(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

気になる本

きのこさんのブログに「山登りねこ、ミケ」という本が紹介されてた。
山登りねこ、ミケ
気になったので、散策ついでに本屋を物色するものの、どこにもなくてネットで注文。
届くのが楽しみである。

それにしても、60座以上の山頂に登ったと言う事は、おいらの大先輩にあたりますな。
おいらも負けずに山登りせねば。(笑)
そういえば、三毛猫は雄が少ない種類です。その点でも珍しいネコさんですね。
一度お会いしたいものです。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/29(木) 15:21:13|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雨の日は市内散策

今日は雨模様の天気。こんな日は家で・・・と思っていたが、
「盛岡城趾公園で『もりおか環境緑化祭り』をしてるから、来て見て」と
女の子に誘われたので、トコトコと散策に出かける。
なにせ、おいらは女の子の誘いには弱いのだ。

まずは、大慈寺小学校の横を通って、桜の様子を見る。
まだ5分咲きってところかな。GW中には満開になるようだ。

千手院のシキザクラはどうかと思って覗いてみると、花はありませんでした。
代わりに梅が綺麗でした。
千手院

そこから肴町商店街へ行く。春祭りでワゴンがアーケード内に出ていて結構な賑わい。
おいらは本を求めて、書店にGO!
肴町アーケード
が、探してる本は、店員にパソで調べてもらいましたがありませんでした。残念!

と、商店街を出ると、サイレンの音が鳴り響きます。おわっ、何事?!と行ってみます。
消防演習
慌てる事はありませんでした。今日は消防演習の日。中津川河川敷きで行われてました。
せっかくなので見学。
ヒーローショーも行われていました。
ヒーローショー
しっかり悪者をやっつけてました。(笑)

行進や、歴史ある「まとい」の演舞、そしてやっぱり見所は高所救助訓練ですね。
高所救助訓練
はしご車のハシゴがあんなに伸びるとは知らなかった。(^_^;)

綱渡り
スルスルとロープを渡るのは見事でありました。

最後まで見たかったのですが、雨が降り始め、目の前の人達の傘で見えず、途中で退散。

雨の降りがかなり強かったので、緑化祭りを見る前に、大通りの書店まで。
ここでも目当ての本はなく、取り寄せますか?と聞かれたけど、取り寄せるならネットの方が・・・と
考えて、お断りしました。

それから戻って、盛岡城跡公園。桜の様子を見ながらぐるりと歩く。
桜の様子
やはりまだまだ満開とはいかず、花見の宴も全くなし。
マンサクと梅の花が花盛りでした。
雨の梅林

さて、緑化まつりはと・・・
緑化まつり
結構賑わってました。

まずは仕事ぶりを見学。ちゃんと仕事してました。(笑)
仕事ぶり
ちょっと配慮して小さな写真で・・・

一番人気は「カレッジ・オブ・ビジネス」のブース。
バルーンアートで子供達がワイワイ。
カレッジ オブ ビジネス

ハンギングバスケットの展示を見て・・・
花の展示

花の苗や苗木などの販売ブースを見て歩く、なんとなくこの花に引きつけられる。(笑)
ボケの花
見るのはいいけど、育てる気はないので鑑賞だけ。

どっちかというと「花より団子」のおいらはこっちに興味が・・・(*^^*ゞ
出店
ぐるりと廻ってお腹が空いてきたところで、家に向かう。

中津川の河川敷きで、消防演習の後始末が行われているのを横目で見ながら帰宅する。

今日はイベントを楽しんだ日でした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/29(木) 15:00:22|
  2. 散策
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ネイチャー(自然)よりも・・・・

八方山で撮った花で、名前がわからなかったものがあった。
あちこちのブログを見て、セリバオウレンだとわかった。
セリバオウレン
それにしても、花の写真は難しい。
風があると、ピントを合わせるのもさることながら、
普通に撮れば、露出が葉とか周りに合って、花が上手く写らない。
(写真用語では飛んでしまう。と言います)
光の加減を工夫して撮ればいいのだが、つい忘れてしまう。
でも、図鑑じゃないから、勘弁してください。
おいらは昔から「ネイチャー(自然)フォト」が苦手なのだ。
やっぱり、ネイチャーよりネイチャン向きなのね、おいら。(^_^;)\(・_・) オイオイ



と、昔の写真を引っ張り出して思い出に浸る。(笑)


[ネイチャー(自然)よりも・・・・]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/27(火) 21:35:08|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

女のシアワセは“山”にある!?

今朝、仕事前にNHKを見ていたら、「あさイチ」という番組で
「女のシアワセは“山”にある!?」というテーマのコーナーがあった。
「山ガール」「登山女子」とか話がでてて、気にはなったが仕事の準備があるので、見られなかった。

で、ネットで調べてみたら、登山すると小顔になるとか姿勢が良くなるとかの効果があるそうだ。
気になる人は『ここを』クリックしてあさイチの記事にGo!

ここを読んでる女子のみなさん、山歩き始めてみましょう!d(^-^)ネ!


それから大事なのは・・・
[女のシアワセは“山”にある!?]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/26(月) 22:25:43|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

天気の合間に・・・ 朝島山

今日は晴れたら赤林山に登ろうと考えていた。
洗濯をしながら山を眺めると、山頂に雲がかかってる。
どうしようかしばらく悩んで、10時頃また眺めてみると、今度はすっかり見えない。
風もあるから、山は荒れてるのかもと、今日は「足休め」と決め込んだ。

先週録画した「まぼろしの邪馬台国」を見て、2時過ぎに買い物に出たら、青空が出ていて、風も止んでる。
んじゃ、少し山歩きをと思ったおいら。赤林山のお隣、南昌山を目指しました。
五合目から登れば、1時間もかからないで登れるからだ。

が・・・・

五合目までの道は、まだ冬の通行止めでした。五月九日に開通ですと。

と言う事で、麓の幣懸(ぬさかけ)の滝を見物。
幣懸の滝
アベック  じゃなかった、カップルが語らっていたので、邪魔しないように見物。(笑)
 (↑表現が古いと指摘あり。いいんだもん、どうせ昭和の人間だもの。とすねながら訂正)

周りにはキクザキイチゲ。
キクザキイチゲ・白 キクザキイチゲ・青

そして、カタクリも咲き誇ってました。
カタクリ

ちょっと花を楽しんでの帰り道、向かいの朝島山が目に入る。
そうだ、朝島山なら今からでも大丈夫だ。
と、車を走らせます。

登山口に着いたのは15時過ぎ、ちょうど単独行の方と入り口ですれ違いました。
そうだよな、この時間から登る人はいないよな。と思いながら準備をして、登山道を上ります。
朝島山の登山道はほぼ直登で、急坂が続きます。
昨日の疲れがあるのか、足が止まりそうになった頃、下りてくる単独行の方がありました。
さすがにここは見栄を張りました。
平気なふりしてご挨拶して通り過ぎ、ちょっと上で温度調節で上着を脱ぎながら、一息つく。(笑)
そこからペースを落としてゆっくり登頂。

西側、紫波三山を望む。
紫波三山
街並みが逆光で輝いて綺麗でした。

東側、大ヶ生と早池峰山
大ヶ生方面
まるで箱庭を眺めてるようでした。

バッカスマグのお茶(今日はほうじ茶)を飲みながら、まったり眺める。
十分楽しんでゆっくり下りる。
花は見かけ見かけませんでしたが、鳥のさえずりがあちこちから聞こえてました。
やはり春を感じた朝島山でした。

登山口からの標高差約285m、登り約30分、15分ほど景色を堪能して、下り約20分の山歩きでした。

帰宅してしばらくしたら、雨が降り始め、これを書いてる今、雷が鳴ってる。(春雷と言うべきか・・・)
今回は天気の合間に出来た山歩きでした。
←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/25(日) 19:56:01|
  2. 朝島山・鬼ヶ瀬山・黒森山(乙部三山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

開花宣言

ようやく紅梅が咲き始めました。
紅梅・開花
ここで開花宣言いたします。(笑)

桜も今週中に咲き始めるといいな。
GW中には、満開の桜がみられるかもです。

と、朝に書いたら、お昼に「盛岡の桜、開花宣言」が出た。
これで大手を振って花見ができますのぉ。( ̄ー ̄)ニヤリッ
←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/25(日) 06:32:44|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花を求めて、万寿山

八方山を登った後、花がいっぱい咲いているという情報があった万寿山に寄ってみた。
万寿山は台温泉のすぐ近くの山、裏山と言ってもいいかもしれない。

台温泉の入り口を200mほど通りすぎて、道路脇のスペースに駐車して、準備をしてると、
急に大粒の雨、あわてて車に飛び込んだ。
雨のバッカス号
雨粒がわかるかな?

しばらく待ったが、止みそうにない。空を見上げると、黒い雲が頭の上。
山登りをあきらめ、温泉入浴と決め込んで、小雨になったところでタオルとカメラを持って歩き出す。
登山口は「やまゆりの宿」という宿の玄関先を入ったところだ。
ついでにその確認をと台温泉を歩いていると、雨が上がって、日も差してきた。
それで、ちょっと様子をと登山道を歩いていると、雨が降ったので、慌てて下りてきたらしい人に出会う。
花の様子を聞くと、三角草がかなり咲いているとのこと。
んじゃ、ちょっと登って見ましょと歩き出す。

いきなり見えたのが岩団扇、八方山より元気でした。
万寿山の岩団扇

ドンドン上がっていくと、三角草。
三角草

すこし登ったら、斜面いっぱいに三角草。
斜面に三角草
なかなか見事なものであります。

登山道脇には三角草・ショウジョウバカマ・岩団扇などが咲いているのを眺めながら登り、
鉄塔のある展望地で一休み。
展望地
高圧線が、ちょっと気になりますがなかなか見事でありました。

そこから、花巻広域公園方向に道が延びていて、万寿山には途中から左折。
ここで、この道は高圧線巡視路を利用したコースと気づく。
展望したのは盛岡線の90番、万寿山は89番でした。
鞍部を通って、万寿山をあがり始めると、さっぱり花が見あたりません。
すこしがっかりしながら鉄塔に着く。

89番の鉄塔から、さっき登った八方山方面を望む。
89番鉄塔
が、どれが八方山だか見当つかず、残念!

そこからは温泉の共同アンテナの作業道を伝って山頂へ。
林の中で展望はなく、共同アンテナの施設があるだけでした。
山頂プレートは、西側の木の上にありました。
万寿山山頂プレート

万寿山は花がいっぱいだよ。と言う情報でここまで来たのに、花がさっぱりで、なんだかなぁと
思いながら、鉄塔から台温泉に下ります。

と、目の前にお花畑と見間違うくらいの群落が・・・
三角草群落
これには、「おおーっ」でした。

中にはピンクの花もちらほら。
三角草、ピンク
そこから林のあるところまで、三角草が続きます。

林にはいると今度は岩団扇
万寿草、岩団扇
綺麗に咲いてました。
鉄塔下から麓まで、花が咲き誇っていて「万寿山は花でいっぱい」という情報に納得。
見応え十分でありました。

そして、下りたところは、民家の庭先。
通るのにはちょっと勇気をだして、玄関脇を通って、バス停の向かいに出た。
民家の脇を抜ける

途中で気がついての計測ですが、標高差240mほどを登り約1時間、下り約30分の山歩きでした。

思いもかけず、山歩きをしたおかげで汗だらけ。
そのまま温泉宿に行くには気が引けたのと、湯船で体を伸ばして入りたかったので
花巻温泉・蓬莱館の日帰り温泉に行く。
台温泉の駐車場が混んでいて、お風呂も混んでいそうだったからだ。
蓬莱館
のんびりと大きな湯船に浸かって、十分疲れをとる。

山歩きを十分に楽しみ、替えのパンツを忘れて凹んだ以外は、満足の一日でした。
←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/25(日) 05:58:03|
  2. 台羽山・万寿山・六郎山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

花を求めて、八方山

今日は赤林山に登るつもりでした。
岩団扇が見頃と新聞に載っていたからです。

が・・・

目指していくと、山頂がガスっていて見えません。
隣の南昌山もガスってます。
天気予報では20%の降水確率。

・・・もしや・・・

てなことを考えて、それじゃ、万寿山にでもと行き先変更。
と、向かってる最中に、以前八方山を調べていて(何しろ何度も挑んだから・笑)「岩団扇の群落が見事」と
あったのを思い出した。

で、八方山に向かう。
でも、行ってみると麓からでも雪がたっぷりあるのがわかる。
八方山
どうしようか悩みながら、ここまで来たからと歩き出す。

雪の無い道はさすがに歩きやすい。(笑)
ショウジョウバカマが出迎えてくれました。
ショウジョウバカマ

雪がないのでルートも悩むことなく、ドンドン登っていると、先行のご夫婦に追いつきました。
中腹の三角点のある辺りでした。
お話を伺うと、まだちょっと時期が早いみたいとのこと。
しばらく、一緒に歩くと、斜面に群落がありました。
でも、咲いてるのは、少なくちょっと残念。
岩団扇
まだ、気温が低いので今一つ元気がありません。

せっかくだから山頂を目指します。
が、谷を越えて、杉林を突っ切る辺りが雪深く、ルートに苦労しました。
谷底
なんとか抜けて、急登の手前で一休み。
ご夫婦の方に聞くと、この辺りはカタクリが・・・ と言う事でしたが、一面の雪。
まだ、冬のようです。

そこから3人ならんで山頂を目指します。
登頂
よいしょ・よいしょと登って登頂。

前回より、1mぐらい雪が無くなっていて、お堂を拝む事ができました。
八方山山頂
無事、登頂をご報告。

そして、景色を堪能。
ご夫婦
ご夫婦は見晴らしの良いところで、一休み。

おいらはお堂跡脇で、昼食を取る。
昼食
献立はおにぎりにカップヌードル・食後のコーヒー。
食事は温かく食べたけど、敷物がビニールでお尻が冷たかった。(*^^*ゞ

そうしてるうちに、単独行の方と団体さんが到着。
山頂の賑わい
賑わってきたところで、山頂を後にする。

帰りは、これまでと同じく尾根を下る。
これは雪があるうちでしょうね。
雪を抜けたら笹藪でコースに出るのに、藪漕ぎしましたから。

のんびり岩団扇と虫の春の営みを写真に撮っていたら・・・
春の営み
小雨が降り始めた。

まだ小雨とのんびり花を見ながら歩いていたら、本格的に降り始めた。
あわててカッパ着たら、すぐに止む。(ー'`ー;)ムムッ
あららと脱いだら、また小雨。結局、そのまま歩き出す。
人生なんてこんなもの、どこでどうなるかわかんない。
そんな悟りを啓きながら、駐車場に着く。

今までは雪の関係で長根崎山付近まで上がって(作業用のスペース有り)駐車してましたが、
今回は登山口に駐車、約235m地点から716mまで、登り約2時間、下り1時間20分でした。

雪と花を楽しんだものの、まだ、家に帰るには日が高い。
ってことで、万寿山をちょっと見ようと車を走らせる。

万寿山の山歩きは、また今度書きます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/24(土) 21:38:44|
  2. 八方山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

無念・・・ (・_・、)

今朝、ウグイスが梅の木の方で鳴いていた。

梅にウグイス」、いい絵ではないか。

これは写真に撮らないと・・・・  パチ /■\_・) カメラ

が・・・

鳴いていたのは、梅の木の後ろの杉。

おまけに姿が見えず。

しばらく待ったが、通勤時間が迫ってました。

あきらめて家に戻る時、気がついた。



サボテンのサボちゃんが・・・


ご臨終でした。。・°°・(>_<)・°°・。



冬の間部屋の中に置いて元気で過ごしていて、ちょうど10日ほど前、暖かくなってきたからと
玄関脇に出したんですが、それからの気温の変化についていけなかったようです。
陰も形もありませんでした。
環境に強いサボテンでさえこの状況、農作物が育たないのも納得です。


ちゃんと育てられなくて無念なり!

←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/20(火) 20:34:33|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

免許更新

今日はテクテク街中歩き。
川沿いを散策しながら歩きます。早朝だったので、早朝練習の高校生が二人、自転車で追い抜いただけでした。
北上川河畔
桜並木もまだ花は見えず、つぼみがうっすらピンク色に染まっていた。

不来方橋を渡って盛岡駅、滝の広場前では「チューリップフェスティバル(軽米)」の案内があって、
チューリップが植えられたプランターが並んでいた。咲くまではまだ間がありそう・・・
滝の広場

連絡通路を抜けて盛岡駅西口へ・・・
マリオス横のからくり時計、ついでに動画で撮って・・・と待ち構えていたが、
これって9時から18時までの稼働なんですね。
8時じゃちょっと早すぎた。(;^_^A アセアセ…
からくり時計

朝早くからここまで来たのはアイーナの免許センターで更新をするためです。
8:15からの受付だからと、8時頃行ったのに、すでに列が出来ていた。
手続き
手続きして、視力検査(裸眼でひっかからず、ホッとする・笑)、写真撮って・・・

講習
しっかり講習を受けて、無事更新。

ぜんぜん知らなかったのだが、いつの間にか「中型免許」という区分が出来ていて、おいらの免許は「中型免許」になった。
そして、ICチップが埋め込まれていて、暗証番号を2つ入れなければ、本籍地などのデータが出てこないようになっている
そうだ。いろいろ進化してるのだねぇ。

と、免許を貰って、外に出たら雨が降っていた。手ぶらで来たので、コンビニで傘を買う。
ついでにマリオスの展望台から風景を・・・ と展望台へ登ってみる。
雨に煙る盛岡を眺めた。
盛岡市内東
ついでに自宅方面
明治橋方面
ぐるりと眺めて下りる。

お腹が空いたので、駅の立ち食い蕎麦屋で、とろろそばを食す。
高校の時、電車通学だったので、よく食べたものだが、その時よりずいぶん立派な蕎麦になっていた。
とろろ蕎麦
発泡スチロールのどんぶりに、トッピングはネギだけの蕎麦が懐かしい。
あの頃は生卵と天ぷらのどっちを乗せるか悩んだものだ。
高校生の小遣いでは、どっちも乗せるのには勇気がいった。(笑)

と、感慨にふけながら食べて外に出ると、雨がすっかり上がって日も差していた。
ビニール傘
せっかく買った傘を使わずにぶら下げて帰途につく。

今日は、街中歩きの一日でした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/04/18(日) 14:38:47|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック