(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

展望抜群

思いがけず大展望。
展望
岩手山・秋田駒・和賀岳・女神山付近まで一望できるのではなかろうか。
まさかこんなに展望が広がってるとは。

さらに上がった山頂からは、
展望2
目の前には薬師岳。
奥には鶏頭山から、早池峰・剣ヶ峰が見えた。
と、大展望に興奮してたんですが、写真と地形図を眺めてたら、同定に間違いを発見。
改めて訂正を・・・
手前の山は、白森山。
その左後ろは鶏頭山から早池峰・剣ヶ峰まで、右後ろにちょこんと見えてるのが薬師岳かと。

まだ勉強不足であります。 ↑3月28日訂正!

この山への山行報告は、写真を整理してから。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/27(日) 14:33:24|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

春を探しに

今年は雪解けが早く、春もそろそろ・・・と思ったおいら、
山にも花が咲いているのではと様子を見に出かけました。
目的地は万寿山。
例年なら4月の半ばあたりに見に行ってるから、半月以上早いんですが、
山には雪が見えないしと期待がありました。

が、この日は春先にしてはちょっと寒く、立ち寄ったコンビニ脇にあった花壇のクロッカスは蕾のまま。
そしたら「このまま行っても、山の花も蕾だろう。それじゃ、向かいの台羽山に登ってから
のんびり行って展望昼食も楽しんで・・・」と思いつきます。
と、いうことでまずは麓の羽山神社にお参り。
羽山神社

登山口・・・ いや、奥宮への参道入口は拝殿の右手にあります。
参道入口
少し登ると作業道に出て、エッサカホイ。

作業道は山頂のNHK中継所のために作られていて、
4合目
途中には参道の名残でしょうか、四合目の標柱がありました。

山頂の奥宮には30分ほどで到着。
羽山神社奥宮
お参りを済ましたものの、日が差してるわりに気温が上がってなくて、どうしようか悩みます。
と、けむけむさんの情報を思い出しました。
去年、あらさんという方が、万寿山から六郎山を経て台羽山までグルリと回ったといいます。
それならこのままそのコースをいっちゃおうと、台羽山の山頂から西に向かって歩き始めました。

[春を探しに]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/21(月) 18:17:07|
  2. 台羽山・万寿山・六郎山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:11

やったぁ!

釜石高校、甲子園で初勝利!
初勝利
21世紀枠同士の対戦で、おいらはベストを尽くす試合であって欲しい、どっちも頑張れ!と見てましたが、
やっぱり岩手代表の釜石が先制したときには、思わずガッツポーズ。
9回表、小豆島に1点返されたときは、ああっ・・・ とハラハラ。
そのまま試合終了で、やったぁ!!

釜石高校のみなさん、おめでとうございます。
次も勝利期待してます。

←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/21(月) 11:06:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花を探して万寿山

今年は雪がもう溶けてるし、会社の前のクロッカスは咲き始めてるし、
山の方も花が咲き始めてるんでは・・・ と花の山で有名な万寿山へ行ってみた。

いつもと違う登山口から登ったら、3時間たっても到着せず、
展望昼食
展望見ながら食べるはずだった昼食は林の中で・・・

結局、4時間半ほどかかって万寿山登頂。
万寿山山頂

花は下山道で気が早いミスミソウが一輪・二輪。
ミスミソウ

セリバオウレンは結構咲いてました。
セリバオウレン

山頂からこの日の登山口までは40分程。
なぜ、登るのに時間がかかったのかは、後ほど山行記録に書きます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/20(日) 17:36:34|
  2. 展望昼食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雨の日

三連休、初日の今日は雨。
ってことで、体育館で過ごす。
盛岡体育館
応援だけなので気楽でありました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/19(土) 18:35:43|
  2. バドミントン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪があると思ってた。

3月12日、あの日の翌日も同じようにキリリと冷えた朝だった。
ボイラーを使ってた家は停電でボイラーのヒーターが入らず凍ってしまい、
壊れたしまったところが多数あった。
停電の時はボイラーの水抜きがかかせないんだな。(震災で覚えた豆知識)
と、いうことを思い出しながら、震災以来疎遠になったお客さんのところに出かけた。
震災の後、しばらくガソリンが手に入らず、部品の調達もうまくいかなくて
離れた場所にいるお客さんのところにはなかなか行けなくなった。
お客さんの近隣の部品の在庫がある大きな同業者に頼んでいたようで、
あの時「絆」という言葉が大きく話題になったけど、お客さんとの「絆」はその時切れたまま。
うちの会社は結構たくさん切れてしまった。
そんなお客さんから、仕事の連絡があって出かけたのだが、
30年ぐらい前に製造された機械で、おまけに10年以上外に放置状態。
とりあえず草むらから引っ張り出してみたものの、その場ではどうにもならず
会社に運ぶ手配をしたところでこの日の仕事は終了。
これで会社の絆の復興になれば・・・・

という会社事情は置いといて、
砥森山へ連休に登ろうと帰りに山の下見を考えていたんですが、
思っていたより山の周りに雪が少ない。
もしかして駐車スペースがあって、登れるかもとコンビニで昼食を仕入れ行ってみた。
[雪があると思ってた。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/13(日) 16:09:25|
  2. 砥森山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

下見のつもりで、

登山口まで行けるかどうか下見のつもりでしたが、すんなりここまで来てしまいました。
登山口
登らない理由はまったくないもんで、

久々の展望昼食。
早池峰山見ながら
すんなり上れて、コンビニで買ったお茶が「あったかいんだから~♪」でした。
5年ぶりに登って復興の願掛けをしたこの山行報告は、また今度。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/12(土) 17:56:35|
  2. 展望昼食
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

五年たちました。

東日本大震災から五年経ちました。
広田
被災地では、建物が建ち始めてきて、道路では工事車両が行きかい、道路も付け替えされていたりで
復興が始まってるんだなと思えるようになりました。
それでもまだ多くの仮設住宅があり、所々には津波の被害がそのままのものもあり、見かけるたびに心が痛みます。
それはあの日の夜、真っ暗な中ラジオに耳を傾け、津波が来たこと、火災が起こったことを知りましたが
自分の想像をはるかに超えた災害だったことを、停電後についたテレビで目の当たりにし、
何か手助けをせねばと思ったのに、内陸では物流が途絶え、物も食料も燃料もほとんど手に入らず、
被災地に何も出来ないもどかしい思いをしいて、ようやく物流が良くなって、燃料もが手に入る頃には
仕事や生活に追われ、手を差し伸べれなかったのが心に傷となって残ってるんです。
被災にあった方々が、仮設住宅ではなく自分の家に住んで、地域が元のような賑わいをとりもどせば
おいらの心も癒えるのに、5年も経つにまだまだ先に思えます。

津波の被害の無かった内陸でも、物流が途絶えてしまったことで、経済的損失は大きいものでした。
酪農家は搾乳しても出荷できず、泣く泣く牛乳を捨てていたし、農家では農作業の遅れが収穫に響き、
その上、出荷しても風評被害で売れなかったと聞きます。
いろんな生産工場でも、原材料はあるもののパックなどの梱包品が足りず、生産制限をしていました。
うちの会社でも、部品の供給がなかなか元に戻らず、仕事量が激減。
自転車操業だったから、一旦止まるとその影響は大で、蓄えを切り崩しながらの操業でした。
ようやくなんとかめどがたってきたら、今度はアベノミクスである。
震災の影響からなんとか立ち上がったら、物価の値上がり・消費税アップとで地域経済ががた落ち。
アホノミクスと陰口たたかれてもあたりまえ。
去年はいくらか盛り返したと思っていたら、会社は微妙にまだ赤字・・・
控除のための書類をだしたら、使う必要が無いと戻ってきた。
こちらはそろそろ耐え忍ぶのも疲れてきた頃です。

どっかの総理がテレビで堂々と「30回ほど被災地を巡り・・・」と復興の後押ししてるような発言をしてましたが、
聴こえてくるのは「国は何もしてくれないから自分たちが頑張るしかない」との声。
被災地は建築資材の高騰や人手不足の問題など山積みで、思ったようにお店や家が建てられない。
5年も経つとそれぞれの生活の基盤は、避難場所にすっかり出来ていて、
町が復興してきても人が帰ってくるのかわからない。
今はまだ復興工事をしている人がいるおかげで、町の商売は成り立ってるけど、
工事が終われば町から人がいなくなってしまうのでは?という声も聞こえます。
そんな状態で肝心の経済政策のアベノミクスとやらは、どこにいったのかこちらには来ず、
『地方創生』といいながら、発展するのは経済圏ばかりで、ますます格差が広がっていくばかり・・・
被災地ばかりでなく、地方はいったいどうなると不安だらけであります。

昨日、今後5年間の復興基本方針を政府が発表したけれど、「いまさら」という気持ちになった。
「今年を東北観光復興元年にする」とか、17年度までに災害公営住宅や高台移転計画の9割を実現するとか
述べられてるけど、力を入れるのが遅すぎると思うのだ。
手放しで喜ぶわけにもいかず、もしや選挙のための政策ではと勘ぐられても仕方が無いのではなかろうか。

と、おいらの憤りは一旦胸のうちにしまい、
今日はあの日と同じ金曜日、天気も同じような時々雪の舞う空。
あの時と同じように一週間分の事務仕事をしながら、
14時46分、ラジオから流れるサイレンの音とともに黙祷をささげました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/11(金) 15:47:16|
  2. 復興
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

5年を前に、

埼玉の中学校の卒業祝いの学校給食が、3月11日で「震災のあった日にお祝いなんて非常識」と
言われてることがYahooニュースで知った。
おそらくそんなことをいうのは、被災にあっていない人達だと思う。
おいらがいうのもおくがましいが、あの時一生懸命、日常を取り戻そうとしてた。
嬉しいことはみんなで祝いたかった。それが励みだった。
震災があったことはみんな覚えてくれればいい。
これからのためにお祝いしてあげればいいじゃないか。

埼玉県吉川町の中学校卒業生のみなさん!
卒業おめでとうございます。


岩手からもお祝いの声を送ります。
←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/10(木) 21:05:16|
  2. 災害
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

携帯電話

今週は携帯電話がブログネタ。
新携帯
新しい携帯がきて、仕事関係の電話番号はなんとか入れたものの、プライベート関係はまったくない。
あれこれ考えて、昔の携帯を探してデータを引っ越せばと思いつく。
昨日、昔の携帯をようやく見つけて、データを引っ越した。
調べてみると2011年12月が最後のデータである。
それ以降、知り合った人のはない。
連絡が来るのを待つのみだ。

携帯を変えたことによって、暇つぶしにやってたゲームもなくなってしまった。
サイトにアクセスしたら対応以外の機種だったのにはガックリ。
おまけに便利に使ってた機能もないことが判明。
代替えの携帯が前の携帯より発売が新しいものだったから、
もっといろいろ機能が付いているかと思い込んでいたのが間違いだった。
電話なのに、おいらはそれ以外の機能で便利に使っていたのですな。

前のと同機種があるのかと探したら、ネットで見つけたけど、思ってたより高い値段。
いっそのこと最新のアンドロイド携帯かスマホに買い換えるかと、悩み中。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/03/06(日) 10:38:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック