(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

難攻不落

この日、目指していたのは別の山。
が、登山口に行く林道が工事中で通行止め。
どこからか行けないかとしばらく地図を眺めたものの、やっぱり無理。
これから他の山を目指すのには時間的にキツイ。
それなら山歩きの下見と安倍館山へ。

安倍館山は残雪期だけの期間限定で登れる山。
でも、参考文献(里山スケッチ)には、沢を上がって山頂まで行ったことが記されている。
それに習って、先週下見と行って見ると、沢を上がるからそれなりの装備が必要だろうし、
今時期より秋の方が藪突破が楽そうだし、いややっぱり残雪期が楽でいいか、と
計画を練り直そうかと考えてました。
ところが、グーグルアースで空からの写真を見ると、ルート脇の尾根に作業道があるのが見て取れる。
でも、作業道への入り口は見あたらなかったし、地形図と合わせると谷に沿って作られていて
尾根筋とは離れてるしと、悩んでいました。

そこで今回時間をもてあましたおいら。
とりあえず行って見よう、ぐらいの感覚で車を走らせます。
いやはやこの時期の林道は観光名所か?ってぐらいの交通量。
待避スペースが駐車スペースに変貌の交通状況。
おいらの目的もそっちに・・・・ と頭をよぎるものの、状況もわからないのであきらめる。
たぶんこの辺が作業道入り口だと道路わき車を停めて・・・・

展望の良いところあったら展望昼食、とザックを背負って道路沿いの様子を見ながら歩くと
土砂流出止めのある場所が目についた。
ここから入る
帰りに撮影。

もしや、これが作業道入り口?と登ってみたら、大正解でありました。
作業道
振り返ると岩手山がクッキリ。と、これは携帯での写真。
ここでカメラを車に置いてきたこと気づきましたが、作業道の様子を見るだけだからとそのまま歩く。
荒れてはいたけど歩くのには差し支えなく、これなら山頂目指せるかもと、
尾根の様子を見ながら進んでいくと行き止まり。
作業道はもっと山頂近くまで伸びているはず、ここは違うなと地形を眺めながら悩みます。
ここより下の作業道だと尾根に取り付くのはかなりの急傾斜。
今いる地点から尾根を覗くと、明るい林で藪も薄そう。
ここから取り付けばとそのまま突入。

尾根筋は両側の尾根がハッキリ確認できるほど藪も薄く、これなら山頂まで行けるとエッサホイサ。
が、だんだん笹藪が強くなってきて、ペースダウン。
それでも見上げる林の先に青空が見えるから、山頂が近いかもと悪戦苦闘。
笹藪ってのは傾斜に覆い被さるように生えてるから、下から上るにはかなり手強く、
帽子がすっ飛ぶのは当たり前、眼鏡が時々飛ばされて、気づけばズボンがかぎ裂きになってるし
シャツひっかき傷だらけ、ボロボロでありました。
笹藪
藪の先が明るいから、山頂間近と頑張るもののこの状況がしばらく続き、
なんとか見渡せないかと近くの木に上がったら、遙か向こうまで同じ状況。
ここで戦意喪失、あきらめました。

下りは笹の上に乗るようにかき分けられるので、それほどの苦労も無く歩けて
笹薮の薄くなったあたりでお昼と動きを止めたら、虫の襲来。
振り払いながら食べるのも面倒だからと、さらに下り
尾根から外れそうになったり、作業道へ戻るルートがあった場所がわからなくなったり
と、ルートファインディングをしながら西へ西へ・・・・

急傾斜でどん詰まり、南側に作業道があるはずと下って、
岩手山が見えると作業道近い
ちらりと岩手山が展望できる場所から、滑るように作業道へ落ち、
ようやく虫もいなくなったと展望がいいところで昼食。

阿部館山は阿部氏の「隠し砦」があったという言い伝えがある山。
笹薮に守られた難攻不落の砦であったに違いない。
おいらが阿部館山を陥落するのはいつの日であろうか・・・・
 
この日の苦闘記録。
GPSログ
歩行時間は3時間22分、距離は3.5km。
このコースは標高1000m付近から笹藪が厚くなり、1067m付近で撤退。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2015/06/03(水) 18:29:02|
  2. 安倍館山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<入院中 | ホーム | 結団>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1506-340f74ba
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック