FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

歴史散歩

朝方雪降りの土曜日は、出かける気分にはならず、家でゴロゴロ。
のんびりと録画していたテレビ番組を鑑賞してました。
が、お昼すぎぐらいから青空が広がってきて、あっという間の天候回復。
それじゃちょっとお散歩でもと・・・
陣ケ岡
買い物がてら、陣ケ岡登頂。

とはいっても、


ここは蜂神社の敷地内
蜂神社
参道を歩いて、5分もかからずに到着。
車でも参道をあがれるので、登頂は大げさですね。
陣ケ岡自体は知っていたんですが、ここに三角点があるのに気がついたのは、つい最近。
紫波町まち旅図鑑」という観光パンフレットを眺めてて、地図に三角点のマークがあるのを発見したのであります。
  ↑クリックでデジタルパンフレットへ

さてこの陣ケ岡ですが、おいらの中では「前九年の合戦で源軍が陣を敷いたところで、
日の輪・月の輪が池に浮かぶのを見て、勝利を信じて厨川の柵へ攻め入った。」ぐらいの知識でした。
行ってみると、それよりさらに前の日本武尊の頃から歴史にたびたび登場しているところでした。
陣ケ岡歴史公園
いろんな戦国武将が陣を置いたようで、最後は蒲生氏郷(九戸政実の乱・先陣)みたいです。

パンパンとお参りすると拝殿の扁額には「蜂神社」ではなく
八幡宮
「八幡宮」とあってやはり武運を祈るところでありました。
ちなみに蜂神社の蜂は前九年の合戦の時、蜂の巣を敵に投げ込んで勝利を得たことからだそうですが
その故事にちなんで八幡宮の「八」と「蜂」をかけたものかとおいらは思ったりしてました。

裏手に回ると「王子森古墳」
王子森古墳
日本武尊が蝦夷征伐に来たときに王子が生後直ぐに亡くなり、ここに埋葬されたそうです。

ぐるりと境内を回ったあとは、西側に下りて『日の輪・月の輪』を見に行きました。
日の輪・月の輪
写真では雪でよくわかりませんが、マークあるところに日の輪形と月の輪形があります。
肉眼では「月の輪」がうっすらとわかるくらいでした。

戻る途中、兵法の案内板。
兵法
読んでみると「長蛇の陣法」で、正に陣地跡地はこの兵法の遺構らしい。
ということは、陣ケ岡は陣を作るのには最適な場所なので、数々の武将が利用してるってことか・・・と、
いろいろ歴史を知る一時間ほどの散歩を終了したのでありました。

おっと、三角点は本殿より奥、東側の林の中。
三角点
拝殿脇を通りながら林を眺めると見つけやすいです。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/01/30(土) 18:04:25|
  2. 紫波の事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<ついてない? | ホーム | 連チャン>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1641-377cce25
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック