(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

県境の山を歩く

おいらは『岩手県の山』というガイドブックとネットであちこちの山行記録を見ながら、登る山を探してます。
『岩手県の山』を見ながら、漫然と岩手山・八幡平と続いたらガイドブック通りだと次は『中岳・四角岳』だな。
んじゃ、天気がよかったらそこへと考えてました。
と、そこへほっつぎあるきさんからのメール。しめしめと言うことでおいらの山行に巻き込んでご一緒しました。

田代町からガイドブック通りに林道を進んだのですが、どこにも登山道への案内もなく、本当にこっちで?
と思いながら進んでいたら、道の脇にザックを背負った女性がたたずんでるのが見えました。
2人で「あそこですかね?」「あ、そうですね」とホッと胸をなで下ろし到着。
盛岡から来たというご夫婦が先発したところでした。

身支度をして、立派な案内板ですねぇと出発。
登山口
四角岳登山口の案内は真新しかったのですが、下にある中岳登山口の案内は朽ち果てそうでした。
そこからしばらく杉林の中をテクテク。
そこを抜けてブナ林に入るところで、先行していたご夫婦の方に追いつきます。
先を譲ってもらって、笹とブナ林の登山道をさらにテクテク。
登山道
もう花の時期は終わっていたので、モクモクと歩きます。
ちなみにおいらが先頭。ペースをほっつぎあるきさんに合わせてもらいました。
先行してもらうとついて行くのが精一杯でしょうから。

中岳・四角岳が木々の間から見えるようになってきたら、だんだん道は下りになります。
中岳・四角岳

沢を渡河して、今度は登り。
沢 ゆったりと登ると、しばらく平地が続いて、間もなく分教場跡地。
 ここは鉱山跡。分教場があるくらいですから、多くの人が関わっていたんでしょう。
 横の碑文をみると大正9年まであったようです。
 分教場跡地

とことこ歩いていると、後ろでほっつぎあるきさんが「大きなカエルがいますよ」との声。
戻ってみたら、登山道の真ん中にカエルさんが居座ってました。
おいら、気づかずまたいだようです。踏んづけなくてよかった。
つついても動かないものだから、ちょっと持ち上げて、日の当たる場所移動してもらいました。
カエル
日が当たってビックリしたのか、足がピク。あ、生きてた。と、ホッ。
寒くて動けなかったんでしょうね。

一つ沢を越えてしばらく行くと、鉱石のズリ捨て場。
ズリ捨て場
ほっつぎあるきさんが「数十年経っているはずなのに、植物は生えてこないんですね」と眺めてます。
確かに、言われてみれば、その通りですね。

ここまでは鉱山までの道とあって、広めの道でしたが、ここからは登山道の雰囲気。
斜面をジグザグに標高を上げて、よいこらしょと十字分岐。
十字分岐

雪が残る登山道には、熊の痕跡たっぷり。
足跡 熊の毛
熊の足跡と、標柱に付いた熊の毛。

こっちが熊のテリトリーに入ってるので、居るのは当たり前。
と覚悟して、まずは県境の山、四角岳に向かいます。
カモシカさんもご利用の道をワッセ・ワッセと山頂到着。
四角岳山頂
笹原を広く刈り払われた山頂の真ん中に、県境を表してる標柱ポツリ。
だいぶ、くたびれてました。
山頂表示を探したのですが見あたらず、どうやら朽ち果てたようで、足下に破片がありました。
県境標柱
 と、言うわけで県境標柱で、記念撮影。
 左が青森、右が秋田、岩手は朽ち果てて、落ちてますが、
 おそらく後ろの方向を指していたんでしょう。
 ここが三県の境界が交わる地点。
 一歩で隣の県に行けます。(笑)
 
 眺望はというと今一つ、笹が邪魔で見渡せません。
 岩手方向に笹が刈り払いされていて、遠くに岩手山が見えました。 岩手山

今度は来た道を戻って、中岳に向かいます。
中岳
トコトコ下って十字分岐を過ぎて、中岳に登り始めます。
ところがこれが意外と急登。おまけに雪が残ってるおかげで滑りやすい。
思わず「誰かロープを・・・」と声が出そうなくらい。
笹に掴まりながら、どっこいっせ。と、山頂到着。
さっきのご夫婦の方が先に一休みされてました。

とりあえず記念写真。
  中岳山頂  四角岳山頂表示
四角岳はあっちですと矢印標記あり。
おいらは中岳は八幡平市にある山だと思ったら、この標柱を立てたのは鹿角市。
つまりここも県境でありました。やはり隣の県まで一歩で行けます。

山頂は360度見渡せる展望。
眺めながらお昼を取っていると、田子町側からお二人の方が到着。
中岳山頂
しばらく山談義をします。でも、地図がないと正確なところがわからず・・・
岩手山だけはみなさん一致しました。(笑)

光のベールに覆われた岩手山。
岩手山方面

遠くに霞がかった八甲田。
八甲田方面
左側の奥に岩木山が見えるはずなんですがと・・・ 後から来た人が説明してくれました。
残念ながらこの日は確認出来ず、風が出てきたところで下山開始。
地図と双眼鏡持って歩こうかな。

あとは来た道をテクテク・・・・
下山中
ブナの木を観察しながら下ります。

展望、紅葉をみながら、駐車場着。
紅葉
紅葉は終盤に来てますね。

登山口は標高550m付近、10時に出発して、四角岳1003mをピストンして、中岳1024.8mでお昼休み。
12時58分下山開始して、登山口には14時15分着でした。

風は冷たかったけどいい山日和。
ほっつぎあるきさん、今日もお付き合いありがとうございました。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/11/07(日) 10:28:49|
  2. 中岳・四角岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック