(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

放牧地を歩く

秋晴れ天気の中、七時雨山に登る事にした。
これだけ天気がいいから、七時雨と名前がついていても、時雨れるおそれはない。
おまけに登山道が放牧地を横切っているから、虫が多いはずだけど、冷え込んで来た今はさすがにいないだろう。
そう考えたのだ。

登山口の駐車場に着いたのは10時前。支度をして歩き始める。
ゲートを開けて放牧地へ
放牧地
トコトコ歩いていくと、休んでいる方がいた。
まだ登り口なのに、何故?と気になって話しかけてみたら、薬草を摘みに来たそうだ。
陰干しして煎じて飲む、胃腸の薬でとっても苦い「トウ何とか」と聞いたのだけど、忘れてしまった。
花が咲いているのを摘むというので、しばらく一緒に探してみる。
センブリ
これであります。後から調べたら「センブリ」でした。

と、この間に通り過ぎていた登山の方が放牧地をウロウロ。
薬草摘みの方が「ありゃ、迷ってるなぁ。あそこの先に道があるんだが、左の方に行かないと」とのこと。
どう行くかしっかり聞いて、声をかけに行きます。放牧地、あちこちに踏み跡があって迷いますね。
と思ったのは、行きのこと。帰りに登山道は別な場所を通ってることが判明。
本来の登山道は、放牧地を左側に注意しながら歩くと案内板が立ってます。
登りに入る放牧地に入ったところです。ちょっとした丘の陰なので、見落としやすく、そのまま七時雨山に
まっすぐ向かうと、柵に阻まれます。
その場合は左に柵沿いに歩けば、沢を越えてしばらく行くと道に出られます。
何人も迷っているようで、踏み跡がしっかりありました。
そのまま歩けば本来の登山道に出会います。

放牧地を上がって行きます。
放牧地を歩く
夏だったら、この辺の木陰で寝っ転がって・・・ でも、実際は虫がいっぱいだろうな。
なんて事を考えながらトコトコ。
そしてゲートを抜けてしばらく行くと登山道が林の中へと続いてます。
ちょうどここが三合目。
林の中をトコトコ歩いて行くと五合目から表示がありました。
七合目を過ぎると尾根沿いの道、ところどころ西岳方向に展望が開けてます。
西岳方面

八合目を過ぎると姫神山の方向に展望が開けてました。
姫神方面

トコトコとまずは北峰山頂に登頂。
記念写真
東側が一望出来ました。
北峰からの展望

西側は写真の後ろの藪を抜けると安代方面がチラリと見えます。
安代

北峰は標高1060m、南峰は3m高くて1063m。そこまでは50mほど下って50mぐらい登ります。
登りが北側なので濡れてて滑りやすくて注意です。
周りの笹などに掴まってヨイコラショと南峰到着。
南峰頂上

で、記念写真を撮って、のんびり昼食。
南峰記念写真

展望はほぼ北峰と同じですが、南峰で見えなかった八幡平方面も見渡せました。
岩手山から八幡平

しばらくすると山頂は大賑わい
山頂の賑わい

コーヒーを楽しんだらトコトコ下ります。
北峰を越えて、さらにトコトコ。6合目辺りから、賑やかな声が後ろから迫って来ました。
林を抜けたところで4人組に先に行ってもらいます。
田代山
おいらは田代山を眺めながらトコトコ。
だいぶ離されましたが、何故か登山道入り口で追いつきました。
登山口のゲートを開けずに4人組は脇をスルリと抜けて駐車場へ。
おいらは引っかかりそうなので、ゲートを開けて駐車場着。


登山口駐車場は640m付近、登りは北峰1060mまで1時間半ぐらい、そこから南峰まで7・8分ほど。
下りは南峰から1時間10分ぐらいでした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/10/03(日) 11:21:21|
  2. 七時雨山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック