(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

剣長根をピーク伝いに・・・

この日の登山口はお稲荷さんでした。
稲荷神社
駐車スペースがないので、自転車移動であります。
登山道は階段の左の踏み跡なんですが、ほぼ消えていてはっきりしません。
とりあえず、斜面を左よりに上がって行きました。

上がったところにこの看板
盛岡温泉
下に見える廃墟のことだと思うんですが・・・

と、ここを過ぎて斜面を上がると廃道にぶつかります。
おいらはそこを横切ってそのまま斜面をあがりましたが、尾根に出たら道がありました。
廃道を南に進んで、そこから尾根に登るようになってるんでしょう。
尾根道(NHK)
昔あったNHK電波塔の作業道でしょう。案内票柱がありました。

エッサホイサと上がって、電波塔跡地。
電波塔跡地
一息ついて、宰郷山方向へ一旦下り、

登り返して宰郷山山頂到着。
宰郷山山頂

記念写真をパチリ
宰郷山登頂記念
ここから剣長根(つるぎながね)に沿って、大欠山まで行こうと、尾根を下ります。
目印にピンクテープと黄色い杭があったので、迷う心配はありませんでした。

が、鞍部付近で作業道に出会いびっくり。
この日の参考書『岩手の山150(阿部陽子著)」では、『宰郷山から下りると十字分岐に合う』とあり
「昔、温泉に行くのに利用した」とあって踏み跡ぐらいに想像してたんです。
そしたらこれがまた、剣長根のピークを巻くように作られていて、

ひーこら、ひーこら、ピークに向かって直登して、
右ピークに上がる

下りてくれば、グルリと巻いてきた作業道に出会う
作業道に出会う
この作業道を歩いていけば、はるかに楽なんですが、おいらは山歩きに来たんだとばかし、
半分意地になって、汗だくになりながら藪をこぎ、倒木を避けて、ピークに上がり、
ピークからの展望
木々の間からの展望を見て歩いたのでありました。

作業道があったのは96番鉄塔の手前まで。
葛根田地熱線96番鉄塔手前

鉄塔から展望を期待したのですが、この日は霞がかかっていて遠望がきかず
麓のあたり
せいぜい滝沢市大釜付近がやっとでした。

ここからはしっかりとした踏み跡の尾根道。
大欠山へ尾根道を歩く

快適に歩いて、大欠山へ到着。
大欠山山頂
蝶が舞う山頂で、↑この写真にもアゲハが飛んでるのが写ってます。
他にキタテか、なんとかヒョウモンとか、ルリタテハが飛んでました。
近くに留まってくれなかったので、撮影はちょっと無理でした。

記念写真を撮って
大欠山登頂記念
車のあるところに下るのですが、目印になるものがありません。
とにかく猿田橋方向にある尾根を下りましたが、途中からすっかり藪。
なんとか下りて、猿田橋の北にある耕作地の西側に出ました。
車到着
そこから地形を見ると耕作地の上からだと藪がなさそうでした。

この日の行動ログ
行動ログ
総行動距離、だいたい8.5km 総行動時間3時間20分ほど。
自転車が4.68kmほどを約30分(見物含む)、歩行は3.82kmを約2時間46分(休憩時間含む)であります。
←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/28(月) 22:30:24|
  2. 宰郷山・大欠山(剣長根)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<展望昼食 | ホーム | サイクリング?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1297-dc76c61e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック