(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

飲み会の次の日は、

先週ちょっと山歩きしただけで筋肉痛に襲われるほどの運動不足が身に染みて、
考えてみれば8月に焼走を噴出口まで歩いたあと、なんだかんだで山歩きしてなかったし、
国体でバドも休みだったんだけど、2ヶ月ほどで筋肉痛が出るくらい鈍るのかと
自分自身にがっくりしていて、これは少し鍛えねばと思い立ち足慣らしにと南昌山に出かけました。

出発地点は南昌山の肩、五合目登山口から。
登山口駐車場
10時頃に着いたら、駐車場は埋まりかけてました。

落葉が始まる時期になってましたが、まだ紅葉が楽しめました。
紅葉
が、膝が悪いおいらは階段状の登山道は苦手でありまして、途中で休み休み山頂へ。

車がたくさん停まってたから、たくさんの人が登ってるかと思ってたら
南昌山山頂
1グループが休んでいただけでした。
察するに他の方々は縦走路歩きか、はたまたキノコ取りかなと頭に浮かびます。

そういや最初に登った時も飲み会後だったけ、と思い出にひたりながら記念撮影を済まし、
登頂記念
展望を眺めて、さてと・・・・
[飲み会の次の日は、]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/10/24(月) 12:03:04|
  2. 南昌山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

観察終了

昨日もヒメボタルを見に行きました。
ホタル
なんとか撮れたのがこの写真。↑クリックして拡大すると蛍の飛行の様子がわかります。

本来はもっと飛んでるんですが、
車のライト
見物の車が来るので諦めました。
この写真にも3匹か4匹飛んでるのが写ってるはずだったんですが、写ってるのは右下の一匹だけ・・・・
くっそぉー!の一言につきます。
これだったら、災害で通行止めのうちに来て見ておけばよかったと後悔しきり。

ヒメボタルは強い光を浴びると飛ぶのをやめてしまいます。
南昌山でヒメボタルを観察する方々、そのへんを考慮しないとたくさんのヒメボタルは見られません。
楽しむためには、車を下に置いて上がるとか、明るいうちに来て飛ぶのを待つとかしましょう。

今年のヒメボタル観察はこれで終了。
来年は様子を見ながら挑戦します。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/07/13(水) 22:19:01|
  2. 南昌山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

飛び回ってました。

昨日の晩はヒメボタルを見に行って
ヒメボタル
あちこち飛び回ってるのを観察。

かなりの数がいるのですが、
ヒメボタル・飛翔
広範囲にいるため、カメラの画角にうまく入らず、1・2匹ぐらいづづしか写せなかったのは無念なり。

林の中に入れればもう少しはと思うのですが、足元が悪く、まさかライトで照らして歩くわけにはいかず、
道路際から観察してたのですが、20時近くから飛び始め、だんだん数が多くなってなってきたところに1台の車。
通り過ぎてくれればまだよかったんですが、ライトを点灯したまま停車して「ヒメボタルは出てますか?」だと。
返事の変わりに、思わず「ライト消せ!!」と言ってしまいました。
林の中をしっかり照らし出してくれたおかげで、飛ぶのがおさまってしまい、
しばらく粘ったものの先ほどより数が少なく21時前に諦めました。
観察しにきたのなら、ライトの光や音に敏感なのだから、その辺を注意して欲しいと思うのであります。
おいらは明るいうちから行ってたのに、がっくりポンでございました。

それにしても、ホタルを撮るのは難しいものであります。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/07/12(火) 09:50:29|
  2. 南昌山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヒメボタル

まだ数匹の出現。
ヒメボタル
ピークはもうちょっと先のようです。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2016/07/08(金) 21:35:25|
  2. 南昌山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もはや恒例?その二

この日、休日出勤のおいら、最後の仕事は請求書を届けることでした。
昼食後に請求書を作り、家に帰りながら届けることにして、会社の戸締りをして出かけた。
そんなわけで2時過ぎに仕事完了。

と、空をみあげるとまだ青空が広がってる。
なれば、まだ山歩きはできるな・・・ と、そこから一番近い山。
南昌山を目指しました。

南昌山は通称「肩」と呼ばれる5合目まで車で行って、そこから登るルートが一般的ですが
去年の豪雨災害で道路が通行止めになってるので、そこまで車で上がれません。
麓の矢巾温泉から、5合目までテクテク歩くか、南昌山神社脇から、前倉コースを上がるかの
どちらか選択しなければなりませんでした。

温泉駐車場に車を置いて歩き始めたら、周辺案内図を見ていた女性に声をかけられました。
聞けば登山道がよくわからなくて、前倉コースを歩いてきたそうです。
が、下りになるところで、不安になって引き返したとのこと。
コースの説明をしたら、この次挑戦します。と帰って行きました。
そんなことがあって歩き始めたんですが、疑問が残りました。
矢巾温泉の案内図に、道路を進んで五合目から上がる登山道が書かれてます。
道が悪くても、そのまま上がれば五合目まで行けるはずなのに、
なぜ南昌山神社の方に回り込んで、前倉コースをあがったんだろうと・・・・

そんな疑問を胸にゲートを抜けて歩いていくと、復旧工事が始まっていて
山神様手前
この前歩いたところが、整備されてました。

これなら来年は蛍を見に車で上がれるかもと、上がっていくと南昌山神社分岐手前で道が消滅。
南昌神社分岐手前
ああ、なるほど、五合目に向かう道が消えていて、南昌山神社方向の道が残ってるから、そっちに行ったんだと
疑問が解けました。

おいらも足場が悪いところを避けようと、前倉コースを選択。
はしごを登ってエッサホイサとあがるんですが、ここしばらく山歩きをしてなくて鈍ったのか、
はたまた食欲の秋で体重が増えたのか、ペースが上がらず、
ロープ付き急登
南昌山の急登を登る頃には、もうバテ気味・・・・
この急登ですが、雨で地盤が緩んでるのか、前より崩れやすく感じました。
2度ほど落石させてしまいました。背後を歩く人がいなくてよかったです。

なんとか頂上につきましたが
南昌山山頂
考えていたより30分オーバーの夕暮れ近く。

山に登れば天気が崩れる。これもまた最近の恒例になってるようで、
西側から雷の音が近づいてきてるのに、気がつきました。
登頂記念
登頂記念写真を撮ったら、休むことなく下りにはいります。

下りはすぐ日が暮れることから、五合目に下りて道路を歩くことを選択。
五合目の通称『肩』
九十九折になってる道をショートカットしながら下りていくと、カットしたカーブに車が一台乗り捨ててありました。
戻ってみる余裕もなくひたすら下ります。

土砂災害は下るほど、酷くなってきてましたが、
道路の様子
工事の関係か、歩くところが整備してあって、それほど苦労もなく下れました。
それでも南昌山神社と分岐の道路が消滅してるところは、沢になってる部分が滑りやすくなっていて、要注意でした。

矢巾温泉に着く頃には、辺りは真っ暗。ついでにポツリポツリと雨。
なんとか本降りなる前に車に到着でした。

この日のログ
南昌山ログ
南昌山山頂まで約2時間20分かかりました。
調べてみたら前回は1時間40分ほどで上がってますから、かなり鈍ってますなぁ。
下りは一時間半ぐらいで、矢巾温泉到着でした。
歩行距離は8.8kmほどでした。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/14(日) 11:20:58|
  2. 南昌山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック