FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

午年だから、その1

夜中に地震があって、目覚めてしまい、そのまま眠れなくてビデオを見ながら迎えた朝。
夜があけたなぁと窓から空を眺めたら、曇り空だけど、南の空がやけに明るくみえた。
あっちは晴れてるのかなぁと、とりあえず山歩きの準備して、出かけたのは5時頃。
4号線を南下していくと、正面に青空が見えます。
これは期待できるかなと車を走らせましたが、青空が出てるのは目指してる山の向こう側。
山頂は雲の中ですが、登山口に車を置いて歩き始めました。
いわかがみ平
ここは栗駒山の宮城県側の登山口、いわかがみ平であります。
宮城で栗駒山、岩手では須川岳、秋田では大日岳とそれぞれ呼び名が違うそうですから、
栗駒山に登ると考えたら、宮城県側から登るのがスジで、
ついでに登山口が「いわかがみ平」ですから、イワカガミの咲く時期に・・・・
と、勝手なこじつけをしてました。

コースはレストハウスの東側が東栗駒コース。西側が中央コースと分かれていて、
コースの案内図には、東栗駒コースは「コース上は雪どけのため大量の水が流れてる」と
説明書きがあり、スパッツ・長靴推奨とありました。
登山靴だけのおいらは、素直に中央コースから上がります。

中央コースは石畳の整備されたコースで、潅木帯の間を進んでいきます。
石畳の道

潅木帯を抜けて、コースが土に変わるあたりで展望が開けますが、
栗駒山は雲の中
向かう先は雲・・・・

振り返ると麓は、
麓は青空
青空が広がってる様子。
なんとも恨めしい天気でございました。

東栗駒山方をみると
東栗駒山
稜線上を歩いてる登山者が見えました。
あれだけ歩いてる人がいるならコース上の水は大したことがないのかなぁ。とさらに上がります。

道の周りにはツマトリソウやヒナザクラが見られましたが、気温が低いこともあって
ほぼ花が閉じていて、ついでに言えば、イワカガミも見つけられず、モクモクと登り続けてました。
山頂が近づいてるはずなんですが、雲でどこかわからないまま、
コースが木の階段に変化。
木の階段

振り返れば、こんな展望。
東栗駒山越しの展望
やっぱりもう少し天気のいい日に来たかったなぁ。

そんなことを思いながら、まだ元気なショウジョウバカマを眺めつつ
ショウジョウバカマ

栗駒山山頂到着。
栗駒山山頂
すっかり雲の中で、展望はありませんでした。残念でありました。

山頂のお宮にご挨拶をして、おにぎり一個食べたら、下山であります。
展望の良さそうな東栗駒山で、ゆっくり展望朝食をと考えて、下りは東栗駒コースにしました。

が、コースの分岐がわかりません。

中央コースと東栗駒コースは山頂直下で合流するはずなんですが、
上ってきたとき分岐らしきものはありませんでした。
どうしようかなぁ・・・と下りて行ったら、ちょうど雲が取れ、東栗駒コースが見えました。
コース分岐
ちょうど分岐に残雪があって、わかりにくくなってました。
分岐の表示も倒れていて、見えづらくなっていて、気付かなかったようです。

ズルズル滑る残雪を気をつけながらゆっくり下りると、出会ったのは
ばっけ
ばっけ。
まだまだ春の山であります。

そのあと数人の登山者とご挨拶を交わしながらすれ違い、残雪を越えると
コザクラ
ヒナザクラと、ミツバオウレンがそちこちに見られました。

裏掛分岐
分岐のあたりにも咲いてますが、写真じゃ小さくてわかりませんね。
ちなみに裏掛コースは地震災害のため通行止めだそうです。
ここから稜線沿いのコースで、ちょっと先でようやくイワカガミに出会いました。
イワカガミ

展望は開けてるのですが、だんだん天候が崩れ気味で
一関方向
ずっと遠望効かず、おまけに時々強風。景色を楽しむ余裕がありませんでした。

東栗駒山に到着して
栗駒山と東栗駒山のコラボ
コラボの記念撮影を済ましたら、さっさと下ります。
予定ではゆっくり食事をするつもりでしたが、あまりにも風が強すぎました。

山頂を過ぎて稜線から、景色を見ながら下って
いわかがみ平方向

しばらく歩いて、平坦になったあたりで
絆の鐘
「絆」と書かれた鐘をならし、

下っていくと沢に出て、
沢を渡河する
前をみたらたくさんの登山者・・・ どうやら残雪でコースを見失ってた様子。
おいらが来たことで、歩き始めてました。

このあとのコースが悪路でした。
コースが沢に・・
コースが沢になっていて、登山靴じゃちょときつい。長靴が欲しいところでした。
おまけにところどころ泥で滑りやすくなっていて、下るときには辛いコースに思えました。
なにせ登る時は足場が見えるけど、下る時は足場が見えにくいものですから。

慎重に下りたんですが、
いわかがみ平から栗駒山方向
いわかがみ平に着いた時には、泥だらけ。
着替えしながら、ザックジャパンが2点取られるのを見てました。

この日のログ
栗駒ログ
歩行時間は3時間30分、正面コース栗駒山山頂まで約1時間15分、下り東栗駒コース2時間ほど。
歩行距離は7.5km。

←よければクリックお願いします。
  1. 2014/06/18(水) 21:57:35|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<ダイエット | ホーム | 寝不足で迎えた朝食>>

コメント

先月のGWに初めて登りましたが、今度は須川から登ってみたいです。

秣岳にも行きたいけど、時期はやはり秋か~~
  1. URL |
  2. 2014/06/19(木) 22:22:45 |
  3. bollard #-
  4. [ 編集]

おっ、三県またぎコース(勝手に命名)ですね。
おいらも歩きたいと思ってました。
去年、秋田側から登って、須川に下りて、
そのあとの舗装路は自転車という計画を立てましたが、
天候とスケジュールに恵まれず、紅葉の時期を逃してしまいました。
今年はどうしようかなぁ・・・(^^ゞ
  1. URL |
  2. 2014/06/20(金) 16:11:26 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1324-c8670376
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック