(-。-) ボソッ

日常をボソッとつぶやいてます。

気になっていた山へ

前回来た時は山頂までの道が分からず、鳥越山観音堂奥宮にお参りしただけの鳥越山
鳥越山
帰ってきて、撮ってきた写真を眺めていたら、参道から西に伸びる踏み跡が
斜面をグルリと回り込んでいるように思えた。
ほかの角度から撮った写真もみると、やっぱり一旦下がったあと、ゆるやかに登ってるように見える。
これは山頂に続く道に違いないと判断したのであります。

この日のスタート地点はここ。
旧参道入口

えっさほいさと九折の参道を上がっていくと途中にあるのは『弁慶石』
弁慶石
調べてみたら弁慶の手形があるという伝説があるらしい。

そこからちょっと上がって、新しい参道に合流して、
参道合流
いよいよおいらの考えてた登山道・・・
が、踏み跡みたいなのが少しあって、そのあとは光と地形の角度で、道に見えるだけで、
実際はまったくありませんでした。
この事実にガックリ・・・ 

と、ある場所で地形と藪の様子を眺めていたら、東側斜面の藪が薄く、尾根まで行けそうに見えました。
せっかくだから、ここを突破して尾根からと決意して挑みます。
しかし、そんなに甘いもんではなく、藪が薄そうに見えた斜面は、
古い笹薮が倒れ込んだ斜面で、滑りやすく不安定。
おまけにだんだん傾斜がきつくなり、かなり慎重にすすんで尾根に見えた所にたどり着く。
そこが尾根
しかし、尾根はさらに回り込んだ上。

急斜面をひぃこら言いながら、尾根まで上がると東方向から続く踏み跡がありました。
それを辿って山頂に登頂。
鳥越山山頂
思っていた西側からの踏み跡は皆無でした。

登頂記念を撮影して、
登頂記念
東側への踏み跡辿ります。

痩せ尾根を下って、どこに出るかを確かめたかったのですが、しばらく下ったらすぐ下方に、
広場か、畑か、はたまた道かに見える場所がみえて、これは藪を突っ切った方が、
てっとり早いとばかり、急傾斜を下ります。
これが失敗の素でした。

下ってみると見えた空間の手前が藪が厚く、突破するのはかなり困難。
歩けるところをグルリと迂回して、出たところが新参道の駐車場でした。
あとは車までトコトコ下って、無事生還。(笑)

ログを取りましたが、登山道ではないところを歩いてますので割愛。
ちなみに歩行距離は約2km、1時間ほどの山歩きでした。

それで、登山道はどの辺からと、東に車を走らせると、鳥越観音に来る手前の
T字路付近に上にあがる道があり、さらに尾根沿いに鉄塔もありましたから、この近辺からかと推測。

さらに東に車を走らせたら、公園らしきところがありました。
そこから、二戸市街地を展望。
二戸市街地展望

そんで、横にあったトイレで汗や藪歩きで汚れた服・パンツ・ズボンを着替えたんですが、
このことが夜中まで走り回ることになろうとは、思いもよらず・・・・

次回に続きます。 ←よければクリックお願いします。
  1. 2014/09/22(月) 22:58:17|
  2. 鳥越山
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

バッカス

Author:バッカス
岩手県中央部に生息中のタヌキです。
ちょっと前は太っ腹とたまに言われましたが
最近はセクハラと言われること多し・・・

FC2カウンター

最近の記事

リンク

このブログをリンクに追加する

最近のコメント

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

RSSフィード

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック