(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

凹む・・・

まもなく3月というのに、今季初めて除雪機初出動。
除雪機初出場
朝早く会社の前を除雪して、

ちょいと借用して自宅も除雪
玄関
んで、帰り道に大失敗。
歩道で石か何かを噛み込んでしまったようで、ブレード回すギヤを破損。
全く除雪できなくなってしまった。

メガネに携帯に除雪機・・・・ 凹んでます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/28(日) 12:28:24|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

メガネ修理に行ったのですが、

一番使ってるメガネを壊して、修理にと出かけた。
が、フレームが壊れてるし、レンズもないしで、新品とほぼ変わらない修理費用。
サブでかけてる安いメガネが二つ買えるなと悩んでるうちに、別の重大問題が発覚!
[メガネ修理に行ったのですが、]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/28(日) 11:58:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

何度目だ?

メガネ
月曜日起きたら、メガネがこんな状態に・・・・

カメラに、おそらくブログのネタにと撮ったであろう、
自転車
自転車のハンドルからライトがなくなってる写真が残っていて、
転んだか何かだと思うのだが、それにしては服は汚れてないし、怪我も無いのだ。
ブログ用のネタ写真があるのに、なにがどうしたのかわからず、
メガネのレンズと記憶も無くしたおいらがいるのである。
[何度目だ?]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/23(火) 14:49:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

気になる山に登ってみた。

先週のこと、仕事移動で花巻の大森山の東側を走り
(国道456号線・添市橋の南側を東に入り、道なりに走ると東和に抜ける道)
その道を途中で右折して細い道を抜けて、県道286号線出たのだが、
その右折で対向車が過ぎるのを待つ間、左手に見える山の上に赤いものチラリと見えた気がした。
気がしたというのは、なにか聞こえた感じがして左側を見たら、林の中に赤いものが目に入った。、
が、前の車のストップランプが消えたから、進むのかと前に目を移し、
まだ行かないなと、もう一度さっきの赤いのなんだ?と見たら全然見当たらなかったからだ。
気のせいかと思っていたのだが、帰ってから地形図を見ると、山の上に鳥居のマーク。
おまけに三角点のマークもついている。
そうか、見えたのは屋根か鳥居の色かと納得。
三角点があるから、もしかしたら点名に『なんとか山』ってあるかもと調べてみたら
これが点名も何等三角点かも分からない。

地形図見ると単独峰のこの山、なんだか気になります。
山頂に神社があるし、そこまで伸びる道も地形図にあるし
簡単に行けるはずと出かけたのであります。

この前と同じ道を走りながら、山の方を眺めるのですが、
いくら眺めても山頂に赤いものは見えません。
不思議に思いながら車を走らせていきました。
[気になる山に登ってみた。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/20(土) 17:48:40|
  2. 無名峰
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

寄り道登山

2月の第二土曜日は休日出勤の出張作業。
その会社に出かけたら、機械は現場にあるという。
先に走る車についていくと、国道456号線から花巻市の清掃センターの裏を通り、
大森山の東側を抜けてJR釜石線の脇にある県道286号線に出た。
あとで地図で確認するとショートカットする感じになる。
こういうルートがあるんだなと感心したのはいいのだが、
案内する車についてきたので、帰りにどこで曲がればいいのかわからなくなる。
なにせ仕事移動なので、会社の車。ナビが付いてないのである。
そこで、大森山の東側を行く道はわからないけど、西側は田んぼのあぜ道があり
そこに出れば清掃センター前の道に出るはずと
JR小山田駅を過ぎて、大森山方向へ右折してみた。
[寄り道登山]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/14(日) 12:35:22|
  2. 大森山(花巻)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ココロオドレバ

昨日は『味園ユニバース』という映画を見ていた。
おいら好みの二階堂ふみが出演してたので、WOWOWで放送してたのを録画してたのだ。
録画していたのを忘れるくらいあまり興味のない映画でしたが、
主演の渋谷すばるが歌が上手いのにびっくり。
調べてみると関ジャニ∞のメンバーだったのにさらにびっくり。
ついでに出演してるバンドの赤犬も実在してて、びっくりポンでございました。
と『味園ユニバース』の予告編。

その劇中歌、ココロオドレバの歌詞、
「何にもないところで 転んだ♪ 泥だらけで濡れて帰った♪」と歌ってるのを聞いた翌日、
つまり今日、「地を蹴って♪ 手を振って♪ ほら心踊ればぁ~♪」と行くはずが・・・
[ココロオドレバ]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/13(土) 14:46:51|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

この時期です。

青空広がる休日ですが、
青空
山歩きしてる場合ではございません。
なにせこの時期ですから・・・・

[この時期です。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/11(木) 15:05:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪でトラブル!?

山歩きを終えたあとは温泉で岩手山を眺めるかと国際交流村の「焼走りの湯」に行こうと考えてました。
あそこは浴室から岩手山が見えるんです。
が、
冬季閉鎖
「道の駅西根」のあたりからの近道が冬季閉鎖中。

グルリと大回りせねばと、しばらく車を走らせたら、下のほうからカスッとかゴトッとか異音がする。
車を停めて覗き込んだんですが、何かを巻き込んだ様子はなし。
気のせいか?と走り出したら今度はハンドルがぶれる。
なんだパンクか?と車を停めてグルリとみたけれど、空気が抜けてる様子は無い。
これはどこか足回りが壊れたかと下回りを覗き込んでみたけどよくわからない。
恐る恐る走らせるが、やっぱりハンドルが振れる。
これは異常事態と、温泉を諦めて家にと引き返すことにした。

ところがだんだんと振れが大きくなってきて、これは何かが壊れたに違いないと
一本木の免許センターの駐車場に車を停めてみたら、エンジンルームからうっすらと湯気。
エンジンルームを覗き込んだら、エンジンの下に大量の雪。

どうやらバックしたときエンジンのアンダーカバーで雪を掻き込んでしまったらしい。
それが走った熱で溶けて、山歩きの間に固まって、
エンジンルームの中で動き回ったのが異音の原因と分かりました。

もしやハンドルが触れるのも雪が原因?と、ホイルの内側に付いてる雪も取って走ったらいっぺんに問題解決。
ともかく車が壊れたわけじゃないことに一安心。
やっぱり除雪してない道はトラブルの元。
気をつけましょうと覚書。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/11(木) 11:08:55|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0

岩手森

「岩手森」がこのへんだと登ったピークが全くの勘違いでガックリ。
温泉に入って疲れを癒すか・・・と、車を走らせていたら、道端に案内板発見!!
岩手森・案内板
まったくの想定外でした。

ここがそうかと道端に車を停めて登ってみる。
岩手森山頂
意外と急登で、喘ぎながら一気に山頂へ。
麓の案内板によると山頂の岩には手形があり、これが岩手の由来とあって、探してみたけど見つかりませんでした。

登頂記念
登頂記念
この山頂プレートは三角点があるところでよく見かけますが、ここには三角点はありません。

山頂プレートの近くに有るのは
実は境界石
八幡平市と盛岡市玉山区の境界石でありました。

さて、この『岩手森』、簡単に登れる山ですから、どこだろう?と探索するのが楽しみかと・・・
案内板にナンバーが付いてましたから、なにかしらの観光パンフに載ってるのかもです。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/09(火) 19:51:58|
  2. 岩手森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

民話の続きは鞍掛山

岩手山に送仙山が首を切り落とされたんですが、その首は一体どこに。

そもそもこの民話は盛岡市玉山地区に伝えられた民話であります。
【岩手山と姫神山にまつわる伝説】
岩手山は妻であった姫神山が嫌になり追い出す際に、送り役をオクリセンという家来に申し付けた。
翌朝目を覚ますと目の前に姫神山がそびえているので、岩手山は非常に怒りオクリセンの首を打ち落とした。
送瀬山(送仙山)の頭がかけているのはそのせいで、岩手山の右裾にある瘤はその時打ち落とした首である。

岩手県立図書館のレファレンスからの抜粋
太字の部分に注目して、玉山区から見て「岩手山の右裾にある瘤」がどこかであります。
で、この写真である。
鞍掛山が首?
岩手山から玉山区つまり姫神山方向を見たときに右にある瘤、つまり鞍掛山が送仙山の首ということらしいです。
実際、姫神ホール・渋民公民館で『送仙山と鞍掛山』という歴史講座が行われ、
「岩手三山という伝説があります。その伝説に、岩手山の家来として、送仙山が登場します。
伝説のなかでは、もともと送仙山(玉山区・岩手町・八幡平市)は鞍掛山(滝沢市)と1つだったという事です。」
と紹介されていました。

と、いうことがわかったのは、送仙山から帰ってきてからでありました。
今度は送仙山の首から上の鞍掛山に登らねばと、思う次第であります。

さてはて、上の写真は、
[民話の続きは鞍掛山]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/02/08(月) 21:08:24|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック