(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

午年だから、その2

この日、夏油山荘の玄関先で、この日の予定が崩れたのを知った。
夏油山荘
今季休業中でありました。
帰りに、ここの温泉に入ろうと思っていたのに残念であります。

その昔、ここでこんな記念写真を撮った。
記念写真
いやもぉ、若いね。何年前の写真なんだか・・・

あの頃は、山歩きも興味なかったし、ネイチャー(自然)よりネーチャンに興味津津で・・・
いや、今もネーチャンの方に興味はあるんだが、展望や花の名前、ついでに山菜などに
こんなにハマるとは思ってもいなかった。
そんなもんだから、目の前に・・・
[午年だから、その2]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/06/22(日) 12:23:53|
  2. 駒ヶ岳(金ヶ崎)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

回復祈願

今回の出だしは薬の副作用の話から・・・・

今年の2月に薬が変わって、注意事項がいろいろ増えてました。
そのなかに「筋肉痛」という項目もありましたが、あまり気にしてませんでした。

3月に入って震災があって、運動できずにいて、動くとちょっと痛いのは、運動してないせいだ。
4月になって山歩きをしたら、筋肉痛が出たのは、今まで動いてなかったから。
5月はGWにいろいろ歩き回ったから、筋肉痛に・・・
6月は岩手山に登って、ハードだったから・・・
でも、なんかおかしい、回復が遅いのだ。一週間経っても、痛みが残ってる。
触ってみるとコリが残ってる。
7月、ちょっと調子がいいと、早池峰に出かけてみたら、途中で足が上がらなくなる。
滑ったときに踏ん張れなくて、転んだりしてる。
腰の痛みもだんだん背中に広がってように感じる。
そんな状態で、頭に浮かんだのは、「おいらも年で、体にガタが来たか・・・

で、8月の検診、膝も腰も痛いし、椅子に座るのによっこいしょ。
その様子を見てたお医者さんにいろいろ聞かれて、薬の影響では?となって検査。
今月、その結果が出て、副作用の恐れありとの判断で、少し優しく効くタイプの薬に変更であります。
これで副作用はおさまるはず、だろうとのこと。

薬の影響が筋肉に出てるおいら、急激な筋肉疲労があったり、その疲労が抜けにくくなったりしてます。
古傷も靭帯が弱い分、筋肉が支えてるのですが、筋肉がそんな状態なので支えきれてないようです。
年のせいで調子が悪いのではなくて、ちょっと安心。

さて、話が長くなりましたが、そんな状態だと解ったので、筋肉疲労が起こる範囲内ならある程度動けるはず。
それが分かれば無理がなく山歩きができると考えました。
その範囲を知ることと、早く治るように神頼みを・・・ と思いついたのが、夏油三山の一つ駒ヶ岳。
通称、金駒。金ヶ崎にある駒ヶ岳。ここは山頂に駒ヶ岳神社の奥宮がある山です。

金ヶ崎温泉『駒子の湯』の前の道路を南下していくと、右側に登山口の表示あり。
登山口へのアプローチ

右折して道なりに5kmほど進むと登山口駐車場。
車を停めて準備して、登山口のうがい清水のある赤い鳥居までトコトコ。
赤い鳥居

うがい清水で水を汲んで・・・・
うがい清水
さあ、出発・・・・ あれ、あれれ、登山道はどこだ?
踏み跡はあるのですが、どれもしばらく歩いた跡がありません。
駐車場にはバスも停ってましたから、新しい踏み跡がないのはおかしいとウロウロ。
そしたら、ちょっと駐車場に戻ったところに登山口がありました。
おいら、行き過ぎていたんですねぇ。

踏み跡しっかりの登山道をトコトコ。
駒ヶ岳登山道
いつの間にか紅葉してる木もあって、秋の気配。
調子を見ながら、ゆっくり、ゆっくり。

途中の三角点で一休みして。
途中の三角点
またまた、トコトコ。
でも、ずっと黙々歩いていたら、ペースが上がっていたらしい。
前の団体さんに追いついてしまいました。
抜いてしまうと気になって、ますますペースを上げてしまいそうなので、また一休み。
ちょっと上がって「下賽ノ河原」で、団体さんが休憩してる間に、先行させてもらいました。

トコトコ上がって「上賽ノ河原」
上賽ノ河原
ここから山頂が見えるんですが、ガスがかかってきてました。
うーん、これじゃ展望は・・・ と眺めていたら、カップルの人たちが降りてきて
そこそこ楽しめましたと言うもんですから、もうひと踏ん張りと、トコトコ。

20分ほどで立派な奥宮のある山頂到着。
駒ヶ岳山頂
さっそく、奥宮に足が良くなりますようにと、パンパン。
それから沿岸の復興、そして東北が元気になりますように、パンパン。
お賽銭の割には頼みすぎのような気が。(笑)

記念写真を撮って
登頂記念
コンビニオニギリをほおばりながら、展望をと見渡しますが、駒ヶ岳山頂はガスってないのに
周りの山々はガスに覆われてます。これはちょっと残念。
でも、今日の目的のお参りは果たしたので、下山します。

降りるときは膝に痛みが出ないよう、慎重にトコトコ。
団体さんとは「上賽ノ河原」付近で声をかけられながらすれ違い、降りていくと
下賽ノ河原手前でお地蔵さんに出会います。
お地蔵さん
ここではしっかり手を合わせ見守りくださいとお願いします。

登るときは団体さんが休んでいて写真は遠慮したので、下山時にパチリ。
下賽ノ河原

あとはトコトコ下っていきます。
そのうち小さな段差につまづきはじめます。自分が思ってるより足が上がってない証拠ですね。
これが足の筋肉に疲れが出てることなんですが、自分の感覚では疲れてる感じがしてません。
それで筋肉が弱って音を上げるのに、それ以上に動いてしまう。それが筋肉痛につながる。
で、副作用の項目にある。と言うわけなんです。

その症状がでるのが、おいらの場合は3時間ほど歩いたあたり、距離にして5〜6kmぐらい。
いちおう目安がわかりました。
薬が変わったので、これからは行動範囲が伸びていくはずです。
今年中にまた岩手山に登るのがひとつの目標です。

登山口は標高560m付近、山頂は1129.8m。
上りは1時間45分、下りは1時間40分ほど。
コースタイムと比べると、やはり下りはペースが落ちてます。
歩行距離は7.4kmでした。

この日のGPSログ
金駒ログ
↑クリックで拡大
←よければクリックお願いします。
  1. 2011/09/14(水) 23:08:44|
  2. 駒ヶ岳(金ヶ崎)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:8

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック