FC2ブログ

(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

仕事の合間に山歩き

盛岡市乙部にある大森山ですが、大ヶ生に行く時麓を通っていて、
道路際には採石場があるため立ち入り禁止の表示があり、大ヶ生側の斜面は急勾配で、
取り付き場所に悩み、なかなか山歩きに踏み切れないでいました。

けれども今年初めに朝島山に登ったレポを書くとき、航空写真で周りを眺めたら、
西側に何かの耕作地があることがわかりました。
地形図を確認すると山頂近くまで道があり、ちょっとの山歩きで済みそうと
朝島大権現コースを歩くときに行ってみたら、除雪の雪で入口が塞がってて入り込めない。
雪が溶けたらと思ってて、仕事で盛岡往復のついでにようやく行きました。
かなり大回りの寄り道になってしまいましたが・・・

朝島りんご園の裏の道に入って、道が荒れてるところで停車。
停車
長靴に履き替えて作業道を歩きます。
ちなみに長靴は未だにガムテープ付き。(笑)
[仕事の合間に山歩き]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2019/03/17(日) 18:05:54|
  2. 雷田山・江柄舘山・大森山(乙部)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

「お羽黒山」は見逃した。

2019年、新年早々三角点の位置が藪でわからなくて迷歩。
おまけに帰りのルートを見失って大回りの山歩きをした。
まぁ、おいらの里山歩きではよくあることだけど、今まではほとんど地元。
目的地に行けなくても、調べ直して、次には目的達成してきたものですが、
今回は隣の宮城県の事で、簡単に登り直しできるわけではない。
地形図を印刷して持ち歩いているものの、見通しのききにくい里山では位置がわかりにくい。
年末にスマホに機種変更する羽目になって、GPSの威力が目の当たりになり、
やっぱりガーミンなどのGPSレシーバーなどあれば・・・・ と思ったものの、おいらとすれば、とっても高価なもの。
安価なもので、目的地や、歩いたルートがわかるものがあれば、と考えた。

そこで見つけたのは「Canmora GP-102」だった。(ピンボケで申し訳ない)
GPSロガー
今使ってるGPSロガーより小さいサイズながら、目的地の方向が分かり、歩いたルートも確認できる優れもの。と、購入。
が、いざ届いてみると、目的地を設定するソフトが「スプリクトエラー」とかで起動せず、目的地を設定できません。
それでも歩いたルートが確認できるから元の場所に戻れるはずだから、使ってみるかと納得。

そうなると藪山や見通しの効かない里山では、スマホの「グーグルマップ」の位置情報で確認すればいいかな、と
考えていましたが、スマホのアプリをいろいろ見ているうちに、「Geogrphica(←クリックで紹介ページへ)」という
登山用GPSアプリを発見。これがまた地図をキャッシュできるので、スマホの電波がなくても起動できるという優れもの。
使いこなせるかわからないので、とりあえず無料で試用してみることにした。

そんなこんなでお試し山歩きを考えた。 [「お羽黒山」は見逃した。]の続きを読む ←よければクリックお願いします。
  1. 2019/01/13(日) 20:47:13|
  2. 雷田山・江柄舘山・大森山(乙部)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

勘違いの山歩き

土曜はHPの更新作業に手間取り、天気がいいのに午前中が潰れてしまった。
それでも午後から山歩きと出かけようとしたら、トレッキングシューズを、職場に置きっぱなしなのに気がついた。
先週の山歩きの後、職場で念入りに洗ったのだ。
なんで念入りかは、今更いうまでもない。

そんなわけで会社経由で行くと、行こうとしてた山歩きはちょっと無理。
と考えてたら、先週の山歩きで虫壁林道を歩いていた時、黒森山の西側ある山のピークまで伐採されていて、
展望が良さげだなと眺めていたことを思い出した。

黒森山の西側にあるピークは岩前山である。
そう思って行ってみると、伐採の跡などない。
とりあえず山頂へと向かいます。

峠になったところにあるカーブミラーの左方向ある踏み跡から入って、
ピークを結ぶようにアップダウンを歩いて10分もかからずに山頂到着。
岩前山山頂
いつの間にか山頂プレートが増えてました。

登頂記念を撮って
登頂記念
車に戻ります。
距離330mほど、13分ぐらいの山歩きでした。

虫壁林道方向に下ると、伐採されていたのは、黒森山と岩前山の間のピーク。
まるっきり勘違いでした。
藪がきつそうだったので、展望を確かめずに、車を走らせました。

せっかくだから、朝島山にと向かいます。
その手前にある江柄舘山には、山頂に鳥居のマークがあるから、参道があって登れる山と
気になっていたんですが、このとき、麓にある熊野神社が里宮で、山頂にあるのが奥宮では?
と、ナビ画面でふと思いつきました。

が、これがまた大いなる勘違い。
熊野神社
山頂に向かう参道など皆無・・・

でもなぁ、もしかしたら、同じように同好の士がいて、歩いたあとが・・・
と、登りながら斜面を伺うと、少し上にピンクのテープ。
やはりと思いながらたどると、伐採か何かの作業で付けてある様子。
ここまで来て諦めるのはと・・・・・・ エッサホイサ。

いやね、藪が薄いし、傾斜もそれほどではないしと思って登り始めたんですが、
これがまた進むにつれて、傾斜が急に。
って、今回おいらの歩いてるところは、正式なところではないので、省きます。

とにもかくにも、ピーク手前で東側に廻り込むと、参道と合流。
参道合流
察するに、朝島山リンゴ園の手前から参道へと入る道があるんでしょう。

江柄舘山は双耳峰らしく、南のピーク経由で北側の神社到着。
江柄舘山山頂
ちゃんと拝礼をして、奥のピークへ・・・

んなわけで、登頂記念
登頂記念

帰りは方向だけわかってますが、ルートは不鮮明。
地形を見ながら下りて、無事熊野神社着。
歩行距離約2km、1時間ほどの山歩きでした。

とりあえず、歩行ログ
歩行ログ

雨が降らなかったので、まぁいいか・・・ ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/10/05(日) 19:43:33|
  2. 雷田山・江柄舘山・大森山(乙部)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ブログに日々の事柄綴ってたら、
だんだん備忘録なりつつあります。

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック