(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

春を探しに

今年は雪解けが早く、春もそろそろ・・・と思ったおいら、
山にも花が咲いているのではと様子を見に出かけました。
目的地は万寿山。
例年なら4月の半ばあたりに見に行ってるから、半月以上早いんですが、
山には雪が見えないしと期待がありました。

が、この日は春先にしてはちょっと寒く、立ち寄ったコンビニ脇にあった花壇のクロッカスは蕾のまま。
そしたら「このまま行っても、山の花も蕾だろう。それじゃ、向かいの台羽山に登ってから
のんびり行って展望昼食も楽しんで・・・」と思いつきます。
と、いうことでまずは麓の羽山神社にお参り。
羽山神社

登山口・・・ いや、奥宮への参道入口は拝殿の右手にあります。
参道入口
少し登ると作業道に出て、エッサカホイ。

作業道は山頂のNHK中継所のために作られていて、
4合目
途中には参道の名残でしょうか、四合目の標柱がありました。

山頂の奥宮には30分ほどで到着。
羽山神社奥宮
お参りを済ましたものの、日が差してるわりに気温が上がってなくて、どうしようか悩みます。
と、けむけむさんの情報を思い出しました。
去年、あらさんという方が、万寿山から六郎山を経て台羽山までグルリと回ったといいます。
それならこのままそのコースをいっちゃおうと、台羽山の山頂から西に向かって歩き始めました。


山頂の杉林を抜けると東北電力の鉄塔がありました。
鉄塔を通過する
かなり急傾斜で慎重に下りて、振り返って写真撮影。

巡視路が尾根沿いのピークに向かって伸びていて
巡視路を歩く
こりゃラッキーとトコトコ歩きました。
ちなみに山歩きとはちょっとかけ離れた格好なのは、花を見たらバドミントンの応援にも行こうかと
欲張ったからであります。

んで、次のピークで巡視路は下りになっていて、おいらは巡視路を離れピークの藪に突入。
笹薮
膝丈ぐらいの笹薮でさほど苦労もなく、次のピークを目指しました。

確か三角点のあるピークだったはず、と山頂をさがすのですが見つからず、
あきらめて、次のピークを目指そうとしたら、発見。
四等三角点(台)
四等三角点、点名「台」にタッチ。

そこから林を下るんですが、やたら赤ペンキが塗られた木々がありました。
赤ペンキ
これがルートを表すものかな?と下るんですが、尾根から外れたりしていてそうとも言えない、
一体何だろう?と思いながら、次のピークとの鞍部まで降りてきて、謎が解けました。

反対から見たら一目瞭然!伐採予定の木々でした。
伐採予定の木々
所々に黄色い札が付いていたのに全く気がつかず、自分の観察眼のなさにガックリ。

それでも、つぼみになったばかりの花や、
何の花かは断定できず

キツツキの食痕を
キツツキの食痕
発見しながら徐々に高度をあげていくと、ほぼ真っ平らの樹林帯。
その辺に来ると六郎山の山容がよく見えてきて、まだ雪が残ってるがわかりました。
標高差がほとんどなくて、ペースアップ。

左手に杉林があるあたりで、六郎山へと方向を変えると、
作業道跡か?
作業道跡なのかルートがありました。

よっこいしょと六郎山に到着。
六郎山到着

ちょうど11時に記念写真。
六郎山登頂記念
脇に書いてある「的羽山」って何?と帰宅後調べたら点名でした。

ここからは六郎山登山道を台温泉へ向かいます。
峠の十字路分岐があり、東側のピークを通るルートに入ります。
ピークの山頂で食いしん坊の木を通り過ぎ、
食いしん坊の木
下ったら、次のピークまでなだらかなほぼ平坦な道。

でも、ピーク手前は急登で、
ピークを上がる
疲れが出てきたおいらはヒィヒィと上がったところで、12時のチャイム。
展望のあるところで昼食にしたかったけど、区切りがいいとこだしと林の中で昼食にしました。

ここから北に向かって尾根沿いに万寿山に向かうのですが、その前に東側にある山頂の三角点にご挨拶。
四等三角点(山王)
四等三角点、点名「山王」もタッチ。

そのあとルートに戻るわけですが、山頂には踏み跡や目印はなし。
なだらかな山頂から笹薮で急傾斜の尾根を下ります。
笹薮の尾根
傾斜が緩やかになると、尾根には所々踏み跡がありました。

まもなく万寿山の登山道に合流。
案内板
この案内板の右に出ました。

あとは登山道を歩き鉄塔へ出て、一休み。
このまま下ろうかと思いましたが、せっかくだから万寿山の山頂もと、よっこいしょと登って登頂記念。
登頂記念

さて、ここからが今日の目的、春の花を探すのですが、
鉄塔下のお花畑
毎年花いっぱいの道筋には、まだ見当たらずガッカリ。

でも、来る途中に蕾の花を見かけてたから・・・ と、諦めきれずに探しながら下ると
蕾
蕾の花が所々にありました。花が咲いてたのは二輪ほど。

下るにつれてセリバオウレンがたくさんあって
セリバオウレン
眺めながら麓台温泉入口到着。

台温泉入口から舗装路をトボトボ歩いて羽山神社まで。
羽山神社到着
思いのほか距離があり、汗でグチョグチョ。
帰り道、しまったぁ。着替えとお温泉セット持って来れば・・・と悔やむことしきりの山行になってしまいました。

この日の歩行ログ
歩行ログ
全行動時間、5時間と13分。歩行距離はおよそ10.6km。
春を探しにでかけたのですが、春になるのはもうちょっとかかりそうです。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/21(月) 18:17:07|
  2. 台羽山・万寿山・六郎山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11
<<展望抜群 | ホーム | やったぁ!>>

コメント

歩きましたね~

台温泉の日帰りは安いですから、タオルだけあったら良かったのに

あらサンは私の幼なじみです(^O^)
  1. URL |
  2. 2016/03/29(火) 22:23:12 |
  3. bollard #-
  4. [ 編集]

「台温泉三山」は個別には登っていますが。
周回コースは未踏です。
春を探しに、4月半ばくらいに歩いてみます。
  1. URL |
  2. 2016/03/29(火) 22:23:47 |
  3. とおりすがり #-
  4. [ 編集]

bollardさん、さすがに汗だらけのシャツとパンツをお風呂上がりにはく勇気はありません。
応援に行く予定だったので、着替えがなかったんです。

とおりすがりさん、周回コースには目印がありません。
気をつけて歩いて春を楽しんでください。
  1. URL |
  2. 2016/03/30(水) 19:26:26 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

うちは近くなので、いつか歩いてみたいと思っていましたが、結構ハードなんですねぇ。26日に万寿山に行きましたが、いい感じに咲いていましたよ。早い時期は雄しべがピンクの個体が多いみたいでかわいかったです。
  1. URL |
  2. 2016/03/31(木) 10:04:03 |
  3. けむけむ #-
  4. [ 編集]

けむけむさん、万寿山に春が来てたんですね。落ち着いたら見に行きます。
周回コースは標高差もそんなになくハードではないです。
同じくらいの距離の東根山より楽勝です。
今回は冬のあいだに増えた体重と失せた体力がおいらに負担となりました。
  1. URL |
  2. 2016/03/31(木) 21:21:03 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

本日、万寿山から六郎山への縦走路を歩いてきました。
13時過ぎから登り始めたので、台羽山までの縦走は断念しました。

万寿山付近はショウジョウバカマやミスミソウが、374ピーク以降はカタクリが見頃でした。

万寿山付近にはかなりの人が入っていましたが、六郎山付近は誰も入っておらず、春の野草を独り占めできました(笑)
  1. URL |
  2. 2016/04/10(日) 22:38:37 |
  3. とおりすがり #-
  4. [ 編集]

おいらも膝立山と赤梅山でカタクリとショウジョウバカマは見てきましたよ。
台温泉三山、今度は一周してくださいね。
  1. URL |
  2. 2016/04/11(月) 19:29:48 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

今、昨日のログを確認したところ、六郎山からの下山ルートの距離は台羽山までの距離とあまりかわりませんでした orz

がんばって周回すればよかった....
  1. URL |
  2. 2016/04/11(月) 22:18:56 |
  3. とおりすがり #-
  4. [ 編集]

六郎山まで台羽山までは踏み跡はほとんどありません。
距離はあまり変わりなくても、時間がかかります。
周回は余裕がある時がいいかと。
  1. URL |
  2. 2016/04/12(火) 19:37:30 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

そうですね。

今度は時間に余裕をもって、台羽山から周回にチャレンジしてみます。

花巻温泉周辺の山々へは、自宅から10分程度なので、これからも通い続けようと思います。
  1. URL |
  2. 2016/04/12(火) 22:18:03 |
  3. とおりすがり #-
  4. [ 編集]

とおりすがりさんは花巻温泉近くにお住まいなんですね。
江釣子森山や草井山などの里山があって楽しいそうです。
これからは山菜の時期、収穫も期待できそう。
おいらも進出を考えてます。
  1. URL |
  2. 2016/04/13(水) 22:11:42 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1665-51d1200b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック