(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

雪があると思ってた。

3月12日、あの日の翌日も同じようにキリリと冷えた朝だった。
ボイラーを使ってた家は停電でボイラーのヒーターが入らず凍ってしまい、
壊れたしまったところが多数あった。
停電の時はボイラーの水抜きがかかせないんだな。(震災で覚えた豆知識)
と、いうことを思い出しながら、震災以来疎遠になったお客さんのところに出かけた。
震災の後、しばらくガソリンが手に入らず、部品の調達もうまくいかなくて
離れた場所にいるお客さんのところにはなかなか行けなくなった。
お客さんの近隣の部品の在庫がある大きな同業者に頼んでいたようで、
あの時「絆」という言葉が大きく話題になったけど、お客さんとの「絆」はその時切れたまま。
うちの会社は結構たくさん切れてしまった。
そんなお客さんから、仕事の連絡があって出かけたのだが、
30年ぐらい前に製造された機械で、おまけに10年以上外に放置状態。
とりあえず草むらから引っ張り出してみたものの、その場ではどうにもならず
会社に運ぶ手配をしたところでこの日の仕事は終了。
これで会社の絆の復興になれば・・・・

という会社事情は置いといて、
砥森山へ連休に登ろうと帰りに山の下見を考えていたんですが、
思っていたより山の周りに雪が少ない。
もしかして駐車スペースがあって、登れるかもとコンビニで昼食を仕入れ行ってみた。

5年前は田瀬湖側から登ったけれど、今回は大平地区側からと283号線の寿工業のちょい先を右折。
すぐ跨線橋を通り、細い道を道なりに進んでいくと、「登山口⇒」の案内板有り。
そのままいくと民家の前で舗装路が途切れて行き止まりに見えた。
道を間違えたかぁ、方向変換しなくては。
と、民家の前で行くとその先に草ぼうぼうの道が続いてました。
もしやと恐る恐るその道を行くと、牧草地に出て、そこが登山口でした。
登山口

矢印の示すとおり牧草地を上がっていくと作業道の入口に登山道の表示。
そこから杉林の中をエッサホイサ。
作業道

この時期には珍しく、足元には霜柱。
霜柱
ザクザクという音を楽しみながら上がりました。

杉林の終点あたりで作業道から登山道が分岐。
分岐
左が登山道、右が作業道。登山道の表示がありますので間違えることはないでしょう。

登山道は林の中をところどころ九十九折で上がって行きます。
倒木多数
ところどころ倒木が塞いでますが問題はありません。

砥森山は南峰と北峰の双耳峰。
南峰には砥森山神社、北峰には三角点があります。
まずは南峰の砥森山神社へよっこらせ。
砥森山神社
また復興祈願をしたら、展望昼食。
買ってきたお茶が冷める前に到着できました。

早池峰山の山頂が雲に隠れてるのがちょいと残念。
早池峰山と薬師岳

田瀬湖方向は遠くに焼石岳付近の山並み・・・
焼石岳あたりかな?
だと思うけど同定はできず。勉強不足なり。

展望を楽しんだあとは、北峰へと向かいます。
北峰へは南峰の大平側山頂直下にある建物跡付近から尾根沿いに歩くと
北峰
所々に踏み跡があります。

北峰の山頂は林の中。
北峰山頂
最初に訪れた時は春先で、蝶が多く飛んでましたが、今はまだ冬。

楽しむものがなくて記念写真を撮ったら
記念写真
早々に下ります。

所々ショートカットしながら進んでて、登山口とは別の牧草地に下りて焦るというトラブル有り。
ちゃんと登山道を歩かないといけませんな。
無事下山

そんなこんなの歩行ログ
砥森山歩行ログ
行動時間は1時間40分ほど、距離は約3.4kmぐらいでした。




←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/13(日) 16:09:25|
  2. 砥森山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<雨の日 | ホーム | 下見のつもりで、>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1662-fb6a0c75
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック