(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

コンデジでは無理でした。

今日の目的地にようやく到着。
折爪岳山頂
時刻は18時ちょっと前、折爪岳山頂展望台からの展望であります。
こんな時間にここに来たのは、今がピークのヒメボタルを見るためです。
ヤマセが押し寄せてますが、この環境がヒメボタルにいいのだとか。
去年はピーク過ぎに来て、なんとか見れましたが、今年は一面のホタルを期待して
最盛期に合わせてカメラ片手にやってきました。

いい写真を撮ろうと気合が入っていたんですが、惨敗でありました。
早めに一番奥へ場所取りに入ったのですが、そこには多くのカメラマンが
すでにセッティングしてました。
ホタルが光始めたので、いざ撮ろうと思ったら、カメラのAF補助光の赤い光が出るのを注意されました。
ホタルには赤い光は大丈夫なので、気にしてませんでしたが、確かに周りのカメラマンには大迷惑。
すいませんと謝って、配慮がたりなかったと設定し直しましたが、近くのホタルにピントが合いません。
三脚で固定して近くのを撮る作戦がつぶれてしまいました。
去年の経験から遠くの光は肉眼では見えるのですが、カメラのモニターでは見えないのが
分かっているので、この作戦でしたが、無念であります。

去年と違ってそこらじゅうで光っているので、作戦変更。
たくさん光ってる方向にカメラを向けて、動画で取る作戦にでましたが
これまた、ホタルの光を捉えられなくて写りません。
モニターで見えないんだからあたりまえかと、さらに作戦変更。

撮影する露出時間を長くして、光ってる様子をと考えました。
ところが真っ暗な中、それぞれのスイッチを手探り。
なかなか思うように設定できません。
ようやく設定ができたころには、ホタルは絶好調。
周りの見物客の「すごい」の歓声があちこちで聞こえます。
焦りながらシャッターを切ったら、モニターには【撮影中】の表示が明るく出ます。
また、周りのカメラマンに光が邪魔するので・・・と注意され、平謝り。
確かにその通りであります。
カメラマンのみなさんは一眼なので、一切光を出してませんでした。

そこでちょっと離れたところに移動して、手探りで三脚を立て直し、
モニターを隠しながら、一枚撮っては設定を変えてを繰り返したんですが、
その頃になると、帰る人も出始めて、おいらのいる辺の林に車の光が時々入り、
あとから写真を見直すと、ホタルに光がかぶってしまっていました。

なんとか撮れたのはこの一枚。↓クリックして拡大すると、もう少しよく見えます・
ホタルの光
奥の方まであちこちで光っているのですが、そこまでは写らず・・・
おいらのコンデジの設定では、これが精一杯。
肉眼ではそこらじゅうで光っていて、林の中はホタルがいっぱいなのがわかるんですが。

うーむ、ことごとく作戦惨敗。
リベンジしたいものであります。それほどたくさんのホタルが飛び交ってました。
みなさん、自分の目で見る価値ありですぞ。
←よければクリックお願いします。
  1. 2012/07/15(日) 20:27:42|
  2. 折爪岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

くだらない登山計画、断念。

登るのはそんなでもないけど、下るときに痛みの出るおいら。
登るだけの登山計画をたてた。

その計画のスタート地点は山頂から・・・・
折爪岳山頂
ここは折爪岳山頂。中継局があるので車で山頂まで行ける山。
頂上は車から降りて数歩のところ。

とりあえず登頂記念。
折爪岳登頂記念

登山計画はここに車を停めて・・・・
自転車
積んできた自転車に乗って麓の『コロボックルランド』まで下りて、登ってくるという計画。
が、西岳のアクシデントで、この日の登山は諦めました。
ですが、登山後の計画は実行します。
 
と、言うことでこの日の行動。
この日、山頂は「やませ」の影響でガスってます。
晴れてると太平洋まで見えるそうですが、山頂にある展望台から見えるのは
すぐそばにある中継基地のアンテナがうっすらと見えるだけ。
展望台からの眺め
これは残念であります。景色を楽しむ計画は断念。

次にコロボックルランドへの道を下りながらの滝見物。
この道には折爪五滝があって、登山して来た人は車道を下りながら見学するのだとか。
おいらは自転車で下りながら見物の予定でした。
でも、駐車スペースの関係でみられたのは三滝だけ。
清水の滝
「清水(おすず)の滝」
姫待ちの滝
「姫待ちの滝」
オドデの滝
「オドデの滝」
オドデさんはなんとなく親しみが・・・(笑)

と、見学がすんで、今度は道の駅でお土産でもと、「道の駅さんのへ」まで。
ここに名久井岳を眺められる展望台があったのですが、今はなくなっていて産直施設と
駐車場が広くなってました。
前は・・・
名久井岳
こんな風に一望できたんですが・・・(2009年10月撮影)

買ったのはこれ。
しじみの味噌汁
オルニチンで肝臓を元気にして美味しくお酒をと思ったりして。

あることを思い出して、今度は「道の駅 なんごう」へ
道の駅 なんごう

ここで手に入れたのはこれ。
紫蘇梅漬
『紫蘇梅漬』なんですが、実が大きいでしょ。
実は・・・
原材料名
あんずなんです。
このあたりの郷土食の一つであんずで漬けても「梅漬け」というそうで、
『秘密のケンミンSHOW』で放送していたのを思いだしました。
食べてみましたが、あまり酸っぱくありませんでした。

お土産を買ったら、登山後計画の実行をと折爪岳山頂へ戻ります。
戻る途中の道路の気温標示は18℃
気温計
やませの影響でしょうね。
この様子では、計画を立ててた登山後の予定も断念かも思いましたが、
あきらめきれずに実行。

二度目の山頂はますますガスがかかってました。
駐車場
車を停めてちょっと離れたら、かろうじて見える程度。
気温も
気温
16.1℃まで下がってます。この条件では無理かとおもいましたが、やはりあきれめきれません。

実は折爪岳は「ヒメホタル」の群生地。
最盛期にはそのホタルが集まって、群舞がみられるそうですが、今は時期がちょっと過ぎてます。
まだまだみられるはずなんですが、条件が今ひとつ。
出てきてくれるのかどうか、暗くなるのをジッと待ちます。
森の中
19時を過ぎても現れません。これはダメかなと戻りかけたら、見物客に出会います。
昨日は見れたと言うので、さらに粘りました。
19時30分を過ぎて、さすがにこれは・・・ と戻りかけたとき、ようやく一匹のホタル発見。
このあと、そちこちで光るのが見られたんですが、写真に写すとこれが精一杯。
ホタル
いろいろ試してみたんですが、うまくいかず無念なり。

さすがに群舞とまではいきませんでしたが、けっこういました。
この次は「ヒメホタル」の時期にと、計画を練ってます。
今度は成功させますぞ。(笑)


帰りは、20時30分頃、
[くだらない登山計画、断念。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2011/07/24(日) 18:07:32|
  2. 折爪岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック