(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

剣長根をピーク伝いに・・・

この日の登山口はお稲荷さんでした。
稲荷神社
駐車スペースがないので、自転車移動であります。
登山道は階段の左の踏み跡なんですが、ほぼ消えていてはっきりしません。
とりあえず、斜面を左よりに上がって行きました。

上がったところにこの看板
盛岡温泉
下に見える廃墟のことだと思うんですが・・・

と、ここを過ぎて斜面を上がると廃道にぶつかります。
おいらはそこを横切ってそのまま斜面をあがりましたが、尾根に出たら道がありました。
廃道を南に進んで、そこから尾根に登るようになってるんでしょう。
尾根道(NHK)
昔あったNHK電波塔の作業道でしょう。案内票柱がありました。

エッサホイサと上がって、電波塔跡地。
電波塔跡地
一息ついて、宰郷山方向へ一旦下り、

登り返して宰郷山山頂到着。
宰郷山山頂

記念写真をパチリ
宰郷山登頂記念
ここから剣長根(つるぎながね)に沿って、大欠山まで行こうと、尾根を下ります。
目印にピンクテープと黄色い杭があったので、迷う心配はありませんでした。

が、鞍部付近で作業道に出会いびっくり。
この日の参考書『岩手の山150(阿部陽子著)」では、『宰郷山から下りると十字分岐に合う』とあり
「昔、温泉に行くのに利用した」とあって踏み跡ぐらいに想像してたんです。
そしたらこれがまた、剣長根のピークを巻くように作られていて、

ひーこら、ひーこら、ピークに向かって直登して、
右ピークに上がる

下りてくれば、グルリと巻いてきた作業道に出会う
作業道に出会う
この作業道を歩いていけば、はるかに楽なんですが、おいらは山歩きに来たんだとばかし、
半分意地になって、汗だくになりながら藪をこぎ、倒木を避けて、ピークに上がり、
ピークからの展望
木々の間からの展望を見て歩いたのでありました。

作業道があったのは96番鉄塔の手前まで。
葛根田地熱線96番鉄塔手前

鉄塔から展望を期待したのですが、この日は霞がかかっていて遠望がきかず
麓のあたり
せいぜい滝沢市大釜付近がやっとでした。

ここからはしっかりとした踏み跡の尾根道。
大欠山へ尾根道を歩く

快適に歩いて、大欠山へ到着。
大欠山山頂
蝶が舞う山頂で、↑この写真にもアゲハが飛んでるのが写ってます。
他にキタテか、なんとかヒョウモンとか、ルリタテハが飛んでました。
近くに留まってくれなかったので、撮影はちょっと無理でした。

記念写真を撮って
大欠山登頂記念
車のあるところに下るのですが、目印になるものがありません。
とにかく猿田橋方向にある尾根を下りましたが、途中からすっかり藪。
なんとか下りて、猿田橋の北にある耕作地の西側に出ました。
車到着
そこから地形を見ると耕作地の上からだと藪がなさそうでした。

この日の行動ログ
行動ログ
総行動距離、だいたい8.5km 総行動時間3時間20分ほど。
自転車が4.68kmほどを約30分(見物含む)、歩行は3.82kmを約2時間46分(休憩時間含む)であります。
←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/28(月) 22:30:24|
  2. 宰郷山・大欠山(剣長根)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

サイクリング?

橋のたもとに車を置いて
猿田橋たもと


桜を見ながら走って
桜

目的地は神社でしたが
鹿妻神社
ここではありません。

ここも違いました。
神社

ようやく目的地
稲荷神社
上猪去の稲荷神社。

お参りを済ました2時間46分後、
猿田橋へ出る
笹薮を掻き分けて、ようやく車に戻れました。

この詳細は、またあとから・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/27(日) 15:51:18|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

一週間かかりました。

石ヶ森から大森周回。
大森山頂
向かいに見える石ヶ森から、ここ大森に来るのに一週間がかりでした。

いやぁ、まいったまいった。(笑)
[一週間かかりました。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/26(土) 19:16:52|
  2. 石ヶ森・大森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

撤退・・・いや、偵察記録

この日、目指していたのは石ヶ森。
ずっと気になってたことがありましたが、なかなか登るチャンスがなく
この日ようやっと行くことができました。

登山口になってる「ヒバ展示林駐車場」車を置いてガッチャマンコースを歩きます。
ガッチャマン
ガッチャマンはこの赤松の愛称。

平蔵沢展望台で滝沢市を眺めて、
平蔵沢展望台

途中の岩場を左に巻いて通過。
岩場
直登もできますが、左を巻いた方が楽です。
 
そんで、大展望の山頂到着。
石ヶ森山頂
と、ここまでは順調でした。

ここからが大問題!
[撤退・・・いや、偵察記録]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/23(水) 19:43:16|
  2. 石ヶ森・大森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

メガネ紛失


昨日の夜はメガネをかけて、お出かけ。
がむしゃら
この時はしてたんです。←記憶あり

そんで、この時も多分・・・
王様
かけてたと思う。←記憶が定かではない

で、夜の街を自転車で帰り
夜の街
下ノ橋ですっ転び、メガネがないのに気がつきました。

転んだ時、周りを探したものの見当たらず、もしやどこかに忘れたまま来ちゃったかと思いましたが
外した記憶がありません。
転んだ時にどこかに吹っ飛ばした可能性大。

やはり自転車の酔っ払い運転はいかんですのぉ。(^^ゞ

←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/20(日) 18:15:37|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

綺麗に見えました

岩手山が綺麗に見えました。
頂上
ここは石ヶ森の頂上。
しばらくぶりに登ったら、こんなに展望が良くなっていたとは・・・

と、しばしの感動のあと、ルートファインディングに失敗し、目的地につけず、涙の撤退。
いつかリベンジをと誓ったのでありました。

この報告はあとから書きます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/19(土) 16:44:39|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

梅にウグイス

家の梅が満開である。
そんでウグイスの声もすぐそばで聞こえる。

よし!これはことわざにある『梅にウグイス』のコラボレーションを撮影できるチャンス!
と、狙っていて、ようやく撮れたのがこれ!
梅にうぐいす
一瞬、咲き始めた白梅に留まったきりで、この2・3日、声が聞こえるたびに、
そっとのぞいてるのだが、そばに来るものの梅の木には留まらない。

「ウグイスって梅に留まるもんじゃないの?」と調べてみると、
ウグイスは元来、藪の中を好む鳥で、梅の木に留まることはほとんどなく、
よく梅の木に留まってるのは、花の蜜を吸いに来てるメジロだそうだ。
「梅とウグイス」と絵に描かれてるのも、メジロが描かれてることが多いらしい。

『梅にウグイス』の諺は、初春のおとづれを告げる梅と春告鳥のウグイスという
日本人の『春』イメージを表しているものだということだそうです。

そんなわけで『梅にウグイス(鳴き声)』をお楽しみください。
←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/18(金) 20:11:39|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひぃひぃ・・・

昨日は、女の子に「もう少し」とか「頑張って」と言われながら、

おいらは「ひぃひぃ・ひぃひぃ」と喘いでました。

テクニックも体力も不足であります。

満足させられなくて申し訳ない。m(_ _)m

[ひぃひぃ・・・]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/14(月) 10:24:06|
  2. バドミントン
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

クジラ

おいらの子供の頃、鯨は給食に出るほど定番の食料でした。

それがいつの頃からからか、なかなか食べれない物になり、

この間のニュースでは、一部の調査捕鯨も禁止されたそうで、

なかなか口に入らなくなってきそうです。

そんなことを思い浮かべながら、買い物してたら、鯨の缶詰が目に入ってしまい・・・
鯨づくし
晩酌は、こんな感じに。

そしたらやっぱり、全身で鯨を味わいたくて、
[クジラ]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/12(土) 20:39:43|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

街歩き

今日は「町家のひな祭り」
町家のひな祭り
あちこち見ながら、ぶらぶら歩く。
まずは鉈屋町界隈を見て歩き、明治橋を渡って仙北町へ。

今年から仙北町では「森とひなまつり」が行われていて、
おいらの目的は改築された「徳清倉庫」
徳清倉庫

いざ、パンフ片手に突入。
パンフレット

目指すはあそこ
徳清倉庫3階
徳清倉庫の三階。
ずっと気になっていたのだ。
あそこからだと北上川と岩手山のコラボレーションが見渡せるはずと・・・

が、微妙におしかった。
3階からの展望
電柱と案内板がちょっと左にずれていれば・・・・
でも、建てた当時の展望を想像すると羨ましいかぎりでありました。

ってことで、以下『徳清倉庫』の写真を羅列。
入口 徳清倉庫1
居間 徳清倉庫2
徳清倉庫・中庭 中庭
昔の建物って光の取り入れ方が見事で、足元には必ず光が届くようになってます。

と、建造物を堪能して、
ハーブティ
ハーブティも堪能。

歴史ある人形も堪能。
雛人形 五月人形
また一つ、盛岡の歴史に触れることができました。

鉈屋町のひな祭りに戻ってきたら、
記念パレード・音頭上げ
木遣り唄とともに記念パレードが行われ、音頭上げも披露されてました。

年々、盛大になってきました。
←よければクリックお願いします。
  1. 2014/04/12(土) 20:09:28|
  2. 盛岡の行事
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック