FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

ナビで迷走

先週、遠野の南側にある貞任山に行くつもりでしたが、登山ポイントは牧草刈り取りの作業中で
さすがに邪魔になるだろうと止めましたが、あれから一週間たったから作業が終わってることを
期待して行くことにした。

先週はナビに貞任山の登山ポイントを設定したら、グルリと東側に回り込んで、蕨峠側から
向うようルートが設定されて、遠回りだけど林道走りが短いから楽だろうと出かけたのですが、
意外と阻む物があって、かなり時間がかかって目的地に着いた。
この前の二の舞をしたくないので、地図で反対側の林道をたどってみると荷沢峠付近に入り口があるみたい。
そこで林道が長くなるけど荷沢峠側から行こうと、ナビの中継地点に荷沢峠付近を入れて出発。

ナビの指示通り車を走らせると、柏木平でまた何かの催しが・・・・
全国流鏑馬大会
どうやら流鏑馬の競技大会のようだとわかったんだけど、時刻はまだ9時。
今日の山歩きは時間を取らないはずだから、帰りに見ようと決めて通り過ぎ、荷沢峠を目指して右折。
どんどん走っていき、中継地点とした荷沢峠まで来たら、今度は引き返せの指示。
あれれ、この辺が林道入り口だったはず、とナビを拡大すると、ちょっと戻って貞任山方向へ行くように
ルートが設定されていて、「そうか通り過ぎたのか」と1kmほど戻って、指示通り曲がる。
砂利道の林道だと思い込んでいたら、ずっとアスファルトの舗装路。
貞任山方向に進むので、先週もこっちから行けば楽だったなと思ってると、画面に貞任山の文字が
出てきたらだんだん左に逸れていき下りになっていく。
そこで車を停めて確認すると、この道は貞任山の北側にある道路で、ナビのルートは蕨峠側の道に抜け
そっちから目的地に行くルートになっていた。それに気が付いたときはかなりガックリ。

戻って林道を探すよりも、ここまできたらナビの通り進んだ方がと考えて、かなり遠回りして蕨峠側から突入。
でも、先週苦労した分、迷うことなく、おまけに泥で滑る部分も引っかからず、すんなりと目的地付近に到着。
牧草地
先週は作業の音が向かいの男火山麓まで聞こえてましたが、今日は静か。
休みでよかった、と進みました。
[ナビで迷走]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2019/07/29(月) 18:06:03|
  2. 貞任山・男火山・女火山(住田)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

阻むものは多数あり

先週貞任山に登った時、山頂プレートを見かけなかった。
おいらが見つけれなかったのか、それともそもそも無いのか、気になって
「遠野 貞任山 山頂プレート」で、画像検索してみた。
すると、一件写っているのが出てきた。
「あー、あるのか。もう一回探しに行こうか」と、記事を検索してみたら、もう一つの方の貞任山だった。
遠野には、北の 大槌  釜石との境にある貞任山と、南の住田との境にある貞任山の二つあり、
(勘違いしてました。↑訂正します。)
山頂プレートがあるのは南にある貞任山。
せっかくだから行ってみましょうと、青空広がる土曜日に出かけた。

目指す貞任山のそばに、男火山・女火山という変わった名前の山があることは、
近くの鷹取山(たかっとやま)を登ろうとしたときに覚えていて、いつか登ろうと考えていました。
ついでだから貞任山・男火山・女火山と三座登ろうと、東側の蕨峠側の林道から向かったものの、
牧草地に行くための作業道があちこちにあり、分岐で迷い、
そのあとは途中で泥にタイヤを取られ坂を登れず、
ぬかるんで登れない
アタックすること3度。最後は笹藪に半分突っ込んで、ようやく突破。
車体が傷だらけになりますので良い子は真似をしないでくださいね。
そのあとナビに示されるルートに沿って行くのだけど、何故か道が消失。
車から下りてルート探すも進めそうにない。
そのうち牧草地に入り込んでる轍の跡が行きたい方向に伸びてるのに気がついて、
車を走らせると向こう側の林道に合流。
すると予定外に男火山・女火山の方向に伸びてる作業道があり、そのまま進む。
実は牧草地を登山ポイントまで歩かなければならないと思っていたけど、これはラッキーでした。
轍がずっとある

途中、何かが横切って、(↓ドラレコから抜粋)
馬だと思う
一瞬、鹿と思ったけど、しっぽがフサフサ。
「あ、馬」とカメラを手にした時には、すでに下の藪に。
もしや、馬が放牧中?と慎重に車を進んで行くと、牧草地には馬も牛も全く見当たりませんでした。
あの馬は何?と疑問が浮かびつつ、ようやく目指す登山ポイントに到着。
家から2時間ほどで着くと思ってたけど、いろいろ阻まれて3時間半かかりました。
登山ポイント
とは言っても、登山道があるわけではありません。
ただ適当なところから藪に突入。

と、ここから山行記録というか藪に阻まれた記録になります。

[阻むものは多数あり]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2019/07/21(日) 18:02:37|
  2. 貞任山・男火山・女火山(住田)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック