あり
手前に境界を示す杭があるのがわかるでしょうか?

朝歩いた鬼古里山ぐらいの斜面で、今度は昼散歩だなと思ってたら頂上間近が急傾斜で、
猴舞山頂上
ヒイヒイ言いながら頂上到着。

残念ながら山頂プレートは朽ち果ててました。
山頂プレート

展望は東側にあって、
峠ノ神山
峠ノ神山が見えました。
あとは来たルートを下って、車まで。

歩行ログは林道の様子が分かる航空写真で。
航空写真
地図にはない林道・作業道が入り組んでるのがわかりますな。
崩落地点から1.3kmほど林道歩き、約600mを山歩きして頂上登頂。
全歩行距離は3.9kmぐらいで行動時間は1時間40分弱でした。

で、おまけで帰りのスイッチバック。

スリル満天でありました。

気になる途中にあるはずだった分岐はここでした。
分岐
和井内側から見ているんですがわかるでしょうか?
道路の左側にあるスペースがその道路でY字分岐でしたが、かなり使われた様子がありませんでした。
いずれにせよ、和井内側から猴舞山への林道は現時点では車両通行不可です。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/22(日) 13:23:12|
  2. 猴舞山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<本日は晴天・・・・ | ホーム | 朝のお散歩>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1695-6ed99077
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック