(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

二度登る。その二

この記事は『二度登る。その一』の続きです。←読んでない人はクリックして先に読んでね。

西側から二郷山に登ったわけですが、「岩手の山150」には二郷山神社から二郷山の北東側のピークに
登ったことが書いてあり、そのピークにはお社と宝剣が奉られた広場があるとありました。
とすれば、ピークにあるのは二郷山神社の奥宮では?
それなら参道があるのでは?
そう考えて二郷山をグルリと廻って東にある二郷山神社へ行きました。
二郷山神社
龍神を奉ってるそうで眷属がヘビ。
ということで、白ヘビの置物が左手の石碑の下にありました。

奥に進むと石碑のある社の脇に水場があって
水場
なぜか脇にはヘルメット・・・ この謎は登っていくとわかりました。

上へと向う踏み跡はお堂と水場の間にある杉の木の脇。
これが参道だと進んでみると樹林帯と杉林の境目でどこだか判断付かず。
踏み跡わからず
倒木が杉林に行かないように止めてるように見えて、そのまま樹林帯と杉林の境目を上がります。

だんだん岩がゴロゴロの斜面になって、
岩が多くなる
傾斜がきつくなってきます。

山頂に真っ直ぐ向うより、鞍部方向がいくらか傾斜が緩やかで
山頂に直登方向
上りながら山頂方向の斜面をみると、あっちは急登の岩がゴロゴロ。
なるほど直登する人には確かにヘルメットが必要だなと、水場の謎が解けました。

鞍部まで上がって一息ついて、ヨッコイショと山頂へ。
山頂は広場になっていて、南側に向けて宝剣とお社・・・
宝剣とお社1
があるはずなんですが、宝剣と「○○王二郷(○○は読めず)」の碑があるだけ。

「二郷」とあるから奥宮なんだろうなと、周りをみたら下側に崩れてるお社を発見して
お社を組み立てる
組み立てて拝礼。

近くの木には山頂プレート
ピークに山頂プレート
記念撮影して、山頂はあっちだよなと午前中に登った山頂をみながら腹ごしらえ。

どうせだから、もう一回行くかと稜線沿いにエッサホイサ。
稜線を歩く

落ち葉の稜線が気持ちいい
稜線

カサコソと歩いて、意外とすんなり二度目の山頂。
二郷山山頂二度目

記念写真は二度目だから、ピースサイン。
二度目の記念写真

あとは来た道を引き返します。
とはいっても印を付けてるわけでもないので、鞍部から樹林帯をはずれないように下へ。
無事に二郷山神社に到着して、神社前の広場から、高清水山を眺めながら帰り支度。
高清水山
なんとか腰も、太ももも、膝も痛めず歩けました。

二郷山神社から奥宮のあるピークへは約40分、二郷山山頂まではだいたい1時間。
山頂から二郷山神社までは45分ぐらいでした。
行動距離は3kmほど。

この日のGPSログは位置関係がわかりやすい航空写真で。
二郷山GPSログ
赤が一度目青が二度目です。
←よければクリックお願いします。
  1. 2015/11/02(月) 11:03:03|
  2. 二郷山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

二度登る。その一

10月最後の土曜日、足の調子が今ひとつだし、腰も痛いし、ついでに天気もあまりよくない予報だし、
今日はのんびり家で過そうと思ってました。
が、朝早く仕事の電話があり出かけることに・・・・
内容からすると短時間で済む仕事で、それならついでに山の下見でもしようかと、車を走らせた。

その時、下見に思い浮かんだのは『二郷山(ふたごうやま)』
綾織から望む
写真は笠通山に向うとき、綾織から撮影したもの。
「岩手の山150」では二つのピークそれぞれに登った記事が紹介されている山です。
仕事に向った先より、さらに先にある山でしたが、ちょっとしたドライブ気分で、
下見を終えたら、お昼を反対側にある高清水山の展望台で食べましょうと、
コンビニおにぎりを買って向いました。

鳴沢集落から釜石道の下をくぐって林道を走り、本には「この林道の終点から登る」とあったなと
行けるところまでとドンドン進みます。
林道終点
と、林道終点まで来ましたが、本に書いてある「古い路」がありません。
写真の右側方向に沢があってその先に道らしきものはあるんですが、二郷山とは反対方向。
はてなと周りを見渡すと山の稜線からそれほど離れて無い様子。
藪も薄いし、このぐらいの距離なら歩けるんじゃないの?思っちゃって、それならそこで昼飯と、
作業服のポケットにおにぎりとお茶を詰め込んで、車の後ろにある谷を登っていきました。
谷をつたって上がる
ある程度上がったら、右の斜面をトラバースして尾根に上がり、稜線まで上がります。
この尾根、何かの境界になってるようで、所々に境界を示す杭が打ってありました。

稜線に出たら、反対側は伐採地。すぐ下に作業道がありました。
作業道に出会う
これが二郷山山頂方向に伸びてて、藪こぎもなくスタスタ。

終点付近から稜線に上がって、山頂へ向って歩きますと展望が開けます。
二郷山越しに笠通山
二郷山と笠通山

霞んでるのが残念ですが、麓の景色も望めました。
展望
この展望は予定外。
これなら天気がいい日に登った方がよかったな、と眺めてると遠くからゴトンゴトンと列車の走る音。
列車
ああ、こっちからだとJR釜石線がはっきり見えるのかと思ったら、先日の笠通山のことが頭をよぎりました。
ここからならSL銀河を見逃さない。写真に撮ってみようと考えつきます。

そんなわけですが、お昼はまだまだ先。山頂まで行く時間がありました。
稜線沿いに山頂にエッサホイサと向います。
稜線沿いは広葉樹林帯で藪もなく歩きやすく、落ち葉を踏んでガサガサと音を立てて進むと
前方で「ピィー」と鳴き声がして、鹿が逃げるのが見えます。
この「ピィー」という鳴き声は警戒音なんでしょう。
そのあとあちこちの斜面で聞こえて、走り去る音がしてました。

かなりの数がいるようで、こんな落とし物ありました。
鹿の角
生え替わりで抜け落ちたものでしょう。お土産に持って帰ってきました。

サクサクと上がって山頂到着。
二郷山頂上、林の向こうに笠通山
笠通山をバックに撮して、パチリ。

一回目の記念撮影
登頂記念一回目

休まず引き返します。
が、展望のある場所に到着してみたら、まだ11時15分を廻ったばかり。
通過するのは12時近くだから、かなりあります。
腰掛けていましたが、冷たい風が吹き抜けてあまりにも寒い。
仕方がないので稜線沿いに歩いて南側のピークを探訪。
林の中で見通しきかず・・・
見通しが悪かったものの風よけになって、しばらく待機。

この前汽笛が聞こえた50分頃には、展望地に戻って待ちます。
SL銀河登場
12時ちょい前にようやく登場。
テンションアップで撮りますが、最大ズームでも霞んでて今ひとつ。

もっと近づいたときにと狙って
SL銀河走る
なんとか撮れたこの1枚。

ようやく撮れたと車まで戻るんですが
車到着
20分ほどで到着。
これならさっさと降りて線路の近くで撮った方が迫力合ったなと気づくが後の祭・・・・

そんなこんなで二郷山登頂、一回目は山頂まで約1時間強
全体の行動時間は、待ち時間含めて2時間半ほど。行動距離は3.3kmぐらいでした。
GPSログは二回目と一緒に発表予定。
てことで、『二度登る。その二』に続きます。 
   クリックで記事に↑

と、その前に・・・ [二度登る。その一]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2015/11/02(月) 10:40:02|
  2. 二郷山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック