(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

酒、仕入れる。

今日は「雪山歩き」だったけど、来週はラケット持って出かけ、「花見」をする予定である。
なんで、近所の酒蔵でしっかりと酒を仕入れた。
あさ開
ついでにチョットしたお土産も仕入れて、おねえちゃんにオマケしてもらった。
毎度のことながら(^人^)感謝♪してます。

ということで、来週は酔っ払いネタになりそうです。(*^^*ゞ ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/28(日) 17:44:01|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

雪の姫神山

今日は岩手山がくっきり見えるいい天気。
と、言う事で姫神山から眺めに行く事にしました。

一本杉コースを上がります。
杉林の中をえっちらおっちら。
杉林
昨日の夜に雪が降ったようで、雪がふかふか。この時期に、この雪質に出会えるとは・・・

が、下は圧雪状態のため、歩きにくい。何度か転びそうになりながら、このコースの名物「ざんげ坂」を上がって
五合目で一休み。
五合目
ベンチがすっかり雪に埋もれてました。まだたっぷり雪が残ってます。

山スキーで登っていた方がいましたが、麓とこの辺では雪質が違って上手く進めないと、大分苦労してました。
9合目あたりで、スキーをあきらめ、徒歩で上がってました。

そして頂上到着。
姫神山山頂
今日の相方、初登頂。(笑)

と、一休みして、昼食を・・・ と準備してたら、団体さん到着。
雪山でも山頂は満員御礼。
もりおか里山の会

そして、みなさんのモデルになってたのが・・・
ももちゃん
犬の「ももちゃん」。おいらも岩手山をバックにパチリ!

この日、山頂は珍しく風がなかったんですが、何故かちょっと下で竜巻発生!
竜巻
自然は不思議です。

おっと、いつもの記念撮影を忘れてた。
岩手山と背比べ
岩手山と背比べしてみました。

帰りは滑り落ちるようにして下りる。汗だくで登ったところも、あっという間。
で、このコースの名前の由来、一本杉で記念撮影。
一本杉
比べると立派な杉だということがよくわかりますねぇ。

そして、岩手山を眺めながら、駐車場まで。
一本杉キャンプ場

標高差約580m、登り1時間38分、下り47分でした。
山頂で「今日は1時間かかった」(いつもはもっと早いらしい)と言っていた人がいたし、
下りでも、年配の女性が追い抜いていって、すぐ見えなくなってしまった。
姫神山、恐るべき人達がいる山です。

さて、今日の相方とは、次はいつ登ることになるんでしょう?
楽しみにしてます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/28(日) 16:11:39|
  2. 姫神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

おっぱい・・・(*^m^*) ムフッ

おっぱい

男心をくすぐるいい響きではありませんか。

ずっと、気になってました。

いっぱい出てくるんです。

おっぱい・・・
[おっぱい・・・(*^m^*) ムフッ]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/27(土) 18:55:09|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

黒森大権現様にお参り

今日の練習で使うシャトルを買いにスポーツ店に行くと、入り口脇に『スノーシューに行こう』という
登山ガイドオフィス・山の風さんのパンフレットを見つけた。
もちろん興味津々で読ませていただいた。
いろんな山のコースが紹介されていて、もう少し早く見つけてれば、と思うところだ。
その中に黒森山のコースがあって、重石登山口から登るとあった。
あれれ、冬期間は除雪してないから、登山口まで行けないのでは?そんな疑問が頭の中に浮かぶ。
ネットで調べてみたら、赤い鳥居が登山口。つまり黒森大権現様への参道が登山道なのだ。
おいらが夏に上がったときは、林道からで、赤い鳥居は見てない。これは気になる。
今日の天気は曇りのち晴れ。この時(10時頃だった)は日も差していたので、スノーシューを持って出かけた。

前回の時は気づかず通り過ぎていたようで、林道への分岐を過ぎた民家の前に案内板がありました。
黒森大権現鳥居
駐車場もあり、冬でも登山に大丈夫そうです。ここから夏に車をおいたところまでは約1kmぐらいあるようです。
夏は知らずにショートカットしてました。

と、せっかくスノーシューを持ってきてることだから、雪上を歩きたい。
雪のあるところを目指して、林道を上がって見る事にしました。
雪が融けて来ていて、夏に車を停めたところまであがれそうでしたが、途中の吹きだまりで断念。
車を脇に停めて登山道をあがります。
重石登山道1
雪がないのでスノーシューは背負って長靴でトコトコ。
20分ほど歩いて、夏に車をおいた付近。
ここからは林道跡を登りますが、本来の登山道は林の中を通って行くように案内が出てました。
林道跡は雪が残ってましたが、スノーシューを使うほどではありません。やっぱり長靴でトコトコ。

キャンプ場のところから林の中の登山道を上がるのですが、雪はほとんどなくて、長靴でトコトコ。
黒森山登山道
気がつけば、雪がちらつきはじめ、風が強くなってきました。
晴れてくるはずなのに・・・
権現様に近づくにつれ、雪も多くなり、吹雪模様になってきて、向かいの鬼ヶ瀬山も見えません。
向かいの鬼ヶ瀬山
こんな天気では山頂は・・・と思いながら、権現様にご挨拶して、とりあえず上がってみます。
が、横殴りの雪と風。権現様の一寸上、頂上まで640m付近で撤退。

権現様の前で風をよけて昼食。
黒森大権現
岩の奥に権現様がいらっしゃいます。

88年製のガスコンロでお湯を沸かし、カップヌードル。
キャンピングガス
が、お湯を沸かしてる間にだんだん体が冷えてきて、手もかじかんできました。
ようやく沸いて、お湯を入れたものの、3分待つのが辛かった。
大急ぎで食べて、速攻で片付け権現様を後にします。

帰りは林道歩きで車まで。
バッカス号が超えれなかった吹きだまりが無くなれば、林道の分岐まで車で行けそうでした。
林道脇のバッカス号
車から大権現様までの標高差390m、登り約1時間、下り約40分。
天候に阻まれ、山頂に登れず、お参りをした日でした。

結局、スノーシューは使用せず、残念。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/22(月) 17:10:26|
  2. 朝島山・鬼ヶ瀬山・黒森山(乙部三山)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

岳(ダケ)

ビックコミックオリジナルに連載してる登山関連の漫画である。
山を通しての人間模様を描いてると言えばいいのかな。
この度、映画化されるそうだ。
主人公は「小栗 旬」ヒロインの山岳救助隊員役は「長澤 まさみ

おいらはしてるのは登山と言っても本格的なものではなく、『日帰りの山歩き』
山岳救助隊がいるような山には、行く事はほとんど無い。
おまけに展望を楽しみに歩いているから、天候の悪い日に登る事はないので
遭難する危険性は、ほとんど無いに等しいと思う。

でも、救助隊員が「長澤まさみ」だったら、ちょっと遭難して
これをきっかけにして知り合えたら・・・ なんて妄想が。(^_^;)\(・_・) オイオイ

いずれにしても、公開が楽しみ。どんな映画になってるのかなぁ。o(^-^)o ワクワク 


←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/20(土) 19:41:13|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

屯所

近所の第二分団の屯所が新しくなった。
もうすぐ引っ越しだそうだ。
屯所
作り始めた頃から「なんだか屯所にしては大きいなぁ。」と思っていたら、コミュニティセンターを兼ねてるそうだ。
中はどんな風になってるんだろう? チャンスがあれば入ってみたいな。
特に望楼のところに。(笑)

やはり展望が気になるσ( ̄。 ̄) オイラであった。

←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/20(土) 15:52:33|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

スノーシュー

雪山といえば、スキーかボードだったおいら、よもやスノーシューを履いて歩くとは、去年まで考えた事なかった。
でも、スノーシューを手に入れ、山歩きをするようになった。
実は八方山で、雪に阻まれて断念したのが、かなり悔しかったのだ。
なにしろ頂上までほんのチョットのところだったからだ。
スノーシュー
たしかに便利なアイテムである。
今の時期の「自然の落とし穴」には全くひっかからず、山頂の新雪にもそれほど沈まなかった。
スキー・ボードとは違ったおもしろさがあった。縦横無尽に歩けるのだ。
歩き方に慣れてくれば、また違ったおもしろさがあるんだろうな。

八方山頂上のこんな景色もスノーシューのおかげ。
八方山頂上
圧雪してあるスキー場とは、またひと味違う景色。
自分以外の跡がないというのは、なんともいい気分だった。

雪山、滑るのいいけど、登るのも面白かった。グー(^-^)g""  

でも・・・ [スノーシュー]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/17(水) 20:20:01|
  2. 登山関連
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

四度目の正直

今日は朝から天気がいいという予報が出ていた。
それで、八方山に登る事にして、昨日から準備をしていた。
八方山に向かうのは、いままでに三度。
が、いまだに未踏なのだ。
一度目は、雨が降らない予報だったのに、雨が降り始めて、登山口で断念。
二度目は、山頂近くまであがったものの、腰近くある雪に撤退。
三度目は、しっかり雪対策して行ったが、道路が除雪してなくて登山口にさえ行けなくて断念。
今度は何事もなくすんなりと登頂といきたかったが、そうもいかなかった。
八方山、手強い山である。冬期間は・・・(笑)
(ちなみに夏はハイキングコースです。)

登山口に着いたのは10時近く。予定とは違い、なぜか雪降り、おまけに強風でした。
どうしようか考えてると、八方山方向には青空が見えている。
これは天候は回復するに違いないと踏んで、登山決行である。

途中までは、長靴でトコトコ、雪がしっかり固まっていたので、沈み込むことなくスムーズにいけた。
前々回の雪漕ぎを経験してたので、こりゃ楽勝と尾根沿いをどんどん上がります。
八方山登山道
この辺りは楽勝。

が、その後、自然の落とし穴にズッポリ!
落とし穴
ここまで深いと思ってなくて、焦った。

コースの3分の1くらいのところだったから、登山口から1キロほどの地点でしょうか?
ここから先はスノーシューで上がります。
途中の三角点のあるところまでは、問題なくいけましたが、そこから先は、雪が緩んでるのとコースが片斜面になっていて、転びそうになりながら歩きました。
重い雪に片斜面、おまけにこの前より雪深いせいで、コースがはっきりしません。
かなり歩きづらく、大分体力を消耗してヘロヘロに・・・
おまけに雪庇を踏み抜いて、転げ落ちたりしながら、なんとか前々回到達したところまで来ました。
ここからは急登。スノーシューは、平地・緩斜面にはいいのですが、登りにはむいてません。
九十九折りで高度を稼ぎます。せっかく上がっても雪が崩れて、また下からとを繰り返して、急斜面をクリア。
あとは、少し歩いて一休みを繰り返して山頂へ。
山頂眺望
北上方面に展望が開けてました。

そして山頂にある観音堂跡の祠は、すっかり雪の中。
八方山観音堂跡
いつもの記念撮影。(笑)

無事、初登頂でハイテンションでしたが、山頂は風が強く、じっとしていれば寒くて震えるほど。
風除けを探して、木の陰に入って、暖かい昼食を・・・ と思っていたのですが、ライターを忘れて断念。
コンロも水も用意してたのに・・・ 凹みました。(´。`)
(ライターのガスがなくなったので、充填しておいたのを忘れてきてしまった)
バッカスマグのお茶とお握りで簡単に済ませて下山する。

下山には、スノーシューは威力を発揮した。急斜面もなんのその。一気に下れました。
そして帰りは、ルートを外れ尾根沿いに下ります。
あれほど苦闘したところでしたが、帰りはすんなり。
あっという間に、来るとき落ちた「落とし穴」まで。
落とし穴
さすがにスノーシューでは落ちません。(笑)

登る時は締まってた雪も帰る時には緩んでました。
バッカス号近くまでスノーシューで下りる。
14時40分頃、無事下山。4度目にして八方山(716.6m)初登頂でありました。

登山口から標高差は475m程。登り2時間半ぐらい、下り1時間半ぐらいの山歩き。
でも、疲れ具合はかなりのものでした。
下りてから、車でしばらく休んでから帰宅。

八方山、雪がないときがお勧めである。(э。э)bうふっ ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/14(日) 20:07:53|
  2. 八方山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

大雪

今日は大雪、午後からは吹雪模様。

こんな時に限って、吹き曝しで仕事である。

ぐちょぐちょに濡れて、ガタガタ震えながら、職場に戻ると、

ストーブの横で、すっかり住み着いてしまった猫がぐっすり。

今日は一日中寝てたそうだ。

猫

ああ、猫になりたい。

そう思った日であった。

←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/10(水) 19:12:04|
  2. 日常
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

天候悪し・・・ その2

朝、カーテンを開けると、すっかり雨模様であった。
テンションが下がり気味である。ちなみに寝不足でもあった。
ホテルの据付の冷蔵庫が唸るたびに目が覚めてしまっていた。
自分のイビキはかなりのものらしいが、それで起きたことはない。←あたりまえだが。
こんな感じなのであろうか? 今までおいらの被害にあった方に謹んでお詫びを・・・<(_ _)>

と、天気が悪いので、今日も雨に当たらないところで過ごす。
郡山総合体育館
郡山総合体育館で「ゼビオカップ」に参戦!
同年代との試合でしたが、ずっと現役でしてきた人たちとの差は歴然。
4試合して、1ゲームとるのがやっと。でも、楽しんで試合できました。

この大会に参加するチャンスをくれた熊谷さんに感謝! ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/03/07(日) 21:23:53|
  2. 旅行報告
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック