(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

研修会

資料
今日は仕事の研修会であった。
研修といっても、業界の情報交換が主体である。
ですが今回は、震災、津波の災害の影響の話、災害を受けた同業者を支えるようにして行こう
ということが語られた。

そしてこれから業務内容も少しづつ変化していくみたい。
零細会社のうちはなんとかついていけるかな?
そんなことが頭をよぎった研修でした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/29(木) 22:02:12|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いしがきミュージックフェスティバル

城下町に音楽があふれだす
そのテーマで行われる「いしがきミュージックフェスティバル
盛岡市内に10ステージが設けられてあちこちから音楽が流れ出しています。
ジャンルは様々、口笛・合唱・民謡・太鼓・さんさ踊り・・・音楽に関するものもの全て。
全ステージ無料のこのイベント、街中に人も溢れ出していました。

アズマヤステージ

教育会館前ステージ

グッドラックステージ

ドコモステージ

カワトクステージ

おいら的には清心(きよみ)さんがよかったので、ちょっと動画をアップ。[広告] VPS
『もりおか物語』の一部です。

今年は復興支援の意味もあって、沿岸でも行われました。
音楽の力で人に元気を、そして繋がりを、盛岡から発信できますように。
←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/25(日) 18:02:24|
  2. 盛岡のお祭り
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

岩手山見えました

室根山からの帰り、ナビで最短ルートをセットしたら、種山ヶ原のそばを通るルートだった。
種山ヶ原といえば物見山。
時間はたっぷりあるしと寄り道であります。

種山ヶ原イベント広場の前を通りすぎると雨量観測所が見えてきます。
あそこだろうと進むと、雨量観測所は進入禁止。
手前で左に曲がるとすぐに「物見山」の案内板がありました。

曲がってすぐの広場に車を停めて散策開始。
山頂に向かって上がっていくと、すぐ上でちょっとした広場がありました。
ここまで車でこれそうです。
そこからはしっかりとした遊歩道がありました。
遊歩道入口

少し行くと四阿があり。
四阿
一休みするほど歩いてないので、そのまま通過。

ちょっと行くと下からの登山道と合流して、大きな岩頸の前。
岩頚
種山ヶ原を作品にしてる宮沢賢治はこういう岩頸が好きだったようです。
物見山のシンボル的存在ですね。

まもなくピークにケルンが積んであるのが見えて、あそこが頂上だとよいこらしょ。
が、頂上はその向こう、騙されました。
偽ピーク
奥の白い案内板が見えてるのが頂上でした。

ちょっと下って、登って頂上到着。
物見山頂上

ここから江刺方面の街並みが見えるんですが、ちょうど逆光。
種山ヶ原イベント広場
ちょいとばかし見えづらい。

グルリと眺めると岩手山。
岩手山

せっかくなので記念写真は岩手山を入れてパチリ。
記念写真
さて、どこにあるでしょう。見つけるのは困難かも・・・

北側に早池峰山、雨量観測所の影に五葉山、南に室根山を確認して、頂上を下ります。
物見山と名が付いているだけに、展望はかなりいいお山でした。

駐車したところは810mほどのところ。頂上は870m。
40分ほどの散策で、歩行距離は1.8kmでした。

散策記録は航空写真で。
物見山

この日は山歩きではないと言い張りながら、展望を楽しみました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/25(日) 16:42:56|
  2. 物見山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

山頂散歩

 矢越山に登山 じゃなかった、羽山神社に参拝してると向かいの室根山がクッキリ見える。
室根山
山頂には『きらら天文台』や電波塔があるので、車で行けます。
そこの展望台で景色を眺めたことはあるけど、頂上まで行ったことがない。
ここまで来たら、やはり行っておかないと。

車で山頂まで上がって、きらら天文台から展望を眺めます。
きらら天文台

さっき登った矢越山方面
矢越山
写真だと逆光で見づらいんですが、かなりの大展望。

楽しんだあとは山頂にむかいます。
テクテク歩いて頂上間近、記念撮影用のバッカスマスコットを忘れたのに気づきます。
一旦戻って仕切り直して頂上へ。

頂上は広場になっていました。
頂上広場

さっそく登頂記念写真
登頂記念写真


ここからは太平洋が一望。
太平洋側

気仙沼の街並みもはっきり見えました。
気仙沼の街並み
港のあたりに残ってるのは大きなビルだけのようです。 ↑クリックで拡大できます
津波の力がわかりますね。

山頂にある同定板を見ながら岩手山を探しますが、
同定板
ちょうど雲がかかっていて見えず、早池峰山は存在感たっぷりでしたが、山頂は雲で隠れたままでした。

展望を楽しんで車に引き返します。
ちょっとした山頂散歩でした。
あくまでも散歩です、山歩き自粛中ですから・・・(~_~;)

その散歩記録
駐車場は標高870m付近、300mぐらい歩いて、895mの頂上へ。
ウロウロ歩いて1.6km歩いて40分ほどの散歩でした。

お散歩ログ、今回は写真で。
室根山


帰りに、 [山頂散歩]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/25(日) 14:30:53|
  2. 室根山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神社参拝

連休二日目、いい天気です。
連休中は家で本を読みながらゆったり過ごすつもりで、『十二の贈り物』を買ってきた。
12の贈り物
その『十二の贈り物』とは
岩手県在住作家たちが復興支援のために自選した作品集。
読んでいると知った地名やお店の名前が出ていて、頭に情景が浮かんだりしました。
高橋克彦さんの「愛の記憶」は上田界隈が舞台。
子供の頃よく行った模型店の名前が出てて、あそこかぁなんて思ったり・・・
ちなみに今でもちゃんとあります。


ですが、やはり家でゴロゴロしてるしてるのにはもったいない。
なにせ今まで雨続きでしたから。
そんなものだから、ぶらりとドライブに出かけました。

足の調子が悪いおいらのこと、早く治りますようにと神頼みせねば、と目に付けてた神社に立ち寄ります。
神社案内板
ここには矢越神社と羽山神社がありました。

駐車場に車を停めて、杉木立の参道を上がって
矢越神社参道

矢越神社に参拝
矢越神社
二拝ニ拍手一拝で、足が良くなりますようにと願い事。

左側に羽山神社に向かう道あり。
杉木立のなか上がっていくと、こんな案内板がありました。
鬼岩と八人ばらし
帰る時に行ってみましょうとそのまま神社に向かいます。

刈払された道を上がっていくと
葉山神社への道

羽山神社の鳥居に出ました。
羽山神社の鳥居
ここからは両側にツツジが植えられてありました。
トンネル状になっていて、くぐり抜けるように参道を歩きます。

やがて大きな岩が見えてきて、左側から回り込むと羽山神社到着。
羽山神社
さっそく拝礼をして、周りの景色を楽しみます。

内陸側展望
西側展望

海側展望
東側展望

この景色を眺めながら、お昼を食べて、もう一度拝礼、今度は気仙沼の復興をお願いします。
ここからは気仙沼の街並みが見えるものですから・・・

参拝記念撮影をして・・・
参拝記念
参道を戻ります。

帰る前に『八人ばらし』を見学に行きます。
『八人ばらし』とは数人が雨宿りできる大岩のこと。
最初、ここかと思って行ったら、雨宿りできるような岩は無し。
変だなぁ。と思って足元をみたら『鬼岩』の看板が落ちてました。
立てかけて写真をパチリ。
鬼岩

周りを見渡してもそれらしきものは無し。
ちょっと戻って『八人ばらし』の看板が指してる方向へと進むと奥にありました。
八人ばらし
確かに雨宿りできるような空間がありました。

ここへ行くには橋を渡るようになってますが、バラバラになって落ちてました。
水が或わけでもないので、そのまま谷を横切っても大丈夫なんですが、
鬼岩の方へ迂回するのが無難でしょう。

矢越神社横の案内板には・・・・
案内板
頂上まで25分とありました。

え、山歩き自粛中じゃないの?って。
いや、これは山歩きじゃなくて、あくまで神社参拝であります。
たまたま神社が山頂にあっただけで。←確信犯(^^ゞ

てことで、参拝記録。
矢越神社の駐車場は340m付近、羽山神社は519mのところ。
歩行距離は1.5km、1時間ちょっとの参拝時間でした。

矢越神社・羽山神社があるのは一関の矢越山。
今回は国土地理院の地形図で・・・
矢越山地形図

ここへは県道18号線を走ると、立派な案内板が出ています。
案内板
この案内にしたがっていけば、たどり着けます。
この青地に白文字の案内板、山頂でよく見かける山頂プレートによく似てます。
もしや、製作者が同じなのでは・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/25(日) 09:55:51|
  2. 矢越山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

ウルトラマン、回る

[広告] VPS
缶コーヒー『BOSS』のオマケであります。

回っていたのは↓これ
ウルトラマン
磁石でくっついてるので、鉄板でもいいかと思ったら、平面はダメみたい。
スチール缶専用ですね。

他にもウルトラマンシリーズコレクション
ウルトラマンシリーズ
とりあえず自分の思い出が多いものだけ購入。

ウルトラマンを回してくれた娘に、「このジェットビートルは・・・」なんて話をしたら、
キョトンとして、「ウルトラマンはこれに乗ってるんですか?」と聞かれた。
う~ん、年代の違いを切々と感じる。(~_~;)
←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/24(土) 20:07:59|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

水、たまる

連休の初日、秋分の日であります。

窓の外を眺めると台風が過ぎ去ったあとの青空が広がってます。
窓の外
山歩きには、いい感じだなぁ。なんて眺めてましたが、水が溜まってました。

道路だったら、長靴とか履けばいいじゃん。と思ったでしょ。

たまったのは場所はおいらの膝。

原因は、敬老の日にあった大会で、
紫波大会
お尻を触りにいって、気づかれて膝を蹴っ飛ばされた・・・・ 

のではなく、ちょっと頑張りすぎたからですな。

あ、敬老の日だけに、膝に溜まったのは『年寄りの冷や水』だったりして。(笑)

今のところ、歩くことは出来るのですが、曲げづらくなってます。

と、言うわけで調子が良くなるまで山歩き自粛中! ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/23(金) 16:19:55|
  2. 健康
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

芋の子カレー

連休の中日、天気が悪くて暇だったので、芋の子汁を作った。

芋の子汁はやっぱり大きな鍋で作らないと美味しくないよね。

てなわけで、大鍋一つにたっぷりと作りました。


でも、さすがに食べきれないわけで・・・・

思いついたのが、ケンミンショーで紹介されてた山形の芋煮カレー

あっちは、牛肉に醤油味ですが、おいらのは鳥肉に味噌味。

さっそく作ってお昼は芋の子汁に芋の子カレー
芋の子カレー
どうなるかとやってみたら、これが意外といける。
っていうか、おいらが普通に作るカレーより美味かった。

うーむ、新しいレパートリー発見! ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/18(日) 17:18:18|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

晴れた日に、また登りたい山

歩行距離の短い山を探していて、目についたのが堺ノ神岳
ガイドブックによると4.5kmほど、これなら足に負担はないでしょう。
地形図を見ると近くの害鷹森も登れるみたい。
そんなこと考えていたけれど、連休は台風の影響で天候が悪いようです。
そこで、天候が崩れる前に登っちゃおうと企てる。

8時半頃、目的地の堺ノ神岳の登山口をナビにセットして、106号線を一路東へ・・・
茂市から340号線に左折して、ガイドブックにある通り、安庭山荘の案内に沿って左折。
途中から和井内牧場方面に右折するのだけど、これが藪が道に張り出していて、
あまり誰も通っていない雰囲気。
地図を確認すると、このまま行っても行けるから、荒れた道より舗装路で遠回りとそのまま進みます。
でも、考えが甘かった。
舗装路は安庭山荘で終わってて、あとは林道でした。
安庭山荘
安庭(あてい)山荘は金鶏山鉱泉から源泉を引いていると案内板にあって、強アルカリ鉱泉でお肌ツルツルとか。

林道を、対向車がありませんようにと走って、夏屋からの道とぶつかって
峠に差し掛かったら、この分岐。
害鷹森登山口
ガスで見えませんが、ナビでは正面に害鷹森の表示あり。
この辺が登山口のはずと降りてみたら、柵のところにピンクのリボン、そして踏み跡が続いてます。
ここが害鷹森の登山口ですね。

さっそくトコトコ登っていきます。
登山道
尾根沿いの道で、足元にはウメバチソウが咲いてました。

何箇所か柵を避けてあがり、開けた場所に出たなぁと思ってるとすぐに山頂。
害鷹森山頂
熊さんが三角点の表示をガシガシした跡が真新しいのですが、もしやまだそのへんに?

消えかけてる山頂プレートで、記念写真を撮って・・・
登頂記念
引き返します。

展望はよさそうなんですが、この日はガスでまったく見えず残念。
登山口は1215mほどのところ、山頂は1304.4m。
登って下って35分ぐらいの山歩き。歩行距離は1.3km。

GPSログ
害鷹森ログ
↑クリックで拡大

適度に汗をかいたまま、車に乗り込んで、堺ノ神岳を目指します。
ガイドブックにある分岐まで来て、ここからは歩くことになってますが、堺ノ神岳に向かう道に
車の通った跡がクッキリ。
もう少し先まで行けるのではと車で入り込みます。

700mぐらいのところに左側に落石あり。スピード出してくると注意ですね。
落石
草で見えにくくなってましたから。

1kmほど入ったところに駐車スペースがありましたが、もう少し先まで行けそうだとそのまま通過。
これが失敗でした。その先は道が荒れてました。
バックして戻るには、道が細いしと、無理やり進んでようやく方向変換できる場所まで進んで車を停めます。

気が付けば山頂の目の前まで来てしまっていました。
堺ノ神岳山頂部

さっそくトコトコ歩き出して、しばらく行くと分岐に、この案内版。
←頂上・明神平→
来た方向が『明神平』となってますから車を停めたあたりが、そう呼ばれてるのかもしれません。
ここから左に分岐があるんですが、そちらは『冷水経由大川へ』となっていて水場があるんでしょう。
おいらはまっすぐ山頂へトコトコ。

すぐに鳥居が見えてきて、くぐっていきます。
鳥居
 
鳥居からは傾斜が急になってますが、階段状に石が積んでありました。
石の階段
おいらの短い足でも大丈夫なぐらいの段差で、楽に上がれました。
ありがたいことですね。

すぐに岩峰の山頂に到着。
まずは山頂直下にある祠にお参り。
堺ノ神岳・祠
ここでも復興とおいらの復調を祈願して、ぺこりとおじぎをしたら、足元に七福神の奉納酒。
だいぶ年季が入ってました。

よっこいしょと山頂に上がって・・・
山頂
周りを見渡します。展望は360度。ここまでグルリと見渡せる山は滅多にありません。
ガスっていて遠望がきかないのが残念です。
今度は晴れた時に来たいものだなぁと、オニギリをほおばりながら、景色を楽しみます。
昼食
ゆったりとした時間をすごしたましたが、風が強くなって雲の流れがはやくなってきました。

天候が崩れる前にと、記念写真を撮って下ります。
登頂記念

トコトコ下って車まで。
バッカス号

車を停めたところが標高1200mぐらいの地点、頂上は1319m。
歩行距離は1.1kmで、歩行時間33分、休憩時間21分の山歩きでした。

GPSログ
堺ノ神岳

この日の山歩きは合計しても2時間ほど。
でもアプローチは長かった。
行きは茂市経由で2時間半。帰りは夏屋経由で2時間かかりました。
それでも、晴れた日にまた行きたい山になりました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/18(日) 15:29:44|
  2. 害鷹森・上松森・堺ノ神岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

神頼みついでの山歩き

宮古に黒森山があるのは、トドヶ崎を歩いた時にほっつぎあるきさん聞いていました。
黒森神社があるのも、その時知りました。
震災から半年、ようやく沿岸に様子を見に行くと決めたとき、それを思い出してお参りしようと思ってたんです。

宮古駅前からお魚センター方向に曲がって、そのまま道なり上がって行くと、
黒森神社への道標がありました。
それにしたがって右折して、鳥居をくぐって道なりに進むとこの分岐。
参道
事前に地図を調べて、「黒森ふれあい館」の前を通って山頂近くまで行き、山歩きを済ませたら
黒森神社に下りて、参拝していくという計画でしたが、右折して「黒森ふれあい館」の前を通過したら
車止めで行けず、戻って黒森神社に上がろうとしたら、車両通行止の注意書き。
そのまま進んで何かあってもいけませんから、この手前にバッカス号を置いて、歩いていきます。

さすがに古くからの『いわれ』があるものがたくさん。
それを見ながらトコトコ上がっていって、黒森神社。
黒森神社
さっそく復興とおいらの復調を祈願します。
それにしても立派な木がたくさんあるなぁ。と見て回ってると説明文あり。
説明文
↑クリックで拡大
黒森山はモミの木の北限で、境内にある杉は1000年ぐらいとのこと。
山中にある御祖母杉・御祖父杉は6000〜7000年前だそうです。
写真に撮ってみましたが、帰ってから見ると比べるものが無いと、その大きさが分からず・・・
興味のある人は見に行ってください。m(_ _)m

さて、黒森山の登山ですが、思ってもいないところに登山口がありました。
境内の東側に水場があるなぁと思ってトコトコ歩いていったら、その脇に黒森山登山道の案内板。
登山道の案内板
これをみると、山頂近くまで車で上がれると思っていたんですが、車止めで閉鎖されてました。

トコトコと御祖母杉をみながら上がっていって、林道に一旦出て、終点から尾根沿いに山頂へ。
ピークに三角点が見えたので、山頂に着いたとパチリ。
偽ピーク
よく見たら『山頂まで160m』の表示あり。偽ピークだったかとガックリ。

鞍部にさがってピークに上がるとほんとの山頂。
黒森山山頂
ここで重大な失敗に気づきます。
ザックを背負って来なかったんで、記念撮影用のバッカスマスコットがありません。
とりあえず、山頂プレート撮影。
黒森山山頂プレート
う〜ん、カメラに付ける位のバッカスマスコットがあれば、忘れないんだけど・・・
と、なにげに新作品を期待してみたりして。(~_~;)

帰りは傾斜の少ない林道歩き。
展望地があるはずなんだけど、通り過ぎてからそのことに気づく。

スタート地点は標高110mぐらいのところ。黒森山山頂は310.6m地点。
上り、参拝も入れて35分ほど、下りは林道経由で32分ぐらいでした。
歩行距離は3.4kmでした。

GPSログ
黒森山・宮古
↑クリックで拡大
←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/16(金) 20:03:28|
  2. 黒森山(宮古)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック