FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

あの頃、おいらは若かった・・・・ のか?

大雨警報の翌日の山の日、ぐずつき気味の天気を予想してたけど、
意外にも、青空ところどころに見えるうす曇で、チャンスを逃すわけには行かないと山歩きに出かけた。

出かけたのは霞露ヶ岳。
「海の日」に出かけたものの、三角点に,ご挨拶しそこねたのが、心残りだったんです。
それを「山の日」は山田の山だ。とこじつけました。

まずは麓にある霞露獄神社拝殿にお参り。
霞露獄神社

賽銭箱が見当たらないと思ったら、ここではそのまま置くらしい。
お賽銭
おいらも見習い、重ねて置く。

そんなこんなで、漉磯海岸まで移動して、
[あの頃、おいらは若かった・・・・ のか?]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2020/08/12(水) 09:13:23|
  2. 霞露ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

海の日の山歩き

連休には山歩きをしたいと思ってて、初日は海の日だから沿岸部の山にと考えた。
天気予報では曇り空。高い山は展望が無理そうと、海抜0mからの山歩きを思いつく。
ところが連休前に入った2件の仕事が、どちらも月曜日に発注したものの、届くのが水曜日以降。
そこで、営業所止めにしてもらい、連絡があったら取りに行くことにしました。
一件目は、水曜夜に到着の連絡あり。
海の日の営業時間が始まると同時に受け取り、会社に寄って組み立てて、
お客さんのところに届けたら、そのまま海に向かってレッツゴー!←昭和の表現?

海に近づいたら、ヤマセの影響があるのか、雨模様の空
雨模様
今日はダメかと思いつつ、三陸復興道路・山田南ICを降りてみたら、道路は乾いたまま。
とりあえず登山口に行ってみることにしました。
[海の日の山歩き]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2020/07/26(日) 08:30:21|
  2. 霞露ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

霞露ヶ岳

まず、この風景を堪能。やっぱり海はいい!
漉磯海岸

そこから山へトコトコ。
登山口

太平洋側を見下ろしながら、登っていきます。この辺りは『赤平金剛』というそうだ。
赤平金剛1
赤平金剛2

やはり自然は厳しいものなんですね。こんな木がありました。
グルグル渦巻きの木。
うずま木

そして倒木はそのまま登山道に・・・(笑)
倒木

さらに登ると木々の間から、トドヶ崎の灯台も見えます。
トドヶ崎

ここから右に山田湾・左に太平洋を木々の間から見ながら歩きます。
冬だから見える風景ですね。夏は葉で見通しが悪いから。
そして、頂上!
頂上

記念撮影、当然自信のある背中で・・・(笑)
記念

帰りは山頂の直下にある霞露ヶ岳神社奥の宮に参拝して参道を下る。
霞露ヶ岳神社

山田湾を眺めながら下っていく。
山田湾

鳥居のあるところまで下りると、いくつも道が枝分かれしてます。
帰ってから調べると、左側の田圃の脇を通る道に出て下りると舗装路に出るそうです。
おいらは海岸方面を目指してドンドン進み、廃道になった林道を下りて、人家までおりました。
そこで、薪割りしてた人に道を尋ねて海岸まで・・・
バッカス号in漉磯

冬装備で来たのですが、意外にも雪もなく初冬の雰囲気。
おまけに日も差していたから、軽装備に切り替えて挑みました。
でも、頂上は冷たい風が強く、すぐ手がかじかんで動かなくなってしまいました。
雪がなくても冬山、あなどってはいけません。<自分(_ _ )/ハンセイ
冬の風は体温をすぐ奪います。

で、帰り道は吹雪に遭遇。
車から

無事帰って、ほっ! ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/01/03(日) 20:47:15|
  2. 霞露ヶ岳
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック