(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

ヨイショコラショと登る

12月最終土曜日は、天気予報は雪マークでしたが、青空が見えてました。
天気予報が外れたな、これなら山歩きができるかもと、
体調が今ひとつのおいら、バイブルとしている「岩手の山150」を読みながら、
『ちょっとの登り、ちょっとの下り』と紹介されてる明神山に目を付けました。
登山口となってる五輪峠からかなりの距離はありますが、標高差は70mと緩やかな勾配だそうで
のんびり歩けばいいやと出かけたのでありました。

が、県道から五輪峠に右折したら、冬期通行止めの案内板あり。
ええっ、と思ってると対向車があって、こりゃ行けるのか?と進んでみたら、
通行止め
五輪峠の約4km手前で、やっぱり通行止め。
どうしようかなと眺めていたら、近くで作業してたらしい軽トラの方に声をかけられました。

明神山に登りたいんですがと事情を話すと、五輪峠からは距離がありすぎる。
東和町側の食堂がある付近に、山に向う道があるから、そっちからだと近い。と助言を受けます。
いろいろ情報を聞くうちに、その方はキノコ取りでよく歩いてるらしく、明神山はマツタケが取れるそうで
藪はそれほどないことがわかりました。
そのうち通行止め手前にある林道が、明神山の中腹を通ってると説明をうけ、
そこから登れそうだと閃きます。

林道を走ってみると糠森山の東側を抜けて200mぐらい北に進んだところに
尾根方向に伸びている作業道跡を発見。
分岐に駐車
雨で掘れてるし、倒木もあるしで車で入り込むのは無理。
入り口に駐車して歩き始めました。

この作業道はまっすぐ明神山山頂方向に伸びていて、
山頂には祠があるそうだから、もしや参道?と思っていたら、15分ぐらい歩いたところで終了。
が、そのあとすぐ上に古い踏み跡のようなものがあって、それに沿っていくと
踏み跡
あきらかに現在も使用中の踏み跡に行き当たりました。
何の動物が使っているのかわかりませんが、辿っていくとだんだん直登。
ヨイショコラショと登っていくと、尾根近くで山頂方向とは逆に伸びてました。

おいらは真っ直ぐ尾根に上がると藪もなく歩きやすく、あっさりと山頂到着。
明神山山頂

山頂の祠は自然石を積み上げて作られていて、
明神山・祠
中には奉剣が納めてありました。

運気があがりますように!とお願いして、一休み。
山頂で一休み
すぐにかいた汗が冷えて、のんびりしては居れずに下ります。

ここで、大きな失敗に気が付きました。
何気なく上がって来てて、どこから尾根に上がって来たのか不明であります。
しまった!目印付けとけば。と思ったものの後の祭。
こうなれば五輪峠まで歩くか、下りやすそうな地形を見つけてと、尾根を歩いてたら
パワースポットに行って運気が上がっていたのか、尾根近くまで辿ってきた踏み跡を発見。
車に戻る
無事に来たコースを戻って、車に到着。
明神山、往復で1時間半ほど、2.8kmの道程でした。

と、予定より時間がかからなかったので、ちょっと戻って糠森山。
林道のカーブ
写真ではわかりづらいですが、カーブの所にピンクテープの目印。
同好の士がいるのかと思っていたら、地籍調査か何かのようで、新しい杭が打ってありました。

糠森山まで土塁が続いていて、
土塁
それに沿ってトコトコ。

で、あっという間に山頂到着。
糠森山山頂
三角点があるだけで、山頂プレートは無し。
往復400mぐらい、10分ほどの山歩きでした。

山歩きログ
行動ログ
それぞれのスタート地点へは江刺東和線から五輪峠に向う道に入り、最初に北に向う林道を入ります。

山歩きを終えて、家に着いたのは15時頃。
雪がちらついたと思ったら、すぐに吹雪。
天気予報は当たりましたが、これほどガラリと変わるとは・・・
山歩き中でなくてよかった。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2015/12/27(日) 13:13:15|
  2. 明神山・糠森山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<パワースポット!! | ホーム | 登り納め?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1623-cf867176
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック