(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

展望おやつと応援昼食、それから志波三山

午前中、所用を済ませたら、ちょいと登っておやつを頂く。
兜明神嶽頂上
むふふ、作戦成功。冷え冷えで美味しく食べれました。
ここは兜明神嶽頂上。いつの間にかちょっと下に山頂プレートがありました。
記念撮影

そしてもう一つ発見。
お社
頂上の西側にも、お社があったんですね。

どっちにもお参りを済ませて、岩神山で展望昼食をと、目指して行ったのでありますが、
携帯に親戚から緊急メールあり、途中で断念… 
そんなわけで、約2時間、5.3kmの山歩きでした。

結局、家で「花巻東VS彦根東」を見ながら遅めの昼食でした。
応援の甲斐があって、勝利。いやぁ、よかった。


実をいうと、東根山に登りたかったんですが、
きのうの帰りに登山口のあるラフランス温泉館に行ったら、
ラフランス
登山口側の入口が土砂に埋まってました。どうやら登山道をつたって流れ出たようです。
ちなみに「ラフランス温泉館」は営業中でした。

志波三山はしばらく登山を控えた方が良さそうです。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2013/08/13(火) 16:24:07|
  2. 兜明神・岩神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

スノーハイク

盛岡雪灯りをのんびり見て帰ってきたら「明日、天気が晴れそうなので、スノーハイク行きませんか?」と
ほっつぎあるきさんから、お誘いがきていた。
ちょっと予定が入っているおいら、盛岡近郊ならと、9時半待ち合わせを決める。
遅めの出発なのは、その日山歩きを考えてなかったおいら、朝に準備をしなければならなかったからであります。

と言うわけで、朝起きてみたら、予想以上のいい天気。岩手山もくっきりはっきり。
予定してたところより、もっと展望のいいところに行きましょうってんで、向かった先が兜明神岳
区界高原ウォーキングセンターに車を置いてスタートです。
区界ウォーキングセンター
おいら、兜明神岳には兜神社からの直登コースからしか登ったことがないので、コースがわからず
ほっつぎあるきさんに案内してもらいます。

青空と雪のコントラストを楽しみながら、えっさ・ほいさ
林の中
沢沿いに上がって、鞍部からかぶと広場に向かいます。
コースにはスキーで上がった跡、スノーシューの跡と多くのトレースがありました。

スキー場跡地を横切ると目の前に岩峰が見えてきます。
兜明神山頂
あれが目指す山頂です。コースはもうちょっと上がってから、目指すのですが、今は雪原なのでまっしぐらに歩きます。
ふかふかの誰も歩いてないところを歩くのは良い気分であります。

思い起こせば、兜明神岳はスノーシューデビューの場所でありました。
花巻の八方山に登りに行き、雪で阻まれ頂上間近で撤退。悔しくてネットでスノーシューを購入。
届いて早速出かけたのが、大雪が降った次の日。登山口手前で除雪の雪に阻まれ撤退。
その時思いついて来たのが、ここ兜明神岳だったのです。

岩峰の下まで来て、その時の事が思い浮かびます。
林の中をここまで登って来て、岩峰に取り付いたものの、急登の新雪にスノーシューの爪が引っかからず
結局、脱いで這い上がり、雪まみれで山頂へ。
その時には天候が崩れてきて、ガタガタ震えながら、写真を撮ってすぐに撤収。
あの時は、鼻水も凍ってたっけ・・・ なんて思いながら、ほっつぎあるきさんが作ってくれたステップを使って、
スノーシューのまま、ヨイショコラショと登ります。
早池峰山
早池峰山を眺めて一息ついて、斜面をトラバース。そこから山頂まではえっさ、えっさと直登。
山頂に着いたら、祠の横に腰掛けて展望を楽しみます。
盛岡方面
雲が多くなってきて、岩手山が隠れ始めてるのがちょっと残念でした。

山頂プレートがないので、頂上の祠でいつもの記念撮影。
記念撮影
山名を示すものがありませんが、兜明神岳・1005mの頂上であります。

頂上は遮るものがないので、風が直接来ます。防寒対策をしてても、かなり寒い。
帽子を脱いでいたら、汗に濡れた髪がすっかり凍ってました。
身体まで凍りついたらマズイので、急いで下ります。

お昼は兜山荘でと、ふかふかの雪を楽しみながら向かいます。
兜山荘
中では先に休んでいた方がストーブを焚いていてくれました。これはラッキーであります。
暖かい部屋で食事できました。

帰りはスキー場跡のゲレンデを下ります。ボードを楽しんでいる人達がいました。
ゲレンデ跡
このボード変わっているんです。リーシュコードがついてるのですが、ビンディングがありません。
あれなら持ち運びも便利です。道具もいろいろ変わってきてるんですね。

下山したら区界高原ウォーキングセンターに寄ってみます。
立体模型
地形の模型を見ながら、今日のコースを話し合いました。
地図より立体の方がわかりやすいですね。

今日はお土産に「ガマズミ酒」をいただきました。
飲んでみると今まで味わったことのない不可思議な味です。
なんと表現したらいいのか、考えながら半分ほど・・・
味わって飲んでます。
ほっつぎあるきさん、ありがとうございました。

区界高原ウォーキングセンターは標高760m付近。山小屋付近の965mまで1時間ほど。
そこから山頂1005mまでは25分ほど。帰りは2時間ぐらいで区界高原ウォーキングセンター着。
山小屋での昼食時間含むであります。歩いた距離は3kmちょっとぐらいでした。
←よければクリックお願いします。
  1. 2011/02/16(水) 21:32:49|
  2. 兜明神・岩神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

兜明神岳

実は、去年2度撤退した八方山(1度目は雨、2度目は頂上近くで積雪に阻まれ断念)を目指したのですが、今回は登山道にすら入れず断念。
麓はかなり雪深く、駐車スペースは雪捨て場となっていて、車を停める事が出来るのは、かなり離れた施設の駐車場のみ。冬山は駐車の問題もありますね。

と、言う事で目指したのは、兜明神岳
霞露ヶ岳に行くとき、神社前の駐車場に車が止まっていたことを思い出したのだ。
が、一週間立った今日は積雪で入れませんでした。
道路脇にあった1台分のスペースに突っ込んで駐車。四駆で車高が高いから出来る技ですな。(笑)

参道をザクザク歩きます。
兜神社参道
奥に兜明神岳の山頂がはっきり見えてます。(クリックで拡大)

神社にしっかりお参りして、脇から登山道に上がって、林の中を登っていきます。
今回は長靴ではなく、↓これを使いました。
スノーシュー
スノーシューです。そのままだと、膝上までズボッと入りますが、履くと足首の上ぐらいまでしか沈みません。

ふかふかの新雪で、ボードだと大喜びの状況ですが、登るとなるとまるで別。
なかなか前に進みません。1km程を1時間半ぐらいかかって山頂に到着。
どうやら他のルートから登った人がいたようで、山頂の下にはしっかりトレースがありました。
そしてここまで登る間に天候が急変。山頂は吹雪でした。
展望図
山頂の展望図だといろんな山が見えるはずなんですが・・・(クリックで拡大)

麓の区界がようやく見えるくらい。(クリックで拡大)
兜明神岳山頂から盛岡方面

風も強くて、すぐ下の風の来ないところに避難。(クリックで拡大)
休憩地
昼食はコンロでうどんでも調理して、と準備をしてきたんですが、とてもそんな状況ではなく、
サンドイッチとお茶で済ましてさっさと下山。

林の中はしっかりと自分のトレースがありましたが、参道まで下りてきたら、もうありません。
鳥居
バッカス号まで足跡があるはずなんですが、すっかり消えてました。(クリックで拡大)
これが山の上の雪原だったら、方向を失い遭難の可能性があります。
冬山は天候に注意ですね。

今日の教訓:雪山に登る時は、晴れた日にしよう。d(^-^)ネ! ←よければクリックお願いします。
  1. 2010/01/10(日) 17:39:42|
  2. 兜明神・岩神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

兜明神・岩神山

今日の昼食はここで展望を楽しみながら食事しました。あいかわらずコンビニオニギリでしたが・・・
兜明神頂上
ここがどこかというと・・・
兜神社から
兜明神岳の頂上、写真に見える山のてっぺんです。

兜神社から登り始めて、林の中をのんびり登って頂上に着いた。兜明神岳は頂上が岩の山。
360度すべて見渡せる。食事を済ました後、頂上の岩によじ登ってみた。
早池峰山・岩手山・姫神山も見えるはずなのだが、今日はどこも雲の中で残念であった。
それでもこの展望はすばらしい。しっかり眺めて降りる。
次は岩神山を目指す。この辺りはコース整備がしっかりされていて、案内板の通り歩けば迷うことはない。ちょっと下がったところにある広場には、いろんな花が咲いていてお花畑のようで飽きることなく歩けた。
花畑
そこから林に入ると登りに変わる。セミがうるさく鳴いていたが、かすかに水音が聞こえる。ちょっと脇にそれると沢が流れている。閉伊川の源流のようだ。ところどころに源流コースとあるのはそのせいかと納得。林を抜けて振り返るととさっき登った兜明神が見えた。あそこのてっぺんにいたかと思うとちょっと感慨深かった。登っていくとカラマツコースの表示がある。それを過ぎると頂上はすぐだった。
頂上は中継塔があった。
岩神山中継塔
後ろにある岩に登ってみると盛岡方面が見渡せる。さすが360度は見渡せないが、なかなか展望がいい。東側の岩にも何かあるのが見え、行ってみるとこちらに三角点があった。
岩神山頂上?
こちらはあまり展望がよくないが、「岩神山」の表示がある。一応記念撮影。(笑)

帰りは区界のウォーキングセンターに寄って見たくて、案内板を頼りに下る。
そのうち「かぶと清水」の表示を見つけて、寄り道しながらウォーキングセンターに着いた。
ここにはいろいろ設備があるそうなので、ゆっくり休んで帰ろうと思っていた。
ウォーキングセンター
が・・・・ 14日~17日までお休みですと。( ̄Д ̄;) ガーン
家を出るとき下調べしたのに・・・・ 

兜明神岳、天気のいい日にまた登りたい山である。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2009/08/14(金) 20:31:44|
  2. 兜明神・岩神山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック