(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

赤林山(周回コース編)

最初、赤林山は登山者に不人気というのが印象にありました。
ネットで調べてみると、大抵葉が落ちて見通しのいい時に登ってる記録が多い。
そこで初登頂の時は、秋の葉が落ちた頃に出かけたわけですが、天候急変で雪のため散々な目にあった山です。
その時は、ただ登って下りるのはと、南昌山に抜けるコースを考えたわけですが、歩いてみるとコースナンバーが
あって、ちゃんとコースとしてあるのがわかりました。
赤林山登山口が№1、赤林山頂上が№2、№3は確認出来ませんでしたが、たぶん縦走路との分岐でしょう。
そして、毒ヶ森登山口が№4、南昌山の西側登山口が№5,山頂が№6のはずですが、見落としたみたいです。
あとは№7・・・と続くはずですが、5合目の通称「南昌山の肩」のところには表示がないので、南昌山神社に
下りる登山道側についてるかもしれません。
と、前置きが長くなりましたが、そのコースをテクテク歩きましたので、その報告をば・・・<(_ _)>

まずは赤林山から・・・
今回、登ろうと思ったのは、赤林山は展望こそよくありませんが、春は「お花の山」でイワウチワ(岩団扇)が咲き誇る花好きな登山者には有名な人気の山でした。そこで見に行こうと思ったからです。

登り始めたのは8時頃でした。
入り口付近には多くの足跡が残っていて、人気のほどがうかがえます。
その辺りには、カタクリ、キクザキイチゲが咲いていましたが、そろそろ終盤のようでした。
でも、ニリンソウはこれからのようです。
ニリンソウ

トコトコ登って南昌トンネルの上付近。ここ辺りにイワウチワの群落があります。
イワウチワの群落
登山道の両側にありました。なかなか見事でありました。
そこを過ぎると、踏み跡が薄くなっていました。
どうやら山頂まで行かず、花を楽しんだら戻る人が多いようです。

途中、自然の凄さ発見!
境界見出し票
プレートが飲み込まれておりました。

さて、赤林山は「にせピーク(山頂に見えるところ)」があります。
前回登った時は天候が悪くて見通しがきかず、ようやく山頂と思ったら、後ろにデンと控えていてがっくりきた
事を思い出しました。
今回は天気がよくて、後ろに山頂が見えるのがわかりました。だまされずにペース配分して登ります。(笑)

約2時間程で赤林山山頂(855m)に到着。
赤林山山頂
登山口からの標高差約605mありました。やはり展望はよくありませんでした。
でも、うっすらと盛岡の街並みが見えました。
一休みして、ここから縦走路に向かいます。

ここからは登山道がはっきりしません。
前回は先行したほっつぎあるきさんの踏み跡が途中まであって助かりましたが、
笹藪で見失い、ピンクリボンを目安に歩きました。
今回は最初からピンクリボンを頼りに歩きます。30分ほど歩いて861mの無名の山頂に着きました。
前回は遠くまで見通しは聞きませんでしたが、今回は木々の間から岩手山が見えました。
岩手山が見える

そこから10分ほどで縦走路に出会います。
縦走路№20が木の上の方にあり、ここから右手に下りて行くのですが、左手の方が踏み跡がはっきりしています。
左手に20mほど下がると大きな№19の表示がある木があって、ここは展望がいい。
19番展望
目の前に邪魔な木がないのでよく見渡せます。

ちなみに19番の木はこんな木です。箱ヶ森方向から来ると№19が見えます。
19番の木
前回はここから南昌山方向に行きました。
と言うのは、下りてきて左方向にピンクのリボンが見えたからです。
どうやら20番まで行かず、ここから向かう人が多いようで、しっかり踏み跡がついてました。

ここから縦走路を経て南昌山に向かうのがコースなんですが、今日は寄り道、ここから箱ヶ森に向かいます。

箱ヶ森編に続く ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/05/03(月) 09:10:54|
  2. 赤林山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

赤林山

赤林山は通勤の時、南大橋を渡るとちょうど西側の正面に見える山だ。

隣の南昌山より高いし、盛岡から見ると箱ヶ森の手前に聳え立ってる。

南昌山・箱ヶ森ともひけをとらないのに、紫波三山には入っていない。

登山には人気がないのだ。

というのも、名前が示すとおり、頂上が林で囲まれていて、展望がないからだ。

おいらは落葉の頃なら、木々の間から盛岡が見えるはずと、チャンスを狙っていた。

赤林山
赤林山

南昌山の麓の矢巾温泉から尾根沿いにとことこ上って・・・
赤林山頂
山頂へ。が、予想に反して盛岡は見えません。(T.T)
実は途中で天気が崩れて、雪が降ってました。
で、とっとと退散。

帰りは紫波三山継走路から、南昌山に降りることにしていた。
ピンクのリボンを頼りに、笹藪こぎをしながら、後ろ側の861mの無名のピークで、昼食。
そのうち雪が止んで、太田薬師方面が木々の間から見えた。

そこから歩き出したのはよかったが、雪と落ち葉で滑りまくりました。
気がついたら、いつの間にか継走路に入っていたようで、目の前には23番のマークが・・・
そんなこんなでテクテクと継走路を南昌山へ向かいます。
途中で・・・
秋の銀龍草
「秋の銀龍草の生息地」に出会いました。すっかり時期を逃したのが残念!

そして、南昌山の手前からまた雪が・・・
振り返ると、西側の山がかすんで見えません。
これは本格的なものかと、南昌山をあきらめて、裏ルートを登山口へ。

そこで気づきました。
雪の結晶
わかりますか?雪の結晶が・・・
もっと、綺麗なものがありましたが、手袋に触れた途端に細かい模様が消えてしまいました。
思いもかけず雪中登山でしたが、この雪が見られただけで、苦労が報われた気がします。

最後は・・・
南昌山神社
南昌山神社に無事を報告して、帰宅。

帰り道、振り返ったら、南昌山も赤林山も見えません。
無事に降りられてよかった。
赤林山から継走路までの道、誰も歩かないらしくて、道を見失うことが何度も。
晴れていれば、周りが見えて位置がわかるけど、雪が降れば真っ白。
こりゃ、遭難か?と思ったりして。

笑い話で済む、登山でありたいものです。(;^_^A アセアセ…

[赤林山]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2009/11/03(火) 18:33:33|
  2. 赤林山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック