(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

信仰の山でした

晴れ間を見て、登山できそうな山に行ってみましょうと車を走らせてました。
そこは山頂付近に展望台があるのを見ていて、あそこまでは楽に行けるはずと思ってました。
が・・・ 麓から全く除雪してなくて、雪も膝近くある。
登山口
目の前には、登山口というか展望台までの案内板が林の前に見えるものの、そこまで行くのも苦労しそう。

「さてはて、どうしようか?」と車の中で悩んでいたら、
ラジオから「元旦に山頂で神楽が奉納された」という内容の放送。
ん?と聞き入ると、「一戸町役場に集まって、一時間ほど歩き、モヤノヤマに登った」という。
ナビで確認すると一戸町役場の西側に「茂谷」と書いてある山がある。
これのことかと予定変更。
ちょっと行ってみることにしました。

役場の駐車場に一旦車を停めて、考えます。
おそらくここから歩いて行ったはずだから、山を目指して行けるような道があるはず。
と、ナビを拡大してみると、裏手から山へ伸びている道がある。
おそらくこれだと車で上がると、住宅地を抜けたところで除雪が終わり、
その先は子供たちのソリコースになってました。その先の果樹園で吹き溜まりがあり、車をそこに停車。
果樹園
そこからは、夏に登った二ツ森が見えました。

ナビでは、このさき九十九折の道の先で道が途切れてるはずでしたが、
登ってみると、立派な作業道に通じていて、そこには車が通った跡がしっかりと。
作業小屋向かいの道をいく
その道を横切って、右側に「馬頭観世音」が鎮座する細い参道に入り上がっていくと上の道路にでました。

そこにも車の通った跡があって、道路の向かいに立派な鳥居がありました。
松林山神社の鳥居
手前には車が2台ほど置けそうなスペースがありますから、ここに駐車できそうですが、
道路は作業道らしく、除雪がしてありません。雪のあるときは、一戸町役場に駐車することをお勧めします。

で、その参道は松林山神社という名前にふさわしく、松林の中を進んでいくようになってます。
どんどん登っていくとお地蔵さまがおりまして、
お地蔵様
ご挨拶をして、ちょっと進むと東側からの参道と一緒になって、そのまま山頂へ

茂谷の山山頂

山頂にはお社が北と西に一つづつ、権現様が北と南にあって、
松林山神社境内
信仰のお山となってることがわかります。

北のお社の後ろに、石碑?(雪が凍ってくっつき字が読めなかった)があって、
その後ろに山頂プレートがありました。
茂谷の山登頂記念

三角点に行くには、ピンクテープ通りに藪こぎして行かなければならないようで、
ピンクテープの目印あり
今回は諦めました。

それぞれのお社・権現様にお参りして、車まで戻りました。
航空写真
地形図・地図には載ってない作業道があったので、今回は航空写真で。
歩行距離は2.3km、時間は約50分ほどでした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/01/04(土) 15:24:16|
  2. 茂谷の山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<午年なのに・・・ | ホーム | 遠くに二ツ森>>

コメント

明けましておめでとうございます。
茂谷の山は10月に登ってきましたが、同じく三角点は藪漕ぎのため断念して来ました。
私は登山口を探すのに1時間近く付近をウロウロと(笑
  1. URL |
  2. 2014/01/06(月) 12:16:29 |
  3. racchi #-
  4. [ 編集]

racchiさん、あけましておめでとうございます。
実は「茂谷の山」は、ラジオを聞くまで知らなかった山で、
放送で子供からお年寄りまで登ったと聞いて、登山口がわかれば行けると思った山でした。
たまたま想像道理だったのですんなりと行けてラッキーでした。
実は三角点の存在も、登ってから知った次第で・・・

こんな行き当たりばったりですが、今年もよろしくお願いします。
  1. URL |
  2. 2014/01/06(月) 22:58:15 |
  3. バッカス #pxKePtJU
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://bacchus51.blog45.fc2.com/tb.php/1238-3c10bf41
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック