(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

三県境から、山頂へ

前の記事から続きです。←クリックでその記事に

三県境を目指して秋田側から登ったのですが、一般的には須川温泉から登って、
山頂まで上がり、周回の下りに利用されてるようで、多くの人たちとすれ違いました。

三県境の一寸先には「展望岩峰」と言われる地点があって
1573地点
昼食を取ってる方々がたくさん。

その辺からは昭和湖が望めました。
剱岳・昭和湖

西側を望む
秣岳・須川湖

大日岳(栗駒山)の紅葉を眺めながら歩き
大日岳
あまりの見事さにシャッターを切るんですが、今、見返すとほぼ同じ。(笑)

天狗平に着くと [三県境から、山頂へ]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/09/27(水) 23:16:38|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

絢爛豪華・三県境トレッキング

日曜日は「大日岳」の景色を堪能してました。
大日岳
ちょっと早いかと思ってたんですが、いいタイミングでした。
飲み会の次の日で辛かったけど、登ってよかった。

大日岳とは、栗駒山の秋田県側の呼び名です。ちなみに岩手県では須川岳。
で、秋田県側から上がったので、大日岳であります。

須川湖側登山口からあがり、
登山口
樹林帯を九十九折してあがり、斜面をトラバースして秣岳直下。

そこからまた九十九折して秣岳山頂
秣岳山頂

そこから先はだんだん紅葉が増えてきて [絢爛豪華・三県境トレッキング]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/09/26(火) 21:01:00|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

第51回紫波町民登山

7月24日の日曜日、『第51回紫波町民登山』に参加してきました。
目指すは県境の栗駒山。

出発時は曇り空でしたが、栗駒山に近づくにつれ
雨模様
窓の外に見える景色は雨模様。

普段から、晴れにしか歩かないと決めているおいら、内心「困ったなぁ・・・」と思ってました。
なにせシューズには穴が開いてるし、持ってるのはウィンドブレーカぐらい。
本降りだったらどうしようもない。濡れて歩くかと覚悟してました。

登山口の須川温泉駐車場に着いたら、何ていう事でしょう!
[第51回紫波町民登山]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/07/25(月) 20:17:49|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

アイス

本日はアイスを食べて・・・
山頂アイス

2歳の子にも上げて、
2歳の子

展望はありませんでしたが、いい山歩きでした。
報告はゆっくり書きます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/07/24(日) 18:40:13|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

午年だから、その1

夜中に地震があって、目覚めてしまい、そのまま眠れなくてビデオを見ながら迎えた朝。
夜があけたなぁと窓から空を眺めたら、曇り空だけど、南の空がやけに明るくみえた。
あっちは晴れてるのかなぁと、とりあえず山歩きの準備して、出かけたのは5時頃。
4号線を南下していくと、正面に青空が見えます。
これは期待できるかなと車を走らせましたが、青空が出てるのは目指してる山の向こう側。
山頂は雲の中ですが、登山口に車を置いて歩き始めました。
いわかがみ平
ここは栗駒山の宮城県側の登山口、いわかがみ平であります。
宮城で栗駒山、岩手では須川岳、秋田では大日岳とそれぞれ呼び名が違うそうですから、
栗駒山に登ると考えたら、宮城県側から登るのがスジで、
ついでに登山口が「いわかがみ平」ですから、イワカガミの咲く時期に・・・・
と、勝手なこじつけをしてました。

コースはレストハウスの東側が東栗駒コース。西側が中央コースと分かれていて、
コースの案内図には、東栗駒コースは「コース上は雪どけのため大量の水が流れてる」と
説明書きがあり、スパッツ・長靴推奨とありました。
登山靴だけのおいらは、素直に中央コースから上がります。

中央コースは石畳の整備されたコースで、潅木帯の間を進んでいきます。
石畳の道

潅木帯を抜けて、コースが土に変わるあたりで展望が開けますが、
栗駒山は雲の中
向かう先は雲・・・・

振り返ると麓は、
麓は青空
青空が広がってる様子。
なんとも恨めしい天気でございました。

東栗駒山方をみると
東栗駒山
稜線上を歩いてる登山者が見えました。
あれだけ歩いてる人がいるならコース上の水は大したことがないのかなぁ。とさらに上がります。

道の周りにはツマトリソウやヒナザクラが見られましたが、気温が低いこともあって
ほぼ花が閉じていて、ついでに言えば、イワカガミも見つけられず、モクモクと登り続けてました。
山頂が近づいてるはずなんですが、雲でどこかわからないまま、
コースが木の階段に変化。
木の階段

振り返れば、こんな展望。
東栗駒山越しの展望
やっぱりもう少し天気のいい日に来たかったなぁ。

そんなことを思いながら、まだ元気なショウジョウバカマを眺めつつ
ショウジョウバカマ

栗駒山山頂到着。
栗駒山山頂
すっかり雲の中で、展望はありませんでした。残念でありました。

山頂のお宮にご挨拶をして、おにぎり一個食べたら、下山であります。
展望の良さそうな東栗駒山で、ゆっくり展望朝食をと考えて、下りは東栗駒コースにしました。

が、コースの分岐がわかりません。
[午年だから、その1]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/06/18(水) 21:57:35|
  2. 栗駒山(須川岳・大日岳)・東栗駒山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック