(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

道がありました。

この日は大槌町と山田町の境にある鳥古森を目指してました。
予定ではちょっと北側の尾根にある林道を使って稜線にあがり、稜線沿いに歩いて山頂到着だったのですが、
その予定していた林道手前で大崩落。
崩落地
急斜面の場所で歩いて向こう側に行くのも無理そうで、これは出直すかと数百mバックして、
工事の看板があるスペースで方向変換するとき、沢沿いに踏み跡があることに気が付いた。
沢沿いにルートあり
目印のピンクテープがあるものだから、登山に使われるものかと、準備してそこからスタート。

沢沿いに歩いていくとまもなく取水してる場所に出て、あれ?水源管理用の道かと思ったものの
そこから先にも道に思えるところがあって、そこを辿って上流へと行くと人工的な石組が出現。
階段状の石組
おそらく沢の水を引き込んでワサビの栽培かなにかの跡のように思われました。

そこから道は左手の斜面を上がり、沢からいったん離れ、上流の開けた場所にでました。
開けた場所にでる
この辺りから斜面に踏み跡があって悩みました。
道はずっと沢沿いにあり、登山以外の目的かもしれない。
それよりも踏み跡を辿って尾根に上がった方がいいのでは?
でも、踏み跡が動物のものだったら、尾根に向かってる確証はないしと頭に浮かび、
答えがでないまま、周りの様子を覗いながら歩いていると、斜面を九十九折で上がっている踏み跡がありました。
動物なら九十九折って事は無いはずだから、きっと人間のものに違いないと斜面を上がっていきました。
これが九十九折ではなく踏み跡が交差してるのだとわかったときには、結構上がってきていて、
戻るより上がることを選択して、そこから直登。

間伐した跡がある斜面を上がっていくと、尾根は雑木の密集地帯。
尾根沿いは雑木が密集
仕方が無いので尾根沿いに間伐した跡を歩いてましたが、これがまた傾斜と間伐した木が
転がってるのでかなり歩きづらい。
そのうち藪の向こう側が開けたように見えるところがあって、まわりの景色が見えないかと
かき分けて尾根に出たら、なんと尾根の反対側に立派な道が出現。
尾根沿いに道
これには今まで苦労は何だったのかとガックリ。

そんなわけで歩きやすい尾根道をどんどん進んでいくのですが、林の中のこと景色が見えません。
どの辺を歩いているのかまったく見当がつかず、道の向こうに明るいところがあると稜線に出たのか
と張り切るものの、それは林がちょっと途切れて光が差し込んでいるだけだったりして、
ペースがつかめず、疲労が蓄積。
そのうち10mぐらい歩くと足が止まるくらいペースになり、これではいけないと大休憩。

一息入れて歩き始めたら、道が不明瞭になっていて、あれれと廻りを見渡すと
木々の間に青空が見えて稜線間近なのがわかり、山頂は稜線沿いに歩いて南側だと
稜線まであがらずに山頂方向に向かうと踏み跡あり。
稜線の下側に踏み跡
これが稜線に沿ってあるので、登山道ではと勘違い。
進んでいくと先のピークの尾根付近から緩やかに下ってました。
そこで尾根から稜線にあるピークに直登すると、うっすらとした踏み跡に出会いました。

そのまま踏み跡を進んで、細い稜線に上がると鳥古森山頂でした。
鳥古森山頂
写真は来た方向に向かって撮影。
踏み跡は稜線沿いにさらに進んでいるので、縦走ルートがあるのかもしれません。

三角点は土に埋まっていてました。
三等三角点 点名:種戸口
三等三角点、点名:種戸口 であります。

登頂記念は山頂プレートで。
登頂記念

鳥古森は切り立った山頂で、東側に展望があるんですが、葉が邪魔ほとんど見えず、
これが葉が落ちた時期なら海まで見えたかもと思いながら、座り込んで昼食。
おにぎりを出して、写真を撮っているうちに虫に囲まれてしまい、口に押し込むようにして食事終了。
ゆっくり休みたかったんですが、あまりにも煩くて退散。

帰りは稜線上にある踏み跡を伝って戻ります。 [道がありました。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/07/03(月) 20:46:58|
  2. 鳥古森
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック