(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

童話の山

『なめとこ山の熊のことならおもしろい。なめとこ山は大きな山だ。淵沢川はなめとこ山から出て来る。
なめとこ山は一年のうち大ていの日はつめたい霧か雲かを吸ったり吐いたりしている。
まわりもみんな青黒いなまこや海坊主のような山だ。』

宮沢賢治さんの童話『なめとこ山の熊』の冒頭部分です。
   (どんな童話か知りたい人はをクリック)
この「なめとこ山」が気になって出かけてみました。

花巻市街から、県道12号線を通って豊沢ダムの脇を抜け西和賀方面に進むと、豊沢川に架かってる幕舘橋に
なめとこ山の表示板が立っています。
なめとこ山案内図
素通しなので、重ねてみるとどの山か一発でわかります。写真の左にあるのが「なめとこ山」です。
この案内板には「登山道は整備されてませんので、登る事はできません」とありますが、登山道はしっかりあります。

幕舘橋を過ぎて県道12号線を雫石方面に進み、西ノ股沢沿いの林道へ入ります。
林道分岐
写真の左の道です。ピンクのリボンが目印です。
林道に沿って2kmぐらい進むと登山口の表示があります。車を停めるスペースは2台が限度でしょう。
邪魔にならないように停めて、準備します。
中ノ又林道・北ノ又林道分岐
右の標柱に「ナメトコ山登り口」と表示があって、左に「至 中ノ又林道・北ノ又林道 至」の案内板がありますから、
登山道は北ノ又林道を利用したものでしょう。これをトコトコ上がっていきます。
沢に突き当たったら、沢沿いにトコトコ。
この辺から踏み跡がわからず、ピンクのリボンを目印にしますが、古くなっていて白リボンになっていて、
気をつけて探さないと、見つかりません。
沢沿いに上がっていって、どうしても見つける事ができず、少し戻ったら北側斜面の上にちょこんとありました。
ここから斜面に取り付いて、尾根を目指します。
ナメトコ山登山道
急登にはロープが張ってあって、リボンの代りに赤ペンキで目印がありました。
尾根まで上がると刈り払いされた登山道が待ってました。
そこをトコトコ登っていくと、ピークを過ぎて下に向かっていきます。
あれれと思って戻ると横にちょっとした踏み跡があって、そこを進むと山頂でした。
登山道は大きく刈り払いされてるのに、山頂への入り口はあまりされてなくて見落としました。

なめとこ山山頂プレート山頂プレートの掛かってる木には「鉄砲持たねで来てけろや」と熊さんからの
メッセージが書いてありました。

刈り払われた山頂で、のんびり昼飯を食べます。
いつもは簡単に済ますのですが、今日はコンロを出してゆったりといただきます。
メニューは定番のコンビニおにぎりなめこ汁
なめとこ山なので、なめこ汁。ちょっとしたオヤジギャグであります。<(_ _)>

コーヒーはキリマンジャロを嗜んで、30分ほど休憩。
もう少しゆっくりしていたかったのですが、だんだん虫さん達が寄ってきて、
収拾がつかなくなってしまいました。
 おにぎりにナメコ汁 記念写真
なめとこ山の山頂プレートが、カタカナになっているのは、地図での標記が「ナメトコ山」になっているからでしょう。
童話の世界では、なめとこ山、現実ではナメトコ山ということでしょうか?

昼食の準備をしてたとき、反対側に続く道の方で笛の音が聞こえました。
そういえば、林道に車が停まっていて、なにやら作業が行われているようでした。
ちょうど12時頃だったので、昼食時間を知らせる笛の音だろうと推測します。
そこで、反対側へ続く道を通っても、下の林道に出るのでは?とそっちに下ることにしました。

こちらはずっと刈り払いされていて、急傾斜もさほどありません。
20分ほど下っていくと鞍部になったところで、二人の方が休んでるのに遭遇。
情報交換すると、お二人は神社から上がって来たとのこと。
地形図を見せてもらったら、峰越峠の方にある神社からのコースでした。
車まで戻るには相当距離がありましたが、登り直すのも癪だし、時間もたっぷりあるしと、
そのままそのコースを歩くことにしました。

このコースは刈り払いされていて、尾根沿いを歩くコースでした。
神社コース登山道
歩きやすく、ところどころ展望が開けてました。

神社にお参りもしましたが、かなりくたびれていて、神様がいるのかどうかわかりません。
金勢神社
鳥居はすっかり壊れてました。

参道を下りていくと、入り口の鳥居は立派なものが建てられていました。
金勢神社参道入り口
これから整備されていくところかもしれません。
ここが、なめとこ山登山道神社コース(仮に命名)の入り口になります。
駐車スペースはそれほどありませんが、県道脇を利用すれば、結構停められそうでした。

ここから県道12号線をトコトコ下ります。林道までは2・3kmぐらいでしょうか?
その間すれ違ったのは、バイクと車が2台ずつ。
じつに静かなものでありました。

県道から林道へと歩いていると、なめとこ山が目の前に見えました。
車で走っていたときは、路面をみていたので気がつきませんでした。
ナメトコ山
今、考えると、斜面を登って左に見える尾根に上がり、山頂まで。
帰りは右の尾根を下がったんですね。

登り口から山頂まで、1時間20分ほど。慣れた人なら1時間ぐらいで上がれるでしょう。
沢で少々迷いましたから。
帰りは山頂から、県道に出るまで約1時間半、おいらの足で登りだと2時間ぐらいですか。
そこから車まで1時間かかりました。
休憩を含めて4時間半ほどの山行でした。

ちなみに9月21日が宮沢賢治さんのご命日です。
それにあわせて今回の山歩きをしました。

参考までに・・・ [童話の山]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/09/19(日) 12:23:58|
  2. ナメトコ山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック