(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

おいらに問題あり!

この日目指したのは和賀三山の一つ『月山』である。
最初に和賀三山に上ろうと考えたのは東日本大震災があって一月ぐらいのときだった。
どうせ山歩きをするのならば、山頂に祠や御社ある山へ『復興祈願』をと思っていたのである。
和賀三山は出羽三山になぞられて、それぞれ山頂に祠や御社があり、
羽山(湯殿山)と羽黒山は無事に登頂して祈願を済ませたのですが、
向かい側の月山の登山口が当時ははっきりせず、調べてるうちに「震災で登山道が崩落していてあきらめた」
との記事があり、胡四王山・砥森山へ予定変更した経緯があります。
このことを熊本の震災で思い出し、行ってみようと思い立ったのでした。

月山の登山口は景勝園という温泉施設付近ということで、ナビに景勝園をセットして出発。
地形図を見ると林道があるから、その付近だろうと目星を付けていたんですが、
行ってみたら立派な標柱が林道入り口にありました。
林道入口
消えかかってる標柱の文字を「月山登山道」と読んで、てっきり案内板と勘違い。
おいらはこの林道の先に登山口があるものだと思い込んで、そのまま車で突入。
ちなみに写真は帰りに撮影。

林道に入ってすぐに駐車スペースがありましたが、その先も立派な林道が続いていて、
そのまま進んでしまいます。
さらに奥に駐車スペースがあって、ここが終点かな?どこに登山口が・・・と見渡すと
道がまだ続いているのに気が付きました。
もっと先かと突入したのはいいんですが、この道が林道というより作業道というような道で
ちょっと進んだら勾配が急な上に狭く、車を走らせるにはちょっとつらい。
やばい!と思いましたが、方向変換ができず、そのまま終点まで行ってしまいました。
林道終点?
ここから歩きと準備して、後ろにみえる踏み跡の先も作業道らしいと気づきました。

しばらく作業道歩きになるのかなと思ってると上の写真の奥に見えるカーブの先から下り始めていて
カーブのピークから上がる
登山道はそのピーク左手の土手に進むようになってました。

しっかりした登山道を歩いてすぐ横の木に「1km」の標識。
1kmの標識
あれ、あと1kmで山頂なの?と歩いていたら、次の標識は「1.5km」。
どうやら登山口からの距離だと気がつきました。
とすれば、設定されてる登山口は林道の入口。←帰りに標柱を確認した。
おいらは1km近く車で来てしまいました。

登山道は杉林との境目に作られていて、
登山道
踏み跡しっかり、ピンクの目印もあり、よく整備されていました。

一箇所崩落の跡があって、これが5年前の地震でできたものかと通り過ぎ、
杉林が見えなくなった辺に第二展望台の看板有り。
第二展望所
が、周りを見渡すも展望できず・・・

いや、それよりも第2ってことは、第1はどこ?と大きな疑問が出て、
気持ち良い登山道だったけど、展望できるとこはあったけ?
と思いながら、エッサホイサと上がっていくと、第3展望所。
第3展望所
ようやく展望が開けてました。

一休みして展望を楽しみ、さらに上がっていくと林の向こうにピークが見え始め
山頂が近いことがわかってきました。
もしかしてこのピークが山頂かと上がってると登山道はピークを巻いていて
直ぐに後ろのピークが見えてきました。

鞍部に出て見上げると
急傾斜
結構急傾斜。
ほぼ直登の登山道をヒィハァ言いながら上がっていくと、突然巻道・・・・

あれれと思ってると、ロープ付きの片斜面。
ロープ付き

抜けたところに第4展望所。
第4展望所
ちょうど羽黒山と仙人山の間を眺めてるのですが、奥に見える山々が同定できず・・・

展望所から山頂までは緩やかな道。
山頂までもう少し

山頂は刈払いがしてあって、
月山山頂
気持ちの良い山頂でした。

祠に、ご挨拶と復興祈願
祠

山頂から展望を楽しんで
山頂から展望を楽しむ

いつもの展望昼食をと思ったら、グズグズしてるうちに虫に囲まれてしまい撤退。
この日は西風、第4展望所は風が吹き抜けてるから、虫が少ないはずと
展望昼食
そこで展望昼食となりました。
案の定、囲まれることなくゆっくり食べることができました。

あとはのんびりと下って車まで・・・
車に戻る

この日のログ
歩行ログ
赤線が車で通ってしまった登山道部分。
確かこんな感じだったと推測含んでますので
正確ではありません。
駐車した場所からの歩行記録は往復5.6kmほど、
3時間ぐらいの行動時間でした。

この日、ポカポカ天気のいい陽気で、久しぶりに夏用の登山ズボンを
出してみたら、半年のあいだにキツキツ・・・
おまけに普段履いてるジーパンは洗濯中。
そんなわけで厚めのジーパンで出かけてしまい、
動きづらいやら、暑いやらでだいぶ苦労の山歩き。

ついでに普段してるメガネをどこに置いたか忘れ
(何故か冷蔵庫の上にあった)
度の軽いメガネで出かけたもので、いろいろ見落としあったみたい。
他の記事をみると鉱山跡とかあったようです。

そのほかに記念写真を撮ろうとして、タイマーをセットしたつもりが
まったく動かず・・・ 「???」と思ったら動画になってたというハプニングもあり、
月山自体は登山道も整備され、マイヅルソウやチゴユリを見かけながら、
木々の中を楽しんで歩けて、おいらの好きな展望も待っていた山でしたが、
おいら自身は問題続きの山行となってしまいました。
まずはズボンを履くためにダイエットしないと・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/16(月) 17:03:37|
  2. 羽黒山・羽山・月山(和賀三山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<朝のお散歩 | ホーム | 二兎追うものは一兎も得ず>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1693-95793e91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック