(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

問題

昨日は紫波町バドミントン大会に参加でした。
第35回紫波町バドミントン大会
久々に賞状を勝ち取りました。
なんといってもパートナーのおかげでしょう。

この大会の休憩時間に、みんなが頭を抱える難問が・・・・
[問題]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/30(月) 14:49:25|
  2. バドミントン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

本日は晴天・・・・

山歩きがしたかったんだけど、本日は空港近くの工場で出張仕事なり。
花巻空港
そろそろ早池峰山辺りに行こうと思ってたんですが・・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/28(土) 18:12:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

登山口までが一苦労

このところ毎年恒例にしてるのが、「干支に関係してる山に登る」でありまして、
今年は『』ってことで「岩手 猿 山 登山」で検索したら、出てきたのは猿壁山猿岩
地形図を確認すると猿壁山は中腹あたりまで林道があり、そこから尾根に取り付けば行けそうだと、
正月早々に目指したのですが、林道に入山禁止の立札だらけで、断念。
そこで猿岩に登ったのであります。

んで、記事を書くときに「さるどし」を変換したら「申年」と出たことで、そうだったこれもサルだと検索。
残念ながら岩手にの付く山はありませんでしたが、干支の山という記事に行き当たり、
その中に岩手の猴舞山(さろうまいやま)があるではありませんか。
」というのは中国で「」を表すものだそうで、猿舞山ということですね。

と、いうことで猴舞山を地形図で確認すると、山頂間近に林道が通っていました。
ところがそれが複雑で、途中破線で示されてる場所もあり、悩んだ末ナビに山頂から南東方向に
なだらかに伸びてる尾根の先にある三叉路付近にセットして出かけたのでありました。

ナビ通り進むと所々工事中の106号線を走り、茂市で左折して岩泉方向に進むと、
通行止めで迂回路にありで、結構時間がかかって車を運転して和井内へ。
さらに和井内から安庭山荘へ向かう道へ左折して、ちょっと進んでアニアの沢沿いの林道へ左折。
しばらく行くと分岐を左折する案内がありましたが、まったく分岐がありません。
どこだ?と思いながら進んで、通り過ぎたのに気がつきましたが、方向変換できるスペースがなくどんどん進みました。
林道の終点は大抵方向変換するくらいのスペースがあるので、そこでしようと思ってると
ナビ画面では道が無くなりましたが、林道はさらに続いて、行き着いたのが九十九折・・・・

方向を変えるほどのスペースがないので、進むしかありません。

覚悟を決めて、スイッチバックで通過であります。

さらに林道を上がっていくと落石が多く、崖ギリギリを通過するようになりヒヤヒヤもの。
そのうちナビ画面に猴舞山側から来ている林道が出てきて、繋がる事を祈りながら車を走らせました。
上にある林道に出てしまえば、どこかに通じてるはずだから、帰りはそっちの方と考えていたので、
無事に上の林道に合流して、若干道幅が広くなったときにはホッとしました。

そのホッとしたのも束の間で、行く手に立ちはだかったのが崩落現場。
崖崩れ
これにはガックリ。
しばらく悩んだ末、崩落を乗り越えて行くことにしました。
[登山口までが一苦労]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/22(日) 13:23:12|
  2. 猴舞山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

朝のお散歩

先週、滝沢市のバドミントン大会に参加するついでに、会場近くの鬼古里山へと登ろうと考えてました。
道路脇に踏み跡があるんですが、駐車スペースが鬼越溜池側にあり、冬は除雪で埋まり
それ以外はよく釣り人の車が駐車、なかなか停める機会がなくて登りそこねてる山であります。

朝早くならきっと空いてるに違いないと、大会前に出かけました。
踏み跡
ナビでみると山頂の間近の道路脇あるこの踏み跡が登山道だとずっと思っていて
先週は駐車スペースから道路をテクテク歩いて、ここから突入。
が、これはすぐ先の湧水への踏み跡で、山頂へ続く道はなし。
藪を突ききって行こうかと思いましたが、この日はジャージ。
泥だらけで大会に参加するわけにも行かず、あきらめて駐車スペースに戻ったら、
すぐ後ろにピンクの目印の踏み跡有り。
ここだったか。と登山口を見つけたものの、開会式の30分前で撤退・・・・

てなことがあったもので、やっぱりそのままでは自分に納得できず、
[朝のお散歩]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/22(日) 09:10:43|
  2. 燧堀山・鬼古里山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいらに問題あり!

この日目指したのは和賀三山の一つ『月山』である。
最初に和賀三山に上ろうと考えたのは東日本大震災があって一月ぐらいのときだった。
どうせ山歩きをするのならば、山頂に祠や御社ある山へ『復興祈願』をと思っていたのである。
和賀三山は出羽三山になぞられて、それぞれ山頂に祠や御社があり、
羽山(湯殿山)と羽黒山は無事に登頂して祈願を済ませたのですが、
向かい側の月山の登山口が当時ははっきりせず、調べてるうちに「震災で登山道が崩落していてあきらめた」
との記事があり、胡四王山・砥森山へ予定変更した経緯があります。
このことを熊本の震災で思い出し、行ってみようと思い立ったのでした。

月山の登山口は景勝園という温泉施設付近ということで、ナビに景勝園をセットして出発。
地形図を見ると林道があるから、その付近だろうと目星を付けていたんですが、
行ってみたら立派な標柱が林道入り口にありました。
林道入口
消えかかってる標柱の文字を「月山登山道」と読んで、てっきり案内板と勘違い。
おいらはこの林道の先に登山口があるものだと思い込んで、そのまま車で突入。
ちなみに写真は帰りに撮影。

林道に入ってすぐに駐車スペースがありましたが、その先も立派な林道が続いていて、
そのまま進んでしまいます。
さらに奥に駐車スペースがあって、ここが終点かな?どこに登山口が・・・と見渡すと
道がまだ続いているのに気が付きました。
もっと先かと突入したのはいいんですが、この道が林道というより作業道というような道で
ちょっと進んだら勾配が急な上に狭く、車を走らせるにはちょっとつらい。
やばい!と思いましたが、方向変換ができず、そのまま終点まで行ってしまいました。
林道終点?
ここから歩きと準備して、後ろにみえる踏み跡の先も作業道らしいと気づきました。

しばらく作業道歩きになるのかなと思ってると上の写真の奥に見えるカーブの先から下り始めていて
カーブのピークから上がる
登山道はそのピーク左手の土手に進むようになってました。

しっかりした登山道を歩いてすぐ横の木に「1km」の標識。
1kmの標識
あれ、あと1kmで山頂なの?と歩いていたら、次の標識は「1.5km」。
どうやら登山口からの距離だと気がつきました。
とすれば、設定されてる登山口は林道の入口。←帰りに標柱を確認した。
おいらは1km近く車で来てしまいました。

登山道は杉林との境目に作られていて、
登山道
踏み跡しっかり、ピンクの目印もあり、よく整備されていました。

一箇所崩落の跡があって、これが5年前の地震でできたものかと通り過ぎ、
杉林が見えなくなった辺に第二展望台の看板有り。
第二展望所
が、周りを見渡すも展望できず・・・

いや、それよりも第2ってことは、第1はどこ?と大きな疑問が出て、
気持ち良い登山道だったけど、展望できるとこはあったけ?
と思いながら、エッサホイサと上がっていくと、第3展望所。
第3展望所
ようやく展望が開けてました。

一休みして展望を楽しみ、さらに上がっていくと林の向こうにピークが見え始め
山頂が近いことがわかってきました。
もしかしてこのピークが山頂かと上がってると登山道はピークを巻いていて
直ぐに後ろのピークが見えてきました。

鞍部に出て見上げると
急傾斜
結構急傾斜。
ほぼ直登の登山道をヒィハァ言いながら上がっていくと、突然巻道・・・・

あれれと思ってると、ロープ付きの片斜面。
ロープ付き

抜けたところに第4展望所。
第4展望所
ちょうど羽黒山と仙人山の間を眺めてるのですが、奥に見える山々が同定できず・・・

展望所から山頂までは緩やかな道。
山頂までもう少し

山頂は刈払いがしてあって、
月山山頂
気持ちの良い山頂でした。

祠に、ご挨拶と復興祈願
祠

山頂から展望を楽しんで
山頂から展望を楽しむ

いつもの展望昼食をと思ったら、グズグズしてるうちに虫に囲まれてしまい撤退。
この日は西風、第4展望所は風が吹き抜けてるから、虫が少ないはずと
展望昼食
そこで展望昼食となりました。
案の定、囲まれることなくゆっくり食べることができました。

あとはのんびりと下って車まで・・・
車に戻る

この日のログ
歩行ログ
赤線が車で通ってしまった登山道部分。
確かこんな感じだったと推測含んでますので
正確ではありません。
駐車した場所からの歩行記録は往復5.6kmほど、
3時間ぐらいの行動時間でした。

この日、ポカポカ天気のいい陽気で、久しぶりに夏用の登山ズボンを
出してみたら、半年のあいだにキツキツ・・・
おまけに普段履いてるジーパンは洗濯中。
そんなわけで厚めのジーパンで出かけてしまい、
動きづらいやら、暑いやらでだいぶ苦労の山歩き。

ついでに普段してるメガネをどこに置いたか忘れ
(何故か冷蔵庫の上にあった)
度の軽いメガネで出かけたもので、いろいろ見落としあったみたい。
他の記事をみると鉱山跡とかあったようです。

そのほかに記念写真を撮ろうとして、タイマーをセットしたつもりが
まったく動かず・・・ 「???」と思ったら動画になってたというハプニングもあり、
月山自体は登山道も整備され、マイヅルソウやチゴユリを見かけながら、
木々の中を楽しんで歩けて、おいらの好きな展望も待っていた山でしたが、
おいら自身は問題続きの山行となってしまいました。
まずはズボンを履くためにダイエットしないと・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/16(月) 17:03:37|
  2. 羽黒山・羽山・月山(和賀三山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二兎追うものは一兎も得ず

朝早く、山に向かってGo-!!
岩手山
が、登山口だと思っていたところが全く違い、改めて探してるうちに時間切れ。
スゴスゴと車に戻ったら、駐車スペースの後ろに登山口。
登山口
バックで停めたんで、ピンクの目印に気づかなかった。
帰りにでもと思ってたら、駐車スペースが埋まってて車が停めれず撤収・・・(ノ_<)

この日の目的は・・・・ [二兎追うものは一兎も得ず]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/15(日) 19:02:25|
  2. バドミントン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

環境映像?

今日はこの景色を眺めてました。

今回は鳥の声もお楽しみください。
景色は良かったものの、自分に問題ありの山歩きの報告は後から・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/14(土) 16:15:24|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

健康診断

そろそろ健康診断の時期である。
おいらは来週中に行かねばならないのだが、去年もいろいろな数値がレッドサイン。
今年もどうせこうせ引っかかるのがわかってるので、わざわざ行くのは気が引ける。

薬は毎晩キチンと飲んでるのだが・・・・
[健康診断]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/13(金) 15:28:31|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ピンクに惑って苦戦する。

ゴールデンウィーク最終日、天気がいいので山歩きを考えたものの、
このところのバドミントンのせいなのか、右膝不調に加えて
左の股関節付近に違和感があって、距離を歩くのに不安がある。
そこで下見だけもと出かけた。

目指したのは紫波町と大迫の境にある大野山。
地形図を見てルートを考えると、紫波町側に山頂近くまで林道があって
そこから挑もうかと思いましたが、現在の林道状況がわからないので、
距離はちょっとあるけど、稜線にある折壁峠からのほうが良さそうと考えました。
折壁峠
行ってみて藪だらけだったら、諦めようと思ってたのですが、
うっすらと踏み跡ありの、目印のピンクテープありで、藪もそれほどなく
ルートがあった
これなら行けるんじゃ?と歩き始めました。

最初は、伐採のためのルートかと思っていたんですが、しばらく上がると新しい境界石があり
境界石
どうやらしばらく前に境界石を埋めるために付けられたものだとわかりました。

山頂が境になってるから、たどっていけば大丈夫と、
シラネアオイ
ムラサキ色だけどシラネアオイや、

二人だけど
ヒトリシズカ
ヒトリシズカとか、

道じゃないけど
リンドウ
リンドウとか・・・ (ハルリンドウかフデリンドウか判別つかず)
見ながらのんびり歩いてました。

しばらく歩いてピーク到着。
偽?ピーク

ちょっと手前に主三角点
主三角点
ここが山頂? とグルリと見渡すものの、山頂プレートは無し。

そのうち林の向こうにみえるピークの方が高く見えるし、あっちじゃないかと思えて
ちょっと下って登りかえして、なだらかな山頂に到着。
大野山頂上
やっぱりこっちか、どこが頂上?と歩いて、ピンクの目印で二等三角点「大野」に到着。

山頂プレートは北側にある木の上
大野山山頂プレート
登頂記念を撮って、一休みして戻ります。

山頂まできたようにピンクテープ目印を辿りながら下ってたんですが
目印
尾根沿いに上ったという頭がって、この地点をまっすぐ下ってしまいました。

ピンクの目印も所々にあるものだから、気にせず下って、
急傾斜になったところでルートが違うことに気がつきました。

尾根を間違ったかと登り返して、隣の違う尾根を下り、
今度は踏み跡があるものの、まったくピンクの目印が見えなくて
この尾根も違ったと見覚えのある所まで登り返し、
今度は周りをじっくり見ながら、どこかに戻る道のヒントはないかと上ったり下ったり・・・

そのうち上の写真の地点の先に境界を表すピンクの目印がなく、
あるのは伐採予定のピンクの目印なのに気づいて、付近を探して
山頂から下ってくると写真の右側にある笹原斜面に、境界を表してるピンクの目印発見。

一時間ほど迷って、無事折壁峠到着。
折壁峠
境界線と伐採の目印だらけで迷った一幕でした。

迷ったログ
GPSログ
折壁峠から山頂まで約1.2kmで40分ほどですが、
全歩行距離はおよそ4.2km、行動時間は2時間24分と意外と苦戦の山歩きでした。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/08(日) 19:28:10|
  2. 大野山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

結果

えっと、日曜と月曜に練習して、火曜日は一休み。
で、水曜に練習して、バドミントンの大会に出たんですが、
頑張って練習したわりに、結果は出せず・・・・ 
頑張らないバドミントン研究会
この研究会に入会したいと、本気で思うおいらであります。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/05/05(木) 19:23:12|
  2. バドミントン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック