(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

登山道がありました。

烏森山を断念して、向かったのは一関・川崎にある烏兎山。
地形図を見ると南北になだらかな傾斜があるのだが、北側の道路に近いところは急傾斜のようで
南側の道路からは距離はあるけど、比較的なだらかと読んで、
田んぼがあるから、あぜ道か作業道が山頂近くまでありそうと行って見た。

この辺が下見と考えてたとこだと車を走らせてると、舗装路から山頂方向にまっすぐ向かってる道がある。
山への林道かと進入したら、まもなく90度左に曲がり、民家でどん詰まり。
あわてて庭先で方向変換して、誰も見てなかったよなと、周りを見渡したら
カモシカさん
カモシカさんがジッとこちらを見てました。

舗装路に戻ってあがって行くと坂の下りに入る手前に「古峯神社入口」と標柱が立ってました。
気になって停まってみたら、すぐそこにお堂のような建物が見えて、道はそこまでかと、
舗装路をそのままずっと下りで、途中に尾根筋側に向かう作業道を上がってみたら畑で行き止まり。
そこで地形を考えるとさっきの「古峯神社入口」が尾根の上のようだなと考えて、引き返していってみると
坂を登りきったら、道の先に立派な鳥居がみえました。
鳥居の前に車を止めて、ここは山の麓だし、ここに神社があるなら、山頂には奥宮があるのでは?
と行ってみると鳥居の先はずっと参道で神社は見えない。
古峰神社参道入り口
そこで車に戻りトレッキングポールを両手に持って出発。
鳥居の扁額には「古峰神社」とあったので、ここからは「古峰神社」と記載します。

緩やかな傾斜の長い参道をのんびり歩きます。
古峰神社参道
トレッキングポールがあるせいか膝に痛みが出ずに歩けました。

あれれ、ずいぶんあるなぁと思っていたら山頂間近に古峰神社。
古峰神社
石段登って境内に入り、ご挨拶。

下見のつもりでここまで来たけど、山頂はすぐそこだなぁ。でも、膝の調子悪いしなぁ。と、しばらく悩み
山頂方向
結局、ここまで来て引き返すのは・・・ と社殿の東側にある踏み跡を辿って山頂へ。

九十九折ながら高度を上げて
最後は直登
最後は直登で山頂到着。

まずは奥宮にご挨拶して、
奥宮

山頂プレートを探したけど見当たらないので、
四等三角点 点名松ヶ沢
三角点で登頂記念。
山頂をグルリと見渡すと北側にも踏み跡があって、もしかすると別に登山道があるのかも知れません。
山頂は日差しはあるんですが翳ってきて寒いので、のんびりせずにさっさと下りました。

トレッキングポールのおかげか、
下山
はたまた神社で膝が痛くなりませんようにとお願いしたのが効いたのか、痛みが出ずに下山できました。
 
ログ
GPSログ
行動距離は1.8kmぐらい、50分ほどの行動時間でした。
GPSログの地図では「古峯神社」と麓側に記されてますが、実際は山頂近くでした。

このあとはログの地図にもある烏兎山の北側の高烏兎山(一関・川崎)へ下見に移動。
高烏兎山
写真は西側から見る高烏兎山。
地形図では南側の中腹あたりを破線が通ってるので、そのあたりからと思っていたんですが
東側から入ってみたら、民家の庭先に入りかけて、あわててバック。西側からと思ったら破線の入り口がわからず・・・
西側を横切ってる破線があったなと行ってみるとここも民家で行き止まりのようで、
結局、どこから登れるか検討がつかないまま、この日の山歩き終了。

これで干支の山、酉年編は7座登頂終了であります。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2017/02/03(金) 20:11:50|
  2. 烏兎山(一関・川崎)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック