(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

飯岡山

朝島山を登った後、時間があったので、飯岡山に行ってみた。
地図を見ていたら頂上まで道があるので登れると思ったのだ。
行ってみるとその道が見当たらない。近くの空き地に車を停め、ザックを背負ってうろつく。
すると、案内板の横に道がある。よく見ると「石割桜まで300m」の文字。
これは行って見なければ・・・と歩き始める。
が、しばらく進むと岩があって進めない。
横に「私道につき事故責任は負えず」と草に覆われた看板があり、よく見ると岩の陰に道がある。
せっかくだから強行突破して進む。
この道、アスファルト舗装してあったようだが、かなり使われなくなってからかなり年数が経っていて荒れ放題だった。
しばらく登ると「飯岡山」という碑があり、階段が陰にあった。
道は碑から左手に進むようにあるのだが、気になって登ってみた。
そこに「石割桜」がありました。全体を写したかったが、撮影場所がなくて、根元だけ・・・
飯岡山・石割桜
確かに石を割って生えてます。

花の咲く頃に来たいものです。そこから元に戻ろうと思ったら、道が上にあるように見えて、石割桜の脇を登ってみたら、道に上がることができた。
時々休みながら、頂上を目指す。ところどころ道が半分ほどなくなっていて、もはや車では歩けなくなっていた。見晴らしがいい場所を探してみたが、ずっと林の中でほとんど見えなかった。

日陰で一休みして、歩き始めたら、目の前を黒いアゲハが通り過ぎた。
あまり気にとめなかったが、歩く先にとまり、近づくと飛んでまた先にとまる。
これをしばらく繰り返してて、いつも見かけるアゲハとは違うことに気がついた。
いつも見かけるカラスアゲハは尻尾の方にオレンジ色があるのだ。
ミヤマカラスアゲハ
ミヤマカラスアゲハ(夏型)と思ったのですが、どうやらカラスアゲハ(夏型)のようです。<(_ _)>

一生懸命追いかけて、なんとか近づき写真を撮ったのが上の一枚である。
帰ってから調べて「ミヤマカラスアゲハ」と思ったのだが、もっと調べると「カラスアゲハ(夏型)」のようです。
(後ろの羽に白い帯があるのが特徴と書かれていたので、ミヤマカラスアゲハと思ったのだが、カラスアゲハの夏型も光の加減でV字上に光って白く見えるようなので、いろいろネットの写真を見比べて見て、カラスアゲハの夏型と判断し直しました。)
そしてアゲハに夢中になっているうちに、頂上近くまで登ってきていた。(笑)
案内板があって、みると秋葉神社からの道もあるらしい。
そこから、ちょっと登ったところが頂上だった。

頂上には鉄骨の展望台があった。
飯岡山頂上
が、立ち入り禁止になっている。登れば眺望がよさそうだが、下から見ると床が錆びて、抜けそうに見える。
おいらの体重だとかなり危ないので登るのをあきらめ、三角点の脇でコンビニおにぎりの昼食とった。
食べているときに、三角点の後ろに踏み跡があるのに気がついた。
もしかしてこの道の先に展望がいいところがあるかもと、昼食をとった後、歩いてみる。
が、ちょっとしたピークがあって、その下で途切れていて、やっぱり林の中。
展望ははあきらめて、帰りは秋葉神社に降りる道を下ることにした。
ところどころ岩が出てる道を下っていくと東北電力管理道に出る。これを利用した道でした。
管理道
展望を楽しみながら下り、杉林を抜けて秋葉神社にたどり着き、お参りして車まで歩く。

一時間半ほどの山歩きでした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2009/07/20(月) 16:33:31|
  2. 飯岡山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック