(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

漢字の勉強

ひさびさにさわやかな朝を迎えた土曜日。
雲が多いけど青空が見え、これなら山歩きできるなと思ったら、
頭に浮かんだ目的地は、6月に道路が通行止めでいけなかった、青松葉山。

青松葉山は残雪期限定で登れる山でしたが、登山道が出来て夏でも登れる山になりました。
その登山道は『木の博物館』として作られたもので、川内牧場に通じる道の脇にあります。
登山口
入り口には大きな木の博物館の案内板があるはずが見あたらず、牧場近くまで行ってしまい、
おかしいなと戻って、見つけました。案内板は倒木で壊れてました。

登山道はキチンと刈り払われていて
登山道
涼しくて快適な山歩きになるはずでしたが、

高度を上がるにつれ雲にまかれ、
雲に巻かれる
湿度たっぷりで、汗と湿気で服がグチョグチョ。

ついでに
眼鏡
拭いても拭いても眼鏡も曇っちゃって、テンションだだ下がり・・・・
それでもせっかくここまで来たからと、トボトボ登っていきました。
これで雨でも降ったら、即撤退してたでしょう。

展望が見えないので、木の博物館だから、
ナナカマド シウリザクラ
コウチワカエデ コシアブラ
展示物を眺めながら登りました。 
木の勉強というより、こんな字を書くのかと、漢字の勉強になりました。

周りが笹藪の登山道からオオシラビソの林に変わり、木の間を抜けていくと
青松葉山山頂
青松葉山山頂到着。

記念写真
登頂記念
山頂プレートは高い場所にありました。

山頂で休息していると、雲がみるみる取れてきて日差しも出てきました。
青空
そしたら、だんだん虫がまとわりつきはじめ、のんびり出来ない状態に・・・・
こりゃあかんと着替えを済ましたら、来た道を戻ります。

オオシラビソの林を抜けて、笹藪の道まで出ると、トンボが飛び交ってて、
気が付けば、周りを飛び交う虫がいなくなって、一息ついてゆっくり昼食。
展望は見えなかったもの、風は涼しく、のんびり出来ました。

テクテク下って行くと、周りの展望も見え始め
おそらく正面が早池峰山
早池峰山も見えるかと期待しながら下りましたが、結局最後まで見えませんでした。

すっかり天候が回復して
林の中
登るときは沢のせせらぎの音しか聞こえなかった道が、木漏れ日の蝉の大合唱が聞こえる道に変化してました。

この日のログ
青松葉山ログ
歩行時間、2時間50分ぐらい。距離は約5.6kmほど。
歩きやすい道でありました。

帰り、106号線の気温計は30度。もう少し涼んで帰ればよかったと、ちょっと後悔。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2015/08/09(日) 11:44:37|
  2. 青松葉山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック