(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

ウン?!

9月最終の土曜日のこと、天気はよくて、予報でもにわか雨の心配がないという天候で
絶好の山歩き日和でした。
しかし、この日のおいらは、ずっと前に発注したものがようやく出来上がり、
それが届けられるので家から出られないという状況。
恨めしく窓から見える岩手山を眺めていたのでありました。

ところが、配送の都合で、午前中に受け取るはずが午後となりそうだと連絡あり。
そこで午後から行く予定だった、近所の床屋にぶらりと出かけ、世間話をしながら、のんびりと散髪。
なにやらゴルフ場に務める息子が、しょっちゅうキノコを取ってくるそうで、毎日食べてるとか・・・
今年は大豊作で、取ってもすぐ生えてくるだそうだ。

そんな話を耳にして帰宅したら、不在票がポストに入ってて、
あわてて業者に連絡して、無事荷物の受取完了。
床屋に行ってる間、携帯をマナーモードにしてて、業者からの連絡に気がつきませんでした。

てなわけで、午前中に、この日の用事が済んでしまったおいら。
何年か前に、黒森山でキノコをたくさん収穫したことを思い出し、車を走らせました。
万寿抗口前の駐車場に車を停めてほぼ12時に歩き始めて、
虫壁林道入口
登山道の虫壁林道へと進みます。

おいらの頭の中では収穫物がたくさんある予定でしたが、
すでに先行者の方々が収穫に励んだようで、すれ違う方々の荷物がふくれてるのがわかり、
予定が崩れていくのがわかります。
しまった、出遅れた・・・・ と思いながら、ガロの滝上部の分岐から、深沢(みさわ)コースへと進みます。
深沢コース分岐
沢沿いを進んで、左の尾根に上がり、前回ショウゲンジというキノコが取れた付近を探索。
取られたしまったものか、まだ時期ではないのか、まったく見当たらず、
かわりにたくさんあったのは栗。

これがまた栗も豊作なようで、そこらじゅうに落ちていたのですが、
山栗
残念ながら粒の小さいのがほとんどで、なるべく大きいのを収穫。
そんなことをしながら2時間ほどで山頂到着。

展望を楽しんで、
黒森山展望

健康に気をつけた昼食を食べ、
展望昼食

記念写真を撮って、
登頂記念

展望昼食楽しんだし、収穫もあったし、
峠コースを下れば、もしかすると、違った収穫もできるかも。
と、このあたりまでは、山歩きを楽しんでいたんですが・・・・
[ウン?!]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/30(火) 21:37:20|
  2. 朝島山・鬼ヶ瀬山・黒森山(乙部三山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

晴れた日は・・・

過ごすのは、やっぱり室内。
紫波オープン
一日過ごす・・・ 
結果残せてよかった。

が、体にはダメージ大。
今週の仕事はキツくなりそう。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/28(日) 20:17:21|
  2. バドミントン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おいらの年代は気をつけないと・・・

いろいろ気をつけることが多くなった年代・・・
展望昼食
特保に頼り気味。
このあと『ウン』が付いてしまったことは、おいらの気分次第での報告。

最近の山歩き、雨が降らなきゃ、トラブルあり。
まともな山歩き報告したいものです。・゜・(ノД`)・゜・
←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/27(土) 20:43:36|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スカイフェスタ2014

花巻空港開港50周年記念であります。
スカイフェスタはよく見にいくのですが、これだけの人が見に来たのは初めてでしょう。
花巻交流会館前
なにしろ臨時駐車場を開くのを待ってた車の列が6時頃にはできていたそうだ。
そんなこととはつゆらず、着いたときにはすでに多くのお客さんが場所取りしてました。

航空機や化学消防車の展示がありましたが、
展示

この日のメインはブルーインパルスの展示飛行。
ブルーインパルス
薄曇りだったのが、残念無念。

ということで、なんとか取れた映像。


やっぱり、目の前を通過すると迫力あります。

演技を見るのは二度目ですが、やっぱり凄い!!

と、15分の演技を楽しんだら、一斉に大移動が始まりました。
大移動
シャトルバス乗り場にも長い列。このあと、周辺は大渋滞でした。
おいらは作戦を練っていたので、すんなりと帰宅できました。

おまけですが、スカイフェスタでのアクロバット飛行。
[スカイフェスタ2014]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/23(火) 20:43:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

真夜中のドライブ

山歩きをしたら、真夜中のドライブが待ってました。

事の起こりは、山に登ったあと、公園の東屋で展望を楽しんで
二戸市展望地
脇のトイレで汚れた服を、スッポンポンで着替えました。
いつもならシャツを着替えるくらいなのですが、この日は藪こぎでズボンもドロドロ、
幸いなことに、最初に行こうとしてた山付近には温泉地があって、帰りは温泉三昧するつもりで、
一式着替えを用意してあったんです。
この時は、着替えがあってラッキーと思ってました。

着替えてすっきりしたところで、帰りはどこかで夕飯をと、走り出した数分後、
雨降り
雨が降り出し始めます。
山歩きのスケジュールを入れると雨が降るのがおいらの恒例行事ですが、
これまた山歩きのあとで、ラッキーと思ってました。
が、今思えば、これが運気の雲行きが怪しくなった前兆かと・・・

雨が降る中、どこかで食事と走ってたわけですが、時間帯が悪かったらしく、
道筋の食べ処は、ほぼ満車状態。
道の駅にはレストランがあるはずと寄ってみると、営業終了。
この日、昼食も取らずに山歩きしてたもので、かなり腹をすかしてたおいら、
「ついてないな、コンビニで弁当買って車で食べるのも味気ないし、どこかないかな?」
と思いついたのが、イオンのフードコート。
雨上がりの駐車場に滑り込んで、ここなら何かあるでしょと、車を停めたら、速攻でフードコートへ。

何にするか迷った挙句、ラーメンを食す。
ごまらーめん
汗を拭き吹き、ガッツリいただきました。

で、十分満足して駐車場に戻ってきたわけですが、
食べてる間に真っ暗になっていて、広い駐車場のどこに車を停めたか、まったくわからず。
イオン
確かあの辺・・・ と、ウロウロしながら、探すものの見つからない。
「もしや、盗まれた?」と思い始めた頃、マイクロバスの影で無事発見。
20分ぐらい探してました。
これからはどこに停めたか、確認してから。と心に誓ったおいらであります。

そこからは順調に家にたどり着いたのはよかったのですが・・・・
[真夜中のドライブ]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/23(火) 17:21:08|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

気になっていた山へ

前回来た時は山頂までの道が分からず、鳥越山観音堂奥宮にお参りしただけの鳥越山
鳥越山
帰ってきて、撮ってきた写真を眺めていたら、参道から西に伸びる踏み跡が
斜面をグルリと回り込んでいるように思えた。
ほかの角度から撮った写真もみると、やっぱり一旦下がったあと、ゆるやかに登ってるように見える。
これは山頂に続く道に違いないと判断したのであります。

この日のスタート地点はここ。
旧参道入口

えっさほいさと九折の参道を上がっていくと途中にあるのは『弁慶石』
弁慶石
調べてみたら弁慶の手形があるという伝説があるらしい。

そこからちょっと上がって、新しい参道に合流して、
参道合流
いよいよおいらの考えてた登山道・・・
が、踏み跡みたいなのが少しあって、そのあとは光と地形の角度で、道に見えるだけで、
実際はまったくありませんでした。
この事実にガックリ・・・ 

と、ある場所で地形と藪の様子を眺めていたら、東側斜面の藪が薄く、尾根まで行けそうに見えました。
せっかくだから、ここを突破して尾根からと決意して挑みます。
しかし、そんなに甘いもんではなく、藪が薄そうに見えた斜面は、
古い笹薮が倒れ込んだ斜面で、滑りやすく不安定。
おまけにだんだん傾斜がきつくなり、かなり慎重にすすんで尾根に見えた所にたどり着く。
そこが尾根
しかし、尾根はさらに回り込んだ上。

急斜面をひぃこら言いながら、尾根まで上がると東方向から続く踏み跡がありました。
それを辿って山頂に登頂。
鳥越山山頂
思っていた西側からの踏み跡は皆無でした。

登頂記念を撮影して、
登頂記念
東側への踏み跡辿ります。

痩せ尾根を下って、どこに出るかを確かめたかったのですが、しばらく下ったらすぐ下方に、
広場か、畑か、はたまた道かに見える場所がみえて、これは藪を突っ切った方が、
てっとり早いとばかり、急傾斜を下ります。
これが失敗の素でした。

下ってみると見えた空間の手前が藪が厚く、突破するのはかなり困難。
歩けるところをグルリと迂回して、出たところが新参道の駐車場でした。
あとは車までトコトコ下って、無事生還。(笑)

ログを取りましたが、登山道ではないところを歩いてますので割愛。
ちなみに歩行距離は約2km、1時間ほどの山歩きでした。

それで、登山道はどの辺からと、東に車を走らせると、鳥越観音に来る手前の
T字路付近に上にあがる道があり、さらに尾根沿いに鉄塔もありましたから、この近辺からかと推測。

さらに東に車を走らせたら、公園らしきところがありました。
そこから、二戸市街地を展望。
二戸市街地展望

そんで、横にあったトイレで汗や藪歩きで汚れた服・パンツ・ズボンを着替えたんですが、
このことが夜中まで走り回ることになろうとは、思いもよらず・・・・

次回に続きます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/22(月) 22:58:17|
  2. 鳥越山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

奥の嵐山

岩手町のバイパスを北から走ってくると、展望台のある山が目に入る。
展望台
展望台があるなら道がある。
冬時期の里山歩きにと考えて、「岩手町 展望台」で調べてみたら、
子抱山という山で、紅葉の時期になると京都の嵐山に似てることから、奥の嵐山と言われてることが
岩手町のホームページに書いてあった。
駐車場は「総合運動公園の駐車場を使用のこと」とあったので、入口もその近くだろうと考えて、
行ってみたのが、今年の正月のこと。
が、この時は大雪のあとで、積雪がたっぷり。どこが入口なのかもわからず撤退。

そんなわけで気になっていた山ですが、仕事で岩手町に来た時に
東北自然歩道の道標が、北上川の西側・子抱山の下を通る道にあることに気がついた。
調べてみると子抱山を通って、沼宮内稲荷神社までの全長8.9kmの自然歩道だと知りました。

この日、登ろうとしていた山に雲がまとわりついているのを見て、予定変更で向かいました。
そんなわけでここから。
子抱山登山口
高橋建設の作業所を横切って入った、北側の登山口をスタート。
入口は藪化してましたが、少し上がると踏み跡しっかり。

7分ほど登って、分岐にぶつかり、そこから北側に3分で展望台。
展望台

展望を楽しんで
岩手町展望
子抱山山頂を目指します。

南に伸びる道を10分かからずに山頂到着。
子抱山山頂
林の中の山頂でした。

登頂記念を撮って
登頂記念
東南方向に下る道へと進みます。

んで、収穫
栗
手ぶらで行ったのが失敗でした。
ポケットいっぱいになったところで、終了。
持って歩こう、ポリ袋(笑)

と、どんどん下って
南側登山口
山頂から23分かかって、南側登山口に到着。

あとはのんびりと林道を歩いて
駐車
車に到着。

子抱山ログ
歩行距離3kmぐらい、およそ1時間(収穫時間含む)の山歩きでした。

このあと、もう一つ気になる山へ・・・ 続く
←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/22(月) 14:19:21|
  2. 子抱山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いしがきミュージックフェスティバル2014

いしがきミュージックフェスティバル
石垣
その名の通り、盛岡城跡公園の周りは音楽が溢れ出してました。

そして、
[いしがきミュージックフェスティバル2014]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/21(日) 17:24:07|
  2. 盛岡の行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

長い一日

昨日は天気が良かったものの、狙ってた山の山頂は雲が絡みついたまま。
どうせなら展望がいいときに登りたい。
4号線
う~んと悩んで、違う山に変更。

で、やっぱり恒例の雨降り
雨降り
いやまあ、山歩きのあとだったのが救い。

このあと、トラブル続いて・・・ まぁ自分が悪いのだけど、
夜景
0時過ぎに満点の星空を眺めながら、『長い一日だったな』、と思ってました。

今日はゆっくり過ごす長い一日でありますように
そう思いながら、これ書いてます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/21(日) 10:16:00|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

通過点

そろそろだと思ってましたが、ほぼ忘れてました。
今日、給油の時、もうすぐだって気がつきました。
300000
キリがいいから、どこかに出かけた時と思ってたけど、帰宅途中でした。

まだ通過点、まだまだ距離を伸ばしていきます。
って、買い換える余裕がないだけですが・・・ (^^ゞ ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/19(金) 20:53:48|
  2. | トラックバック:0
  3. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック