FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

携帯電話と藪漕ぎ

上ン平を山歩きしたあと、目指したのは国見山と黒森山。
黒森山というとこの近辺には三山ある。
一つは盛岡市乙部にある黒森山。紫波町との境にあるので『紫黒森』
二つ目は石鳥谷の杉の木が目印の黒森山。花巻にあるので『花黒森』
三つ目は志和古稲荷神社・志和稲荷神社の裏にある黒森山。志和町にあるので『志黒森』
この三つ目の黒森山(志黒森)を目指したのである。
ちょうど山王海ダムの入り口付近だから、来た道を戻るより、新山から山王海ダムに降りて、
グルリと廻ってみるかと思ったのが、この日の大慌てした元。

山王海ダムまで降りて、国見山・黒森山を眺め、
山王海ダム側から眺める
ダムの形に沿ってある道路をくねくねと走ってると携帯電話が鳴っては切れるの繰り返し。
車を止めてバックから取り出し確認すると、いとこから電話でかけなおそうとしたら、電波が無くてつながらない。
何回もかけてきたから急ぎの用だろうと、少し走っては車を止めてかけ直すのだが、
発信音があっても、呼び出しできずに切れる状態。
ようやく繋がったのは、ほぼ半周して滝名川付近まで来たときだった。
用事というのはちょっとしたことで、かけてもすぐ切れるからどうしたんだろう?と何回もかけたそうである。
急ぐ用事でもないから、そのまま山歩きをすることにした。

そんなことがあって、登山口に到着。

黒森山には山頂付近にパラグライダーの飛び出し口が昔あって、林道が通ってました。
その林道入り口になってるところは、豪雨災害があった場所。
登山口
工事が終わっていて、立派な林道が・・・・

砂防ダムまで。
砂防ダム
車である程度行くつもりでしたが、ここから歩きます。

ヨッコイショと崖を越えて、沢を渡ったところから林道・・・いや林道跡を辿って歩くのですが、
これがまたかなりの藪。枝が絡み合ってなかなか進めず一苦労。
そのうち、林の中の方が藪が少ないのに気づいて、林道跡に沿って林の中を歩きました。
林道が藪
写真は林道を横から見てるんですが、林道だけが藪になってました。

しばらく歩くと急傾斜になってきて、林の中を歩くわけには行かず渋々林道を歩く。
もはや林道というより藪を選んで歩いてる感じになってきてて、特に折り返すカーブがかなりの藪。
そこではたと気が付きました。
「車だとこの道走れないじゃん!! ってことは作業道か・・・」と。
ルートの間違いに気づき、戻るべきかどうか悩みましたが、だいぶ上がってきてるし、
地形を考えると山王海ダムへ行く稲荷坂に沿って移動してるから、国見山に向かってるはず。
そこまで行けば林道に出ると、そのまま上がります。
ただ、作業道はずっと藪だったので、なるべく林を通るようにしながら上りました。
杉林を抜けたあたりで、下から来てる道路に出会います。
これがルートの林道かと、眺めてみましたがやっぱりそっちも藪でした。

林道にでたら、絡み合う藪が少なくなり、いくらか進みやすい。
が、藪漕ぎには変わりありません。
この日、軽い山歩きのつもりでザックではなくウエストバックで来たんですが、
藪がこのウエストバックに引っかかりまくり、四苦八苦。
そのうちチャックが引っかかったようで、知らずにバックの口が開いている始末。
途中からはタスキのように肩にかけて歩いてました。

そんなこんなでえらく時間がかかり、国見山付近。
林道から逸れて、えっさほいさと上がっていくと、白い杭。
地籍図根三角点
地籍図根三角点とありますから、ここが頂上・・・

と思っていたら、
国見山山頂
ちょっと離れたところに山頂プレートと標石あり。
一瞬三角点かと思いましたが、地形図にはその表示はありませんでしたから、境界石でしょう。
埋まってしまってたので確かめませんでした。

林道に戻って進んでいくと土砂崩れが2箇所、大岩が道の真ん中にあるのが一箇所、
藪はずっとありましたが、所々薄くなるのが救いでした。
なんとかかんとか、紫波町が眺められる位置にでて、この辺がパラグライダーの飛び出し口かと
ススキをかき分けていたら、林道が崩落してて落ちそうになりました。

そこからヨイショと上がると午前中に歩いた上ン平が見えました。
新山・上ン平展望
こうしてみると確かに『平』ですね。

尾根まで上がるとそこからはピンクテープの目印あり。
ここが藪も無く歩きやすくて、あっという間に頂上到着。
北に東根山の山頂
標石が二つあって、北に東根山が見える山頂でした。写真の手前が境界石、奥にあるのが三角点です。

登頂記念写真を撮ったら
登頂記念
お昼ご飯は展望が見える場所と、来たルートを戻ります。

と、変わったピンクの目印があると思ったら
つつじ
ツツジが一輪だけ咲いてました。

展望場所に来て、弁当を広げます。
お昼
軽く山歩きのつもりだったから、小さめサイズ。
こんなに苦労するとはと、汗拭きのタオルを出して、飲み物出して・・・
「ん?携帯持ってきたはずなのにない!!」と焦る。
すぐ閃いたのが、バックの口が開いていたこと。
「あれは国見山の手前あたりだったから、その前に落した?」と頭をめぐります。

のんびり食べるつもりでしたが、そうもしてられません。
大急ぎで食べて、えっさほいさと林道に出て・・・ 
いや、尾根を行ったほうが早いとばかりに尾根をどんどん下ります。
案の定こっちの方が藪も薄く歩きやすく、かなりのペースで下ることが出来ました。、
するとまもなく右手に山王海ダムがチラリと見えたあたりで、携帯を車で使ったことを思い出します。
そういえば・・・ と考えると、
「電話の後、助手席に置いた気がする」「出るときバックに入れたのは、GPSロガーと飲み物だった」
と、歩き始める前の行動が蘇って、携帯は車の中に違いないと結論づけました。
一安心したら、のんびりペースで歩きます。

国見山山頂直下の林道で
ハイジのブランコ
「ハイジのブランコ」を見つける。
体重制限に引っかかり、乗れそうにありません。残念!(笑)

そのあと藪を避けて林道をショートカットしようと急傾斜を下りたら、そこは林道のように見える林の中。
登り返すのも面倒なので、そのままズルズルと傾斜を下りて、そのまま砂防ダムの上まで。
かえって藪にもあたらず、楽に下りて来られました。
携帯はやっぱり車の中でした。

歩行ログ
黒森山歩行ログ
我がバイブルには「林道を一時間歩いてパラグライダーの・・・」とありましたが、
おいらは一時間半がかりで到着。そこから山頂往復は30分程度。
帰りは林道無視して1時間弱で車に到着。
総行動距離、約3.4km。行動時間は3時間と12分でした。
上りも下りも本来のルートではないので、参考にはしない方がいいかも。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2015/11/27(金) 19:27:35|
  2. 黒森山(志和)・国見山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<荒れ模様の土曜日 | ホーム | 探索>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1607-dfce9cde
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック